ヴィタントニオ・リウッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィタントニオ・リウッツィ
Vitantonio Liuzzi 2011 Malaysia.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 プッリャ州バーリ県ロコロトンド
生年月日 1981年8月6日(33歳)
F1での経歴
活動時期 2005-2007,2009-2011
過去の所属チーム '05 レッドブル
'06-'07 トロ・ロッソ
'09-'10 フォース・インディア
'11 HRT
出走回数 81
優勝回数 0
通算獲得ポイント 26
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2005年サンマリノGP
最終戦 2011年ブラジルGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ヴィタントニオ・リウッツィVitantonio Liuzzi, 1981年8月6日 - )はイタリア出身のレーシングドライバー

愛称は「トニオ」。フジテレビF1グランプリ中継において(特に塩原恒夫竹下陽平アナ)、「リヴィッツィ」と呼ばれることがあった。フジテレビF1中継でのニックネームは「元祖イタリアの神童」。

プロフィール[編集]

F1参戦以前[編集]

1991年からカートを始め、2001年世界カート選手権を制する。2002年にはドイツF3フォーミュラ・ルノーワールドシリーズ・バイ・ニッサンに参戦。タイトル獲得はならなかったが、同年暮にウィリアムズのテストに参加する。翌2003年には国際F3000にクラスアップし、ベストルーキーの称号を獲得。2004年に7勝しチャンピオンとなる。

F1[編集]

レッドブル[編集]

2005年クリスチャン・クリエンとシートをシェアする形でレッドブルと契約。第4戦サンマリノGPにデビューし、B・A・Rの二台の失格による繰上げではあったが、デビュー戦で8位入賞を果たした。その後の4戦に出場し、以後は当初の予定ではクリエンと半分ずつの参戦といわれていたが、レギュレーション(前戦に出場していないドライバーは予選の出走順が1番目となり、好タイムが出しにくい)の関係から、コンストラクターズ・ポイントを重視するチームの方針で出場機会をクリエンに譲ることとなった。

トロ・ロッソ[編集]

2006年は、レッドブルがミナルディを買収して結成したトロ・ロッソよりフル参戦を開始した。アメリカグランプリではトロ・ロッソにとって唯一となる貴重な1ポイントを獲得した。

2007年はトロ・ロッソに残留。チームメイトのスコット・スピードを上回る成績を残すが、シーズン中盤よりスピードに代わりチームに加入したセバスチャン・ベッテルが目覚ましい活躍を見せ、シーズン終盤にチームは翌年のレースドライバーとしてベッテルとセバスチャン・ボーデと契約したことを発表。リウッツィは来季のシートを失うこととなり、ウィリアムズと交渉するもシートを獲得できず、シーズンオフにバルセロナヘレスフォース・インディアのF1マシンをドライブした。2008年1月10日にフォース・インディアのテストドライバーとなることが発表された。

フォース・インディア[編集]

2008年はテスト兼リザーブドライバーとして活動し、シーズン開幕前のバルセロナでのテストなどでドライブするも、レースに出場することはなかった。

2009年も引き続きテスト兼リザーブドライバーを務めていたが、レギュラードライバーのジャンカルロ・フィジケラがシーズン終盤のイタリアグランプリを前にフェラーリへと移籍し、空いたシートを得たリウッツィは2年ぶりのレース出場を果たした。同レースではシーズン中のテストができない制約ながら予選7番手を記録するもギアボックスのトラブルによりリタイアした。

2010年はフォース・インディアのレギュラードライバーとしてF1に参戦。開幕戦のバーレーングランプリで9位に入り、2007年中国グランプリ以来3年ぶりの入賞を果たした。第8戦のカナダグランプリでは予選で自身の予選最高位を更新する6位に入り、決勝では1周目に接触し遅れたため後方から追い上げるレースになったが9位に入賞した。第17戦韓国グランプリでは予選は18位にとどまったものの、雨の中でのレースとなった決勝では大きく順位を上げ自己最高に並ぶ6位に入賞した。当初は翌シーズンも含んだ契約をチームと交わしていたが、テストドライバーであるポール・ディ・レスタの昇格をチームが望んだため、シートを失った。

HRT[編集]

2011年シーズン前のバルセロナ合同テストでHRTからテストに参加し、3月9日にHRTの正ドライバーの就任が発表された[1]。シーズンを通して苦戦を強いられるが、リウッツィがカナダグランプリで13位に入ったことにより、HRTはヴァージン・レーシングを抜いてコンストラクターズ選手権で11位を得た。開幕当初、チームメイトはナレイン・カーティケヤンであったが、シーズン中盤からはダニエル・リチャルドと交代となった。なお、リウッツィ自身は全戦参戦の契約であったが、インドグランプリではカーティケヤンにシートを譲り、出場しなかった。地元イタリアグランプリではスタート直後のホームストレートでコース外にタイヤをひっかけマシンのコントロールを失ったまま1コーナーに進入してしまい、多重クラッシュを引き起こしてしまった。10月にはV8スーパーカー・ゴールドコースト600に出場した。

2012年もHRTとの契約は存在していたが、2011年7月にHRTはテサン・キャピタルに売却されており[2]、その契約は前オーナーと結んだものであった。新オーナーは契約を履行しなかったためレースシートを失い、サードドライバーに回ることになった[3]。この年は並行してスーパースターズシリーズに参戦し、シーズン2位であった[4]

WEC[編集]

2012年WEC第4戦より、ロータスから参戦。2013年はフル参戦となる。なお、ジェームズ・ロシターはチームメイトであった。

渡日[編集]

2014年は、日本のSUPER GTARTAから、スーパーフォーミュラHPリアルレーシングから参戦する。

人物[編集]

趣味はダンス、サッカー、音楽。特にR&Bが好きで、ニーヨの "Sexy love"をカラオケでよく歌うという。

愛妻フランチェスカの実弟は、同じく現在日本で活動するレーシングドライバーのアンドレア・カルダレッリ。幼い頃からの知り合いで、リウッツィにとってカルダレッリは「弟みたいな感じだね。彼のキャリアについても相談に乗ったりしているんだ」とのこと。2011年11月には、カルダレッリの応援のためにわざわざ来日してツインリンクもてぎで開催されたフォーミュラ・ニッポン戦に訪れた[5]

カート時代より日本が好きで、よく旅行に来ていたという[6]東日本大震災に際しては、メッセージを送った[7]だけでなく、特製のヘルメットをオークションに出品し寄付をする[8]など、渡日以前より日本に関わりのあるドライバーでもある。

レース戦績[編集]

国際F3000[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2003 レッドブル・ジュニアチーム F3000 IMO
4
CAT
Ret
A1R
4
MON
Ret
NÜR
2
MAG
4
SIL
3
HOC
4
HUN
9
MNZ
4
4位 39
2004 アーデン・インターナショナル IMO
1
CAT
1
MON
1
NÜR
11
MAG
1
SIL
1
HOC
1
HUN
2
SPA
2
MNZ
1
1位 86

F1[編集]

所属チーム シャシー 車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント *予選最高位・回数
2005 レッドブル RB1 15 AUS MAL BHR SMR
8
ESP
Ret
MON
Ret
EUR
9
CAN USA FRA GBR GER HUN TUR ITA BEL BRA JPN CHN 24位 1 11位・1回
2006 トロ・ロッソ STR1 20 BHR
11
MAL
11
AUS
Ret
SMR
14
EUR
Ret
ESP
15
MON
10
GBR
13
CAN
13
USA
8
FRA
13
GER
10
HUN
Ret
TUR
Ret
ITA
14
CHN
10
JPN
14
BRA
13
19位 1 12位・2回
2007 STR2 18 AUS
14
MAL
17
BHR
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
CAN
Ret
USA
17
FRA
Ret
GBR
16
EUR
Ret
HUN
Ret
TUR
15
ITA
17
BEL
12
JPN
9
CHN
6
BRA
13
18位 3 12位・2回
2009 フォース・インディア VJM02 21 AUS
MAL
CHN
BHR
ESP
MON
TUR
GBR
GER
HUN
EUR
BEL
ITA
Ret
SIN
14
JPN
14
BRA
11
ABU
15
NC (22)位 0 7位・1回
2010 VJM03 15 BHR
9
AUS
7
MAL
Ret
CHN
Ret
ESP
15
MON
9
TUR
13
CAN
9
EUR
16
GBR
11
GER
16
HUN
13
BEL
10
ITA
12
SIN
Ret
JPN
Ret
KOR
6
ABU
Ret
BRA
Ret
15位 21 5位・1回
2011 HRT F111 23 AUS
DNQ
MAL
Ret
CHN
22
TUR
22
ESP
Ret
MON
16
CAN
13
EUR
23
GBR
18
GER
Ret
HUN
20
BEL
19
ITA
Ret
SIN
20
JPN
23
KOR
21
IND
ABU
20
BRA
Ret
23位 0 21位・4回

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2012 ロータス ローラ・B12/80 LMP2 SEB
SPA
LMN
SIL
Ret
SAO
13
BHR
9
FSW
12
SHA
59位 3
2013 ロータス ロータス・T128 LMP2 SIL
Ret
SPA
6
LMN
SÃO
COA
DNS
FSW
10
SHA
Ret
BHR
Ret
25位 8

SUPER GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2014 Autobacs Racing Team Aguri ホンダ・NSX CONCEPT-GT GT500 OKA
8
FSW
Ret
AUT
Ret
SUG
15
FSW
10
SUZ
4
BUR
Ret
TRM
12
16位 14

スーパーフォーミュラ[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
2014 HP REAL RACING SUZ
8
FSW1
8
FSW2
10
FSW
DNS
TRM
14
AUT
Ret
SUG
Ret
SUZ1
15
SUZ2
11
16位 1.5

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]