スーパーノヴァ・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年のGP2アジアシリーズに参戦したスーパーノヴァ・レーシングのクリスチャン・バッケラード

Super Nova International Racing Ltd(スーパーノヴァ・インターナショナル・レーシング・リミテッド)は、イギリスのレーシングチーム。本拠地をノーフォークに置く。

概要[編集]

デイヴィッド・シアーズ

ジョーダンF3チームなどで活躍したイギリスの元レーシングドライバー、デイヴィッド・シアーズ (David Sears) が、日本で英会話教室などを運営するNOVAと提携し、1991年に設立した。井上隆智穂中野信治を擁して全日本F3選手権に参戦し、井上はチームの役員として運営にも関わった。

F1参戦を視野に入れて、1993年末にF3000チームを結成。井上とヴィンセンツォ・ソスピリを擁して、1994年より国際F3000選手権に参戦した。1995年にはソスピリがシリーズチャンピオン、リカルド・ロセットがシリーズ2位を獲得。その後もリカルド・ゾンタ(1997年)、ファン・パブロ・モントーヤ(1998年)、セバスチャン・ボーデ(2002年)らがチャンピオンを獲得した。

国際F3000選手権の後を継いだGP2には、初年度の2005年から2011年まで参戦。2006年を除いては毎年必ず1勝以上しており、優勝7回、ポールポジション5回、ファステストラップ8回をとっている強豪チームである。2008年から2011年まではGP2アジアシリーズにも出場した。

A1グランプリではドイツチーム、パキスタンチーム、ニュージーランドチーム、ブラジルチームの運営を行い、2006-2007シーズンにはニコ・ヒュルケンベルグを擁するドイツチームが優勝した。

また、ベネトンルノーウィリアムズジョーダンB・A・RメルセデスといったF1チームのジュニアドライバープログラムにも協力してきた。

GP2撤退後はAuto GPに参戦しており、2012年にはエイドリアン・クアイフ=ホッブスがチャンピオンを獲得した。

国際F3000選手権のおもな所属ドライバー[編集]

なお、1998年末には立川祐路がテストを受けている。

GP2での成績[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

A1GPでの成績[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]