中野信治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中野 信治
Shinji Nakano 2009 Japan.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高槻市
生年月日 1971年4月1日(43歳)
F1での経歴
所属チーム '97プロスト
'98ミナルディ
活動時期 1997 - 1998
出走回数 33
優勝回数 0
通算獲得ポイント 2
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1997年オーストラリアGP
最終戦 1998年日本GP
タイトル 0
テンプレートを表示

中野 信治(なかの しんじ、1971年 4月1日 - )は、日本レーシングドライバー大阪府高槻市出身。

略歴[編集]

実父の中野常治も家業と兼業しながら全日本F2選手権まで参戦したドライバーだった。父親の引退後、息子の信冶は意志を受け継いで、11歳の頃にカートレースを始める。1987年、香港で行われた国際カートGPで日本人初優勝(大会史上最年少優勝)して、無限のワークスドライバーに選抜された。1989年、18歳で全日本F3選手権レースに出場。翌年、中嶋企画のマネージメントで単身イギリスに渡り、野田英樹と共に中嶋悟の家に居候しながら、ジュニアフォーミュラカテゴリで修行した。

1992年に帰国すると、全日本F3と全日本F3000にダブルエントリーしたが、結果を残せず中嶋企画を離れる。1995年よりavexのスポンサードを得て童夢入り。1996年はフォーミュラ・ニッポン参戦と平行して、童夢のF1テストカーF105のテストドライブも行った。

1997年にプロスト・グランプリよりF1にデビューし、日本人5人目のF1レギュラードライバーとなる。成績は6位入賞2回。1998年はミナルディより参戦。1999年はジョーダンのテストドライバーを務めた。

2000年よりホンダの誘いを受けてアメリカのCARTへ転向。オーバルトラックでのテスト中にクラッシュし、脳内出血により3戦を欠場した[1]。CARTには3シーズン参戦し、2002年には最高4位を記録したが、ホンダの撤退によりレギュラーシートを失う。2003年はIRLにスポット参戦した。

2005年よりスポーツカーレースに参戦し、日本人として初めて世界三大レース(F1モナコGPインディ500ル・マン24時間レース)の全てに参戦した。2009年にはアジアン・ル・マン・シリーズで初代シリーズチャンピオンを獲得。40歳を超えても現役活動を続けている。

2009年6月には中日本自動車短期大学の客員教授に就任。その他、環境保護やチャリティー活動に積極的に取り組んでいる。

F1時代[編集]

中野は1996年の日本GP後にリジェのテストに参加し、セッティングや英語力の試験を受けた結果、チェーザレ・フィオリオ監督に認められて1997年のドライバー契約を結んだ。中野はカート時代より無限の支援を受けており、リジェは無限ホンダエンジンを搭載するチームだった。日本人ドライバーとしては中嶋悟ロータスホンダ)に次ぐ良い条件でのF1デビューとなった。

しかし、シーズン開幕前にチームがプロスト・グランプリに移行すると、すでに1998年からプジョーエンジンを搭載することが決まっていたため、中野の立場は微妙なものになった。チームの力はエースドライバーのオリビエ・パニスに集中し、中野はテストの機会やセッティングの権限を与えられなかった。チームミーティングはフランス語で行われ、パニスは「シンジにも彼が走りやすい環境を作ってやってほしい」と同情したほどだった。負傷欠場したパニスの代役として出場したヤルノ・トゥルーリの活躍の陰にも隠れてしまったが、後半戦はテストも行えるようになり、ハンガリーGPではフェラーリエディ・アーバインとの激しいバトルを制して6位入賞した。

翌1998年はリジェから離脱し、開幕前まで所属チームが決まらなかったが、引退した片山右京の後任としてミナルディへ加入した。この時はイタリアでの契約交渉が不調に終わり、帰国前日にミラノでショッピングをしていたところ、当時ミナルディのオーナーだったガブリエレ・ルミと偶然対面し、改めて契約にこぎつけたというエピソードがある[2]。チームの財政難で苦しいシーズンとなったが、シングルフィニッシュ4回と見せ場を作った。チームオーナーからも高評価を受けたが、チームには残れずシートを失った。

1999年にはジョーダン・無限ホンダのテストドライバーに就任。デイモン・ヒルがシーズン途中に引退を示唆した際にはレギュラー昇格の可能性があったが、ヒルが最終戦まで現役続行したためチャンスは潰えた。

レース戦績[編集]

アジアン・ル・マン・シリーズに参戦する中野(2009年)
  • 2009年
  • 2011年
    • ル・マン24時間レース参戦(OAK ペスカロロ #49 BMW) 総合14位
  • 2012年
    • ル・マン24時間レース参戦(Boutsen Ginion Racing #45 オレカ・03ニッサン) 総合24位
    • FIA 世界耐久選手権 第7戦富士スポット参戦 (ADRデルタ #25 オレカ03・ニッサン) LMP2クラス優勝・総合8位
  • 2013年
    • ル・マン24時間レース参戦(デルタ-ADR #25 オレカ・03ニッサン) リタイア
    • FIA 世界耐久選手権 第6戦富士スポット参戦 (ADRデルタ #25 オレカ03・ニッサン) LMP2クラス5位・総合8位

全日本F3000選手権,フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1992 NAKAJIMA PLANNING SUZ
DNQ
FUJ
12
MIN
Ret
SUZ
DNQ
AUT
Ret
SUG
12
FUJ
13
FUJ
14
SUZ
16
FUJ
17
FUJ
9
NC 0
1994 acom RACING TEAM NOVA SUZ
FUJ
MIN
SUZ
SUG
FUJ
SUZ
Ret
FUJ
FUJ
NC 0
NAKAJIMA PLANNING SUZ
Ret
1995 TEAM avex 童夢 with 無限 SUZ
Ret
FUJ
C
MIN
7
SUZ
Ret
SUG
3
FUJ
Ret
TOK
5
FUJ
9
SUZ
8
11位 6
1996 TEAM avex 童夢 with 無限 SUZ
2
MIN
13
FUJ
Ret
TOK
9
SUZ
6
SUG
7
FUJ
3
MIN
2
SUZ
9
FUJ
4
6位 20

F1[編集]

所属チーム シャーシ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1997 プロスト JS45 AUS
7
BRA
14
ARG
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
ESP
Ret
CAN
6
FRA
Ret
GBR
11
GER
7
HUN
6
BEL
Ret
ITA
11
AUT
Ret
LUX
Ret
JPN
Ret
EUR
10
18位 2
1998 ミナルディ M198 AUS
Ret
BRA
Ret
ARG
13
SMR
Ret
ESP
14
MON
9
CAN
7
FRA
17
GBR
8
AUT
11
GER
Ret
HUN
15
BEL
8
ITA
Ret
LUX
15
JPN
Ret
NC 0

JGTC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
2004 チーム国光 with MOON CRAFT ホンダ・NSX GT500 TAI
Ret
SUG
8
SEP
15
TOK
10
MOT
9
AUT
10
SUZ
9
13位 9

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2012 ADR-デルタ オレカ・03 LMP2 SEB
SPA
LMN
SIL
SAO
BHR
FUJ
1
SHA
47位 4
2013 ADR-デルタ オレカ・03 LMP2 SIL
SPA
LMN
Ret
SAO
COA
FUJ
5
SHA
BHR
26位 6

脚注[編集]

  1. ^ "中野信治選手、ドクターストップによりやむなく3戦を欠場". HONDA.(2000年4月7日)2013年4月25日閲覧。
  2. ^ "藤本裕子スペシャル対談 レーシングドライバー 中野信冶さん". トランタンネットワーク新聞社.(2005年2月号)2013年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]