赤井沙希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あかい さき
赤井 沙希
プロフィール
別名 沙希
生年月日 1987年1月24日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本京都府
血液型 A型
民族 日本人
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 175.6 cm / 53 kg
BMI 17.2
スリーサイズ 83 - 60 - 89 cm
カップサイズ C
股下 / 身長比 87 cm / 49.5 %
靴のサイズ 26.5 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレント女優プロレス
モデル: テンプレート - カテゴリ

赤井 沙希(あかい さき、本名同じ、1987年1月24日 - )は、大阪府生まれ[1]京都府出身のモデル女優タレントグラビアアイドルプロレスラー。父は俳優の赤井英和。以前はノイエに所属しており、当時の芸名は沙希(苗字なし)であった。その後オスカープロモーションに移籍し、活動の拠点を関西から東京に移す。

愛称は「ちゃきたん」「さっちん」「お嬢[2]」「ジャンボ」「環七(カンナナ)」「通天閣」「さき姉(ねえ)」[3]「浪速のサッキー」など。

戦国武将赤井直正の子孫にあたる。

略歴・人物[編集]

プロボクサー赤井英和の前妻との娘であり、2,3歳の頃、両親が離婚したため幼少時以来英和と会うことはなかった(但し名字は赤井のまま)[4]

京都市立梅津小学校卒業[5]2004年写真集発売の際に当時所属していた事務所が英和の娘だと公表[4]、14年ぶりに再会を果たした。なお、それまで英和は沙希が芸能活動をしていることを一切知らなかった。一人称は『うち』。

デビューのきっかけは、京都に住んでいた時に四条大宮でスカウトされたことから[4]。その後、関西でモデルとして活動していたが、事務所に勧められて上京した[4]

2006年旭化成せんいキャンペーンモデルに選ばれた[3]

2008年2月13日放送分の『クイズ!ヘキサゴンII』に初出演。その後、下位常連として不定期出演(2009年からは中位入りすることもある)。2008年7月23日の「予選ペーパーテスト」ではいわゆる「おバカ6人組」とmisonoに負け最下位となった。

2009年度のK-1イメージガールに選出された[6]。父が元プロボクサー、母親もボクシングジムのトレーナーをしていた経歴から[4]、自身も格闘技好きと公言している。K-1イメージガール時代の石井和義の勧めから、2009年の夏ごろからボクシングを開始して真剣に精神及び肉体を鍛錬している。

自身のブログではコメントを書き込んだファンに対し、誠実なコメント返しをマメに行っている。

学生の時から妄想で様々な芸能人やアスリートとデートをし、その妄想を記録して残している。なおこれを見た千原ジュニアからは「これは書籍化されても、おかしくない」という評判を貰っている[7]。「妄想に正解も不正解もない」「妄想は"最後"までいったらあかん」という透徹した職人的哲学を持っている。

好きな男性のタイプは「考え方が古い人」「男気のある人」「武士のような人」と述べている。好きな動物はゴリラである。[4]

2011年10月から同じ事務所に所属する原幹恵南條有香文化放送の「原幹恵 ゆる☆ふわ」に出演、ガールズトークを行っている[8]

2012年2月25日、アラド戦記オフラインエキシビジョンマッチのイベントに登場した[9]。同年4月1日からスマートフォン専用のテレビとして開局するNOTTVのオリジナル7時間番組に押切もえ敦士加藤夏希磯山さやか宮地真緒らと出演することが決まっている[10]

2013年7月3日に、DDTが8月18日に開催する両国国技館大会で正式にプロレスデビューすることが明らかになった[11]

テレビ出演[編集]

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

NHK総合

毎日放送制作・TBS系列

テレビ朝日系列

東海テレビ制作・フジテレビ系列

テレビ東京系列

映画[編集]

  • インモラル 〜凍える死体〜(2008年) - 雨宮悦子(生活安全課の女性刑事)役[12]
  • ツインギャング4(2008年)- 李静 役
  • 実写版 まいっちんぐマチコ先生 無敵のおっぱい番長(2009年) - 金田銀子 役

舞台[編集]

ラジオ[編集]

  • ラジオ新日本プロレス (ラジオ日本 2012年4月7日 - 2013年3月25日)

写真集[編集]

DVD[編集]

  • 2004年11月7日「沙希/Saki」(イーネット・フロンティア)
  • 2006年9月22日「赤井沙希」(彩文館出版)
  • 2007年4月25日「2(deux)ドウ」(GPミュージアム)
  • 2009年7月29日「LOVE PASSION」(AXIS)

プロレス活動[編集]

赤井 沙希
赤井 沙希の画像
プロフィール
リングネーム 赤井 沙希
本名 同じ
身長 174cm
体重 53kg
誕生日 1987年1月24日(27歳)
出身地 京都府
所属 オスカープロモーション
スポーツ歴 ボクシング
デビュー 2013年8月18日
福田洋&世IV虎&志田光
(パートナーはマサ高梨&チェリー
テンプレートを表示

戦歴[編集]

2011年
2013年
2014年
  • 1月26日、DDT後楽園大会で大石真翔と組み、世Ⅳ虎&大鷲透と対戦、ダイビング・セントーンで3カウントを奪われ4戦目にして初黒星[23]
  • 2月23日、DDT後楽園大会で初のバトルロイヤルとしてアイアンマン時間差バトルロイヤルに出場、6人目として登場し、アイアンマン王者ヤス・ウラノダイビング・クロスボディーからの体固めを仕掛けるもひっくり返され退場[24]
  • 3月9日、4月よりスタートするDDTの新番組「DDTプロレス中継 さいたまースラム!」の収録として行われた春日部ふれあいキューブ大会のアイアンマンバトルロイヤルに出場、4人目として登場するが、8人目の中澤マイケルのアルティメット・ベノムアームが誤爆しギブアップ[25]
  • 4月5日、東京女子プロレスラゾーナ川崎プラザソル大会にて初のDDT以外の団体かつシングルマッチとして坂崎ユカと対戦[26]。DDTとは一転して紙テープも声援もない外敵扱いの中、「こんなに攻めたのは初めて」と語るようにリーマン銀河、サッキーカッターなどを繰り出し、最後はランニングニーからビッグブーツでフォール、初シングルを勝利で飾ると共に初の直接勝利となった[27]。直後にアイドル枠としてライブ出演したユニオンプロレスレディビアードに呼び込まれ、5月18日のユニオン後楽園でタッグを組むことが発表された[28]
  • 4月12日、DDT春日部大会でさくらえみとシングル、ホームリングであるDDTでは前の東女とは逆に圧倒的な声援を受け奮闘するが、ビッグブーツをかわされラ・マヒストラルでフォールされ、シングル初黒星を喫する。[29]

得意技[編集]

リーマン銀河
シットダウン状態の相手の腕を後ろから両手・両足でチキンウィングに固める変形サーフボードストレッチ。技名は「ナカイの窓」の企画で命名。
ビッグブーツ
主なフィニッシャー。長身と足の長さから、相手の顔面はもちろんのこと、コーナー上の相手をも打ち抜ける。
サッキーカッター
ダイビングボディアタック
ランニングニー
変型卍固め

入場曲[編集]

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “赤井英和の娘・沙希が地元大阪で勝利”. デイリースポーツonline. (2013年11月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/11/04/0006472298.shtml 
  2. ^ クイズ!ヘキサゴンII」にて島田紳助が呼称
  3. ^ a b c スペシャルインタビュー”. あとぴナビ. 2012年5月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g アサヒ芸能 2012年5月24日号 「天才テリー伊藤対談オフレコ厳禁」p. 82 -86
  5. ^ あほやねん!すきやねん!2009年2月25日放送
  6. ^ 赤井娘がK-1ガール”. マイナビニュース (2009年3月28日). 2012年5月19日閲覧。
  7. ^ 2009年10月24日放送『メレンゲの気持ち』より
  8. ^ 原幹恵 初のラジオ冠番組がスタート 赤井沙希、南條有香とガールズトーク” (2011年10月19日). 2012年5月19日閲覧。
  9. ^ 出川哲朗が赤井沙希に失言?「とてもあの人の娘に見えない」”. スポーツニッポン (2012年2月25日). 2012年5月19日閲覧。
  10. ^ スマホ専用のテレビ局開局! 押切もえら番組MCが意気込みを語る”. ザテレビジョン (2012年2月16日). 2012年5月19日閲覧。
  11. ^ 赤井英和の娘・沙希が8・18にプロレスデビュー(2013年7月4日インフォシーク)2013年7月27日閲覧
  12. ^ インモラル 凍える死体”. シネマトゥデイ. 2012年5月19日閲覧。
  13. ^ マッスルガール :赤井英和の娘・沙希らドラマから派生したユニットが応援ラップでデビュー 6月1日から配信”. まんたんウェブ (2011年5月31日). 2012年5月19日閲覧。
  14. ^ “両国ピーターパン2013~プロレスの傾向と対策~” (プレスリリース), 株式会社DDTプロレスリング, (2013年8月18日), http://www.ddtpro.com/result/ddt/article/1376819676/ 
  15. ^ “2013年08月18日(日) 【両国2日目1】赤井沙希プロレスデビュー「クセになりそう」” (プレスリリース), 株式会社DDTプロレスリング, (2013年8月18日), http://www.ddtpro.com/report/ddt/article/1376801719/ 
  16. ^ おどろき!
  17. ^ “2013年09月29日(日) 【後楽園リポート3】曙組6人タッグ防衛/赤井第2戦決定” (プレスリリース), 株式会社DDTプロレスリング, (2013年9月29日), http://www.ddtpro.com/report/ddt/article/1380476024/ 
  18. ^ 大阪ベイブルーススペシャル2013”. 株式会社DDTプロレスリング. 2013年10月21日閲覧。
  19. ^ “【後楽園リポート】二丁拳銃がKO-DタッグV3/EXTREME死守のHARASHIMAに過酷な防衛ロード。12・23後楽園で坂口とのKO-D無差別級戦も決定/アジャ様がKO-D6人タッグ挑戦/12・15博多にLinQ参加、伊藤麻希がプロレスデビュー/12・23後楽園で赤井沙希プロレス第3戦” (プレスリリース), 株式会社DDTプロレスリング, (2013年11月17日), http://www.ddtpro.com/ddtpro/4691/ 
  20. ^ “DDT年内最終戦!12月23日DDT後楽園大会決定カード” (プレスリリース), 株式会社DDTプロレスリング, (2013年12月2日), http://www.ddtpro.com/ddtpro/5206/ 
  21. ^ NEVER MIND 2013”. 株式会社DDTプロレスリング. 2013年12月23日閲覧。
  22. ^ a b “赤井沙希が聖地・後楽園初登場「戦えてうれしい」”. スポーツナビ. (2013年12月23日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131223-00000006-spnavi-fight 
  23. ^ 【後楽園リポート】/G☆Lvs二丁拳銃2・2名古屋でKO-Dタッグ再戦決定/ハードヒット2・28新木場に中井光義参戦/赤井、世Ⅳ虎に完敗”. 株式会社DDTプロレスリング. 2014年1月26日閲覧。
  24. ^ “【DDT】HARASHIMAvs高梨のKO-D戦、GLvsバラモンのタッグ戦”. バトル・ニュース. (2014年2月23日). http://battle-news.com/fight/index.php?QBlog-20140223-1 
  25. ^ 【春日部リポート】テレ玉の番組名は『DDTプロレス中継 さいたまースラム!』。4月2日より毎週水曜日深夜26時30分~27時にオンエア!!/KUDO&高梨&坂口のユニット名は酒呑童子に決定。初陣のメインは…/ディーノ、埼玉ゲイレスリング化計画をブチ上げる”. 株式会社DDTプロレスリング. 2014年3月9日閲覧。
  26. ^ “東京女子4.5川崎の全カード決定!高田退団!江莉(仮)改めえーりん!赤井沙希が初シングル!アイドル枠でビアード出演!”. バトル・ニュース. (2014年3月19日). http://battle-news.com/index.php?QBlog-20140319-5 
  27. ^ “赤井沙希 初のシングル戦勝利”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/04/05/0006839246.shtml 
  28. ^ 【川崎リポート】のの子が山下を下してエース宣言!「新生・東京女子プロレスはますますバク進します! そしてのの子はますますバク乳します!」、木場がのの子に対戦表明 /“進撃の赤井”が初参戦でシングル初勝利、ビアードとのタッグでユニオン5・18後楽園参戦/えーりんがデビュー”. 株式会社DDTプロレスリング. 2014年4月6日閲覧。
  29. ^ 【春日部リポート】ケニブシ佐々木がKO-D6人タッグ奪取! 4・29後楽園でディーノ&大石&ヨシヒコが挑戦/KO-D無差別級前哨戦第3Rは彰人がKUDOに勝利/アントンがいつどこ権2つ所有に/アイアンマン王座の封印は!?”. 株式会社DDTプロレスリング. 2014年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]