星誕期偉真智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星誕期
星誕期の画像
プロフィール
リングネーム 星誕期
本名 イマチ・マルセロ・サロモン
星 誕期
ニックネーム タンゴさん
イマチ大佐
アルゼンチンの巨像
身長 183cm
体重 140kg
誕生日 1965年9月5日(49歳)
出身地 アルゼンチン
ブエノスアイレス
所属 DDT
スポーツ歴 大相撲
テンプレートを表示

星誕期 偉真智(ほしたんご いまち、1965年9月5日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身で陸奥部屋所属であった元大相撲力士であり現在は実業家(料理店経営)、芸能事務所稲川素子事務所および株式会社ケーピー所属のタレントDDT所属のプロレスラーである。

芸名は星誕期(ほしたんご)。2000年10月に日本に帰化し、本名を四股名に因んで星 誕期(ほし・たんご)とした。旧名はイマチ・マルセロ・サロモン(Imachi Marcelo Salomon?)。得意手は突っ張り、押し。最高位は西十両3枚目(2000年1月場所)。

来歴[編集]

1987年5月場所に初のアルゼンチン出身力士として初土俵1992年9月場所には南米出身の力士で初めて十両に昇進した。なかなか十両に定着出来ず長期間幕下で相撲を取っており、一時は三段目に陥落したこともあった。1997年5月場所は東幕下8枚目の位置で幕下唯一の6戦全勝として幕下優勝と再十両を懸けて13日目に7番相撲で星違いの闘牙に挑んだが、左四つの体勢から攻め込んだものの土俵際で闘牙の逆転の左下手投げに敗れて十両復帰の望みを絶たれた。幕下の優勝争いは全勝の星誕期が敗れたことにより1敗力士8人による優勝決定戦に縺れ込み、星誕期は1回戦で敗退して再十両ばかりか幕下優勝も逃した(優勝は闘牙)。1998年に開催された長野オリンピックでは関取衆が各国の選手団を先導することになった。当時、幕下に陥落していたが人数の関係で関取経験者も参加することとなったため、母国・アルゼンチンの選手団を先導し話題になった。それが励みとなり、同年9月場所に26場所振りに十両に復帰した。

強烈な突き押しで幕内を狙える位置まで番付を上げたが、負け越して悲願は叶わなかった。東十両8枚目で迎えた2000年7月場所は初日から精彩を欠く相撲が続き、1勝も挙げられず15戦全敗を喫した。十両の15戦全敗は1989年5月場所の鳳凰以来、11年振りの出来事であった(幕内を含めると1991年7月場所の板井以来)。翌7月場所には幕下に陥落した。陥落後も長く相撲を取り続け、陸奥部屋の鬼軍曹的存在として若手力士たちを熱心に指導した。三段目に陥落した2004年1月場所に引退し、翌3月場所には相撲中継のゲストとして幕下の取り組み中に出演したこともあった。思い出に残る相撲は2000年7月場所9日目に一門の大先輩である寺尾と一度だけ対戦した取組を挙げた。

引退後はアルゼンチンには帰らず、人形町ちゃんこも出す多国籍料理店「タンゴーズダイニング」を開業。現在は茅場町四谷麹町にも支店を出している。

タレント活動[編集]

タレント活動も行っており、『トリビアの泉』、『世界ふしぎ発見!』、『ぶちぬき』(腕相撲レギュラー)、『はねるのトびら』(回転SUSHIの若い衆)などのバラエティ番組に頻繁に出演している。

プロレス[編集]

2006年10月23日、プロレス挑戦を表明。同年12月29日、DDTプロレスリングにてデビュー。得意技はアルゼンチン・バックブリーカー、チョークスラム。 2009年、2年間のフリー参戦の末、正式にDDTプロレスリング所属のレスラーとして契約する。

2008年10月26日、DDTプロレスリングの別ブランドハードヒット新宿FACE大会にて、引退後初と思われるまわし姿を披露。 タノムサク鳥羽と「相撲VSムエタイ」の好勝負を展開。最後は相撲では禁じ手五輪砕きで勝利をあげた。

2010年の契約更新の際にデスマッチ参戦を希望し、2月のユニオン大会のISAMI戦でデスマッチデビューを果たした。

同年、DDTに突如現れたヤゴウ公国を名乗る集団が「モビルアーマー・ホシタンゴ」を投入すると発表。あずかり知らぬところで名前を出された星誕期は憤怒するが、高木三四郎から両国大会での出番について「アイアンマン…かな」と聞かされ反発し、モビルアーマーとなることを承諾してヤゴウ公国入りする。

2012年モンスターアーミーに加入しイマチ大佐として活動している。

2013年にはKO-D6人タッグ王座アントーニオ本多火野裕士とともに奪取した。さらには男色ディーノの持つ世界大森級選手権の試合にも挑戦する。試合に負けアルゼンチンがゲイタウンであることを自ら告白する。

得意技[編集]

ブエノスアイレス午前零時
セカンドロープから決める破壊力抜群のダイビングボディプレス。モンスターアーミー加入時の名前はイマチ投下。
アルゼンチンバックブリーカー
張り手

タイトル歴(プロレス)[編集]

その他[編集]

  • 四股名は入門時の師匠(元前頭・星甲)の現役時代の四股名から星の字を貰い、それにアルゼンチンで有名な音楽であるタンゴを合わせたもの。当初は「星端午」となる予定であったが、一期一会の意味を込めて最終的には「星誕期」と決定した。
  • 現在、週末にはラグビーを行っている。
  • 映画『HERO』ではスペイン語指導としてスタッフに参加した。
  • テレビドラマ『古畑任三郎』第27回「黒岩博士の恐怖」で、車中で話す相撲の話題に名前が登場する。
  • 関取時代は設備上の理由から部屋の外のアパートで暮らしており、家賃の節約のために1Kの部屋で星安出寿と同居していた。また、部屋がちゃんこ代の用意にも困っていたためマクドナルドで普段の食事をしていた。部屋がマクドナルドの近くにあるので若い衆も望ましくない食生活を真似てしまい、これに苦悩していたという。
  • アルゼンチンには年末に帰国することが多くDDTの契約更改がほかの選手よりも少し遅くなる。

主な成績[編集]

  • 通算成績:430勝388敗11休(101場所)

場所別成績[編集]

星誕期 偉真智
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1987年
(昭和62年)
x x (前相撲) 西 序ノ口 #47
6–1
 
東 序二段 #124
6–1
 
西 序二段 #53
4–3
 
1988年
(昭和63年)
東 序二段 #32
4–3
 
西 序二段 #6
5–2
 
東 三段目 #72
4–3
 
東 三段目 #51
4–3
 
西 三段目 #31
5–2
 
東 三段目 #3
1–6
 
1989年
(平成元年)
東 三段目 #34
4–3
 
東 三段目 #20
6–1
 
東 幕下 #45
2–5
 
東 三段目 #7
5–2
 
西 幕下 #41
5–2
 
西 幕下 #21
3–4
 
1990年
(平成2年)
西 幕下 #28
3–4
 
西 幕下 #40
5–2
 
東 幕下 #22
4–3
 
西 幕下 #16
2–1–4
 
西 幕下 #37
休場
0–0–7
東 三段目 #17
5–2
 
1991年
(平成3年)
西 幕下 #51
5–2
 
東 幕下 #36
5–2
 
東 幕下 #18
5–2
 
西 幕下 #7
2–5
 
西 幕下 #23
3–4
 
西 幕下 #30
5–2
 
1992年
(平成4年)
東 幕下 #19
4–3
 
西 幕下 #12
4–3
 
西 幕下 #8
5–2
 
西 幕下 #1
4–3
 
東 十両 #12
5–10
 
西 幕下 #7
3–4
 
1993年
(平成5年)
東 幕下 #14
2–5
 
西 幕下 #29
5–2
 
西 幕下 #15
5–2
 
西 幕下 #7
4–3
 
西 幕下 #3
4–3
 
東 幕下 #2
4–3
 
1994年
(平成6年)
西 十両 #13
10–5
 
西 十両 #5
5–10
 
東 十両 #10
2–13
 
西 幕下 #10
2–5
 
東 幕下 #25
6–1
 
東 幕下 #10
2–5
 
1995年
(平成7年)
西 幕下 #25
4–3
 
東 幕下 #18
2–5
 
西 幕下 #33
6–1
 
東 幕下 #14
5–2
 
西 幕下 #8
3–4
 
東 幕下 #12
2–5
 
1996年
(平成8年)
東 幕下 #26
3–4
 
西 幕下 #41
3–4
 
西 幕下 #53
3–4
 
東 三段目 #6
5–2
 
東 幕下 #43
6–1
 
東 幕下 #20
3–4
 
1997年
(平成9年)
東 幕下 #31
5–2
 
西 幕下 #20
5–2
 
西 幕下 #8
6–1
 
東 幕下 #2
2–6
 
東 幕下 #14
5–2
 
東 幕下 #7
2–5
 
1998年
(平成10年)
西 幕下 #22
5–2
 
西 幕下 #9
4–3
 
西 幕下 #5
5–2
 
東 幕下 #2
6–1
 
東 十両 #13
9–6
 
西 十両 #10
8–7
 
1999年
(平成11年)
東 十両 #9
7–8
 
西 十両 #11
9–6
 
西 十両 #7
6–9
 
東 十両 #11
8–7
 
東 十両 #10
8–7
 
西 十両 #8
9–6
 
2000年
(平成12年)
西 十両 #3
5–10
 
東 十両 #7
6–9
 
西 十両 #10
8–7
 
東 十両 #8
0–15
 
東 幕下 #8
6–1
 
西 幕下 #1
3–4
 
2001年
(平成13年)
東 幕下 #7
3–4
 
西 幕下 #13
5–2
 
東 幕下 #7
3–4
 
東 幕下 #14
4–3
 
西 幕下 #11
2–5
 
西 幕下 #23
3–4
 
2002年
(平成14年)
東 幕下 #34
5–2
 
西 幕下 #24
3–4
 
西 幕下 #32
5–2
 
東 幕下 #17
3–4
 
西 幕下 #25
6–1
 
西 幕下 #8
2–5
 
2003年
(平成15年)
西 幕下 #23
3–4
 
西 幕下 #34
3–4
 
東 幕下 #42
4–3
 
西 幕下 #34
4–3
 
東 幕下 #28
3–4
 
西 幕下 #39
1–6
 
2004年
(平成16年)
西 三段目 #6
引退
2–5–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]