新宿FACE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SHINJUKU FACE
Humax pavilion shinjuku IMG 5653 20140311.JPG
情報
正式名称 新宿FACE
開館 2005年7月29日
開館公演 W-FACE(女子格闘技)
収容人員 600人
用途 格闘技・コンサート
運営 新宿FACE
所在地 160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-20-1
ヒューマックスパビリオン
アクセス 西武新宿駅徒歩3分
公式サイト 新宿FACE
テンプレートを表示

新宿FACE(しんじゅく ふぇいす)は、東京都新宿区歌舞伎町のヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7Fに所在するイベントホールである。SHINJUKU FACEとも表記される。

概略[編集]

1994年にオープンしたLIQUIDROOM(リキッドルーム)が恵比寿への移転に伴い2004年1月に閉鎖。跡地は格闘技ファンとして知られ元アマチュアボクシング選手でもある堺屋太一元経済企画庁長官の提案により格闘技会場に改装され、2005年7月29日新宿FACEとしてリニューアルオープンした。600人収容。

こけら落としは女子格闘技の「W-FACE(ダブル・フェイス)」[1]

リキッドルーム時代からJWP女子プロレスなどが興行を打っていたが、リニューアルオープン後はコンサートのほかにもプロレスボクシング格闘技も催され、特に区内に事務所を置くOZアカデミーは常打ち会場として使用している(堺屋が尾崎魔弓の大ファンのため、同団体に供給している側面が大きい)。キャパシティ上、中堅クラスの興行が多いが全日本プロレスなど大手団体も使用することがある。また、ディファ有明新木場1stRINGとともに新団体の旗揚げ興行に使用されることも多い(JEWELSザ・おやじファイトSMASHハッスルMAN'Sワールドなど)。

また、演劇並びに撮影会場としての会場貸し出しも行っている。

同じフロアにはキックボクシングイベント「Krush」を主催する株式会社グッドルーザーの事務所もある(Krush興行はメインこそ後楽園ホールだが、新宿FACEでも定期的に開催している)。

アクセス[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]