自由が丘6人タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自由が丘6人タッグ王座(じゆうがおかろくにんタッグおうざ)は、DDTプロレスリングが管理する王座。正式な選手権名は自由が丘広小路会認定6人タッグ選手権。王座名は王座が決められた大会が自由が丘広小路会で開かれたことに因む。

いわゆる6人タッグ戦の王座であるが、女子選手を含んだタッグも挑戦が可能である。

2010年7月25日の「両国ピーターパン」にUWA・自由が丘・日本海の3王座それぞれの保持者によるトリプルスレットマッチで勝利したグレート小鹿りほミスター6号組により三冠王座統一された。しかし、12月26日の後楽園ホール大会ではUWA王座のみが懸けられ、三冠王者佐藤光留松永智充中澤マイケル組が挑戦者大鷲透HARASHIMA安部行洋組に敗れたため、現在は自由が丘・日本海の二冠王座となっている。

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回数 獲得日付・その他
初代 高木三四郎HERO!三田英津子 1 2003年10月11日
第2代 高木三四郎・ポイズン澤田JULIE猪俣潤 1 2005年10月8日
第3代 HARASHIMA・魔ッスル坂井猪苦魔裕介 1 2006年6月25日
第4代 桃鷲透・ドリアン澤田JULIE・マンゴー福蛇 1 2007年6月3日
第5代 KUDOヤス・ウラノアントーニオ本多 1 2008年7月6日
第6代 グレート小鹿りほミスター6号 1 2010年7月25日
UWA世界6人タッグ王座・日本海認定6人タッグとの三冠王座
第7代 佐藤光留松永智充中澤マイケル 1 2010年11月3日
戴冠時は三冠王座 同年12月26日からは日本海認定6人タッグとの二冠王座

外部リンク[編集]