スリーサイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スリーサイズ和製英語)とは、バスト(女性の場合)またはチェスト(男性の場合)・ウエストヒップの3部分の寸法をいう。日本語訳は「女体三位寸法」。英語では「measurementsメジャーメンツ」、話し言葉では「vital statisticsバイタル・スタティスティクス」という(ただし「寸法」という意味では「sizeサイズ」も用いる)。

スリーサイズは本来ならば男女いずれにも使える語だが、主に女性について用いられる。

概要[編集]

表記は通常、バスト(B[1]、女性の場合)あるいはチェスト(C[2]、男性の場合)・ウエスト(W[3])・ヒップ(H[4])の順に「B○○・W○○・H○○」の形式で記す。日本においてはセンチメートルが単位として使われるが、欧米やアジアのモデル業界などでは米国の影響によりインチが単位として使われることが多い。

全身の体型を表現するためにはこれ以外にも多くの指標が必要であるものの、体型的魅力の簡易的な判断には十分であることが多い。女性においては、初経の1年前後に急激に体型が変化し[5][6]、初経の1年後以降になると、バスト(乳房)が丸みがあり(バストの底面も円に近い)、ウェストがくびれて、ヒップから殿溝にかけてボリュームがでるよようになるが、この体型にバスト・ヒップサイズが大きく、且つウエストサイズが小さい要件が加わると男性に対する性的魅力が高いとされ、「グラマー」(トランジスタグラマーも参照)と言われる。バスト・ヒップが細く、ウェストがさらに細い体型は「スレンダー」と言われ、スレンダーかつ脚長な体型がファッションモデル向き(「モデル体型」)といわれるように、ファッションを楽しむ上では有利な体型である。とくに和服は胸が大きいと胸元が崩れてしまうため、なおさらスレンダーに一日の長がある。初経の1年後以降から10代のスパイラルポイント(16-18歳頃)は大人の女性に近い体型として、10代のスパイラルポイントから20代のスパイラルポイント(24-26歳頃)は大人の女性の体型としてグラマー・スレンダーな体型が維持されていても、20代のスパイラルポイントを過ぎると老化により体型の変化が始まり[7]、グラマー・スレンダーな体型が徐々に崩れていくようになり、30代のスパイラルポイント(37-39歳頃)を過ぎると急激な体重増加でグラマー・スレンダーな体型が維持困難となる。

なお、誤解の多いところであるが、スリーサイズだけでは乳房の大きさは全くわからない。乳房のサイズ指標である「カップ」はトップバスト(スリーサイズにおけるB)とアンダーバスト(乳房直下の胴囲)から算出されるが、スリーサイズにはアンダーバストが含まれない。また、アンダーバストとウェストは通常大きく異なる数字になる[8]のでウェストからの推測も基本的に不可能である[9]

スリーサイズと魅力[編集]

女性モデルグラビアアイドルなどの多くはスリーサイズを公開しており、公開しないモデルは皆無と言ってよいほどである。女優がスリーサイズを公開していることも珍しくない。

バストやヒップの場合、数値が大きいとグラマラス・小さいとスレンダーとされ、大小どちらかに需要が偏っていても高評価につながるというわけではないが、ウエストにおいては単純に数値が小さいほど魅力的であるという風潮が強く、ウエストの大きな体型が高評価されることはほとんどないといってもよい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ : bust
  2. ^ : chest
  3. ^ : waist
  4. ^ : hip
  5. ^ バストと初経のヒミツの関係
  6. ^ 『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について
  7. ^ ラブ、エイジング。|私のからだもエイジング?!
  8. ^ 肋骨の上であるため当然ではあるが、通常の成人では8±2~3cm程度の違いが出る。細身の女性でもアンダーバストでは65cmを切ることは余りなく、それを受けてブラジャーの規格もアンダー65(このサイズを着用できるのは通常は最小でも62.5cmの人まで)までしかない。
  9. ^ ただし逆に言えば、「これ以上はありえない」という推測はできる。たとえばB77・W59では差が18cmであるため、仮にEカップ(TB-UB=20cm)とするとウェストがアンダーバストを上回るありえない体型となる。

関連項目[編集]