バスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バスト: bust)とは、上半身を指す言葉で得に女性胸囲に用いられる単語である。男性の胸囲はチェストと呼ばれる。

また、半身像や胸像を示す単語としても使われる。証明写真などに用いる上半身(胸から上)を写した写真をバストショット[1]、バストアップ写真という。

サイズ表記[編集]

  • バストのサイズは、トップバストの計測数字、または、アンダーバストとトップバストとの差で生じる数値を用いたブラジャーのカップを用いることが一般的である。ブラジャーを着用する際の目安となる。
  • 女性タレントのプロフィール欄にバストサイズが記される場合があるが、カップサイズを明らかにせずにトップバストの採寸サイズのみを表記することもある。近年ではトップバストの採寸数字と、ブラジャーのカップサイズを併せて表記する媒体も増えている(例えばトップバストサイズが90cmでアンダーバストが75cmの場合、本来のバストサイズの表記は「75C」前後である。媒体に表記する際は「90cm・Cカップ」と記されることが多い)。

バストアップ[編集]

主に美容的観点からバストアップを求める女性は多い。思春期とよばれる第二次性徴が最もバスト形成期が顕著に現れるとされている[2][3][4][5]。この時期にバランスの良い食事と適度な運動を心がけることで婦人科系の臓器も活発に働き、バストアップにも有効とされる女性ホルモンの分泌も盛んになる。女性ホルモン分泌促進に大豆イソフラボンやプエラリアなどが配合されたサプリメントなども有効とされるが効果には個人差があり、また、体質に合わない場合も多く報告されているので一概には勧められない。生理不順などで婦人科から処方される改善薬や漢方薬を服用後、乳房に若干影響が見られる場合もある。尚、バストの大きさに遺伝的要素は必ずしも求められるものではない(乳腺の発達、体格、脂肪がつきやすい酵素の有無などは若干関係する)。

バストアップとは本項目では以下の行為を指す。

  1. バストサイズを大きくする
  2. バストの位置を高くする
  3. バストの立ち上がりを高くする

バストサイズは、トップバストの計測数字、またはブラジャーのカップサイズを用いて表現するのが一般的である。昔は大きい乳房は敬遠されることがあったが、現代では女性の魅力の一つと考えられており、サイズアップを図る女性が増えている[6]。 一般に隆起(膨らみ)のあるバストは、張りのある若々しいバストであるとされている。

下着の着け方や猫背などの悪姿勢[7]、あるいは出産・老齢といった理由で、乳房の張りや質量など、形状が変化することは否めない。また、乳房を構成する脂肪が加齢と共に軟らかくなるため、体側や背中、二の腕、腹部などに流動してしまうことがある。このような状態になると一般に下がっている・垂れている・張りがないなどと評され、老けて見られやすいこともある。ただし、乳房が大きい女性の場合、重さで下垂することが否めないため、若くてもやや垂れてしまうことがある。また乳房の形状が釣鐘型の場合は、胸骨より外側に向いて(八の字に)拡がってしまう傾向がある。 バストトップ(乳首)の位置も重要視される。鎖骨の中央の窪みと左右のバストトップまでの距離・左右のバストトップの距離を結んだ形が正三角形に近い二等辺三角形ほど美しく理想的な位置に近いと下着メーカー各社では推奨している。または、正しい姿勢で起立し、正面から見て、耳たぶから垂直に線を降ろした位置と、肩と肘を等分した位置を結んだ箇所にバストトップがあることも良いとされていた。しかし、上記にもあるように、乳房が大きな女性は下垂や横に向いてしまうことがある。

バストアップの方法[編集]

自然にバストアップさせる方法[編集]

前述通り、思春期のバスト形成期の女性ホルモン分泌量で、大人のバストになってからのバストサイズが決まってしまうため、この時期の自然なバストアップは重要である。

運動(バストアップエクササイズ)
主に大胸筋を鍛える。軽量(500g前後)のダンベルなどを用いて負荷をかけて脂肪燃焼は最小限に抑えつつ筋肉を鍛える運動などが話題になった。左右の手を合わせて押し合い、負荷を掛けるエクササイズは良く知られている方法のひとつ。また腕立て伏せなども過度でなければ血行を促進し大胸筋を鍛え、バストの形をキープし、年齢とともに体側・腹・二の腕・背などに流動する脂肪を抑える効果があると言われている。
食事サプリメント
バストアップに有効な成分として、「大豆イソフラボン」などが挙げられるが、多く摂取したからといってバストアップに比例するものではない。また、過剰に摂取することは勧められないとする報告もある(人工的大豆イソフラボンアグリコンを過剰摂取した場合、自己エストロゲンの分泌が乱れ、結果として乳癌リスクが高くなる。思春期の女子、乳癌経験者、妊婦、ヨウ素欠乏症の疑いのある者は特に摂取量(1日30mg以下)に注意を払う必要がある)。
最近では、更年期障害に対しても効果があるとされる。婦人科系に効果的な漢方薬やハーブを用いることも有効である。
マッサージによるバストアップ
バストに適度なマッサージをすると、血行が良くなり、乳腺を刺激することでバストアップが期待出来る場合がある。バストアップに関係する経穴の刺激も場合によっては有効。ただし、執拗なマッサージは脂肪燃焼を促し、バストアップ効果を損なうという報告もある。強い刺激は他の部位よりも薄く、乳房の重みで負荷のかかっている皮膚を弛ませ下垂させる原因のひとつとされている。バストアップのためのマッサージを行う際には、肌に潤いと張りを与えるボディクリームやジェルなどを用いて、バストの形を整えるようにゆっくりと行うことが望ましい。
恋愛性行為オナニーによるバストアップ
恋をする・異性に憧れの気持ちなどを抱くと脳下垂体が刺激され、性腺刺激ホルモンや女性ホルモンが活発となる。これに促されてバストアップが期待できる場合がある[5]。また、自分で胸を揉んだりパートナーに揉んでもらうと上記同様の効果の他、バストマッサージにもなる[8][9]。ただし、性行為やオナニーによる女性ホルモンの分泌量は心理的な要因で変わりやすく、気持ちがこもっていない時や昂ぶっていない時などは分泌量は増えない場合がある[10]。また、思春期のバスト形成期での性行為は低年齢のため様々な問題がある(性行為#開始年齢と若年の性行為を参照)。
ヨガポーズによるバストアップ
筋肉をゆっくりと動かすことで効果的に新陳代謝とホルモン分泌が促されるとされる。毎日続けることで徐々に効果が出てくるとされる。両手を合わせて前にプッシュする動作と座禅を組み腰をねじるポーズが代表的である。

人工的にバストアップさせる方法[編集]

豊胸手術
シリコンバッグ、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、幹細胞注入、コンデンスリッチファット注入が代表とされる。
近年はシリコンバッグ破損の事故(後年の抜去のリスク)、乳がんの発見の遅れを嫌う傾向などから、自身の皮下脂肪を用いた脂肪注入法が主流になりつつある。人工物を体内に入れる方法よりも副作用や拒絶反応などリスクの低いとされている。
ブラジャーの着け方によるバストアップ
正しく採寸し、バストの形だけではなく体型や体格を考慮した物を選び、正しい位置に着用することが望ましい。小さめのサイズを選んでバストをカップに押し込み、高さや膨らみ・谷間を作る方法は一時凌ぎにはなるが、長期に渡って行う方法としては不適切である(バストの形が崩れやすくなる、下着の締め付けによる肌荒れ・色素沈着、血行不良によるバストの成長の妨げなど)。また大きいサイズの着用も、カップの中でバストが動きやすくなり下垂の原因になるとされている。思春期のバスト形成期はジュニアブラジャーを着用し、大人用のブラジャーはバストアップの妨げとなるため大人のバストになるまで着用しないことが求められる[4]

バストアップ効果の噂[編集]

  • ザクロジュース(果汁)にエストロゲンに似た成分が含まれており、飲むだけでバストが大きくなるという噂があり、関連商品も多く発売されたがこれは大きな誤りである。バストアップに特化した効能は認められないという。ただし、ザクロ自体は昔から薬用・漢方薬の原料として用いられることもある。

出典[編集]

  1. ^ : bust shot
  2. ^ ワコール探検隊|「少女」から「おとな」へ約4年間で変化する成長期のバスト
  3. ^ 胸のメカニズムを知ってバストアップを目指そう!
  4. ^ a b 思春期のバストのケア
  5. ^ a b 恋をするとバストが大きくなるって、本当?-マイナビウーマン、2013年6月25日
  6. ^ http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/diet090401/01.htm
  7. ^ 思春期のバスト形成時にノーブラであるために胸を隠そうとして悪姿勢になることもある。ワコール探検隊|実は…お母さんも自信がないはじめてのブラ
  8. ^ 胸を揉むと大きくなる?おすすめは好きな人に揉んでもらうこと
  9. ^ 胸でも感じる!胸への愛撫をやめないで。・セックスで、バストアップ!
  10. ^ セックス About-セックスで綺麗になれる?

関連項目[編集]