豊胸手術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左が施術前の乳房、右は豊胸手術を施した乳房

豊胸手術(ほうきょうしゅじゅつ)とは乳房を大きくする手術を指す。主に外観上の美容目的の手術にこの名称が使われる。乳癌などの切除後に行われる手術は乳房再建術と呼ばれる。

歴史[編集]

豊胸術の歴史はほぼ乳房再建の歴史とリンクしている。健常な乳房に美容目的での豊胸術が施されたのは1950年代で、パラフィンシリコンジェルを皮下に直接注入する方法であったが、組織の壊死など合併症後遺症が多く発生した。 その後、1963年米国ダウコーニング社がシリコン製の袋(バッグ)にシリコンジェルを詰めた乳房インプラントを開発、1965年フランスパリ生理食塩水入りのバッグが誕生。美容目的で胸部に挿入する豊胸術が広く行われるようになる。

1990年代になると、ダウコーニング社などインプラント・メーカー数社が訴訟され、破損による変形や漏出した場合の健康被害などの問題が表面化し、1992年にはFDAがシリコンジェルバッグの使用を一時停止するよう命じた(臨床試験の目的に限り許可された)[1]

その後はシリコンジェルバッグに代わって、生理食塩水バッグが広く普及した。1995年、生理食塩水に高分子ポリマーを加えたハイドロジェルバッグが誕生したが、仏・両国で長期使用による安全性が問題視され使用が禁止となる。 2000年には、FDAは米国内においての生理食塩水バッグの使用を許可し、その後コヒーシブシリコンなど粘度が高く漏出時の危険が少ない素材の登場などで、2006年にはシリコンジェルバッグの使用も許可された。ただしアラガン社英語版メンター社英語版の製品のみである。同2社はその後の長期的な追跡研究を課せられている[2]

またFDAは、米国内においての18歳未満の生理食塩水バッグの使用、22歳未満のシリコンジェルバッグの使用を禁じている(再建手術を除く)[3][4]。 日本の厚生労働省は、その他いずれの乳房インプラントも薬事承認しておらず、安全性に関して保障していない。

米国においては美容整形手術の件数で一番多いのは豊胸手術であり、一大産業となっている。米連邦政府美容整形学会によるとアメリカでは年間22万5000人が豊胸手術を受けているとし、現在ではさらに増え、アメリカでは年間40万人、ブラジルでは年間15万人(中南米全体では20~30万件)、中国(年間10万人)となっている[5]

一方、乳房への脂肪移植(脂肪注入)は1980年代初頭から行われていたが、バストアップ効果が不十分なことや、石灰化した場合に乳がんの診断の妨げになるなど、否定的な意見が多く、米国形成外科学会は1992年に豊胸目的の脂肪移植を非難するに至った。しかし近年、脂肪移植の技法の発達や乳がんの診断装置の進歩により、脂肪移植による豊胸術が見直される動きとなっている[6]

方法[編集]

バッグ挿入法[編集]

胸部用インプラント

体の一部を切開し、シリコン製のバッグを胸に埋め込む。充填物は様々な種類がある。ラウンド型(お椀型)、アナトミカル型(下部が大きい釣鐘型)などの形状がある[7]。 経年劣化し永久的に使えるものでは無い為、追加手術が生涯必要になる。破裂やヒトアジュバント病その他の合併症、美容上の問題によるリスクもあるが[8]、より大きなバストを望めるなどのメリットもある。

脂肪注入法[編集]

腹部など、自己体内から脂肪吸引で抽出した皮下脂肪を乳房に移植する。極端なバストアップを望まない場合など有効である。切開が必要でない、自身の組織の移植であることなどの特徴がある。大量の脂肪注入は定着せずに石灰化・脂肪壊死を生じ、硬結化、乳癌と誤診されるなどの問題を生じる。脂肪を採取した部位に凹凸などが生じることもあり訴訟も多いために、その移植手技法、移植量に関しては議論されるところとなっている。

従来の脂肪注入[編集]

採取した脂肪を直接注入する。死活細胞などの不純物も共に注入する為、脂肪壊死や石灰化のリスクがある。

脂肪幹細胞移植(Cell-assisted lipotransfer : CAL法)[編集]

脂肪幹細胞移植を応用した手法で、脚部や腹部などから採取した脂肪から幹細胞を抽出し、残りの脂肪と共に胸部に移植する。脂肪注入と比べて定着率は高いとされる。採取した脂肪の半分は注入用に使わない為、大量の脂肪が必要になる。よって極端な痩せ型は適応でない。脂肪壊死や石灰化のリスクは軽減されているが、全く無いわけでない。

コンデンスリッチファット法(CRF法)[編集]

腹部など自己体内から抽出した皮下脂肪を、ウェイトフィルターや専用の機器にて脂肪に含まれる不純物を除去し、健全な脂肪のみを乳房に移植する。脂肪幹細胞移植と比べて、採取脂肪に対して脂肪の注入量がやや多いため、痩せ形にも適しているといわれる。脂肪壊死や石灰化のリスクは軽減されているが、全く無いわけでない。

ヒアルロン酸注入(プチ豊胸)[編集]

ヒアルロン酸を乳房に注入する。効果は一時的でヒアルロン酸が吸収されたら再注入を要することからプチ豊胸とよばれる。乳癌検診では真っ黒なのう胞が多数あるように見える[9]

問題点[編集]

自殺率に関する問題[編集]

フィンランドスウェーデンでは、豊胸手術を受けた女性(乳房再建の為の豊胸術を除く)の自殺率が一般女性と比べ、約3倍高いという調査結果がでている。アメリカでは一般女性よりも50%増で多く、胸以外の美容整形手術経験者と比べると5倍も多かった。この調査はフィンランド2166人、スウェーデン3521人、アメリカ1万3000人と大規模なものとなっており注目されている。豊胸手術をする女性の性格傾向との因果関係も示唆されるが、豊胸手術経験者の自殺率が高いということは種々の調査の共通点となっている[10]

美容豊胸手術に批判的な団体「女性と家族のための全米政策研究センタ-」のダイアナ・ズッカ-マン会長は、「手術すると精神衛生が改善されるという正当化のための宣伝文句にのってはいけない。胸に埋め込み手術をしてから、いつも痛みを感じ、罪悪感で苦しんでいる女性が多いことを知るべきだ」と話している[11]

安全性に関する問題[編集]

2011年12月フランスポリ・アンプラン・プロテーズ英語版Poly Implant Prothèse - PIP)社が製造した豊胸バッグが、体内で破れる恐れがあるとして、仏保健省は23日、使用者に対し、除去手術を受けるよう勧告した。対象はフランス国内だけで約3万人に上るとみられるが、同社の製品は日本を含む世界65カ国以上で販売され、使用者は40万人[12]にのぼるとみられている。

PIP社はシリコーン豊胸材生産で30年以上の歴史をもつ老舗で[5]、世界3位の大手だったが、破裂するなどの事故例が多く報告され、医療用でない安価なマットレス用のシリコーンの使用が発覚したことなどから、2010年に倒産し清算手続き中だった。なおこれまでに同社製品での豊胸手術を受けた女性たちから2000件もの苦情申し立てが寄せられており、仏警察は同社への捜査を開始している[13]

同社のバッグに関しては以前から発がん性を指摘する声が出ており、バッグを使用した女性のうち8人に乳がんなどのがん発症が確認されたため、仏保健省が安全性を調査していた。その後の2011年末時点では、利用者20人が乳がんなどを発症したことが判明し、11月には未分化大細胞型リンパ腫で死亡者が出ている[14]。グザビエ・ベルトラン保健相は「他製品と比べ発がんリスクが高いわけではない」と、急を要するわけではないと前置きしながらも、体内で破れて炎症を起こす恐れがある為、予防措置としての除去を勧告している。なお、フランス政府は、摘出手術などの費用に対し健康保険の適用を認める方針である[15]

また同社の製品を使った豊胸手術を受けた女性が4万2千人いるというイギリスでは、政府が「安全上の問題があるとの証拠はない」として、特に呼びかけは行わない方針を立てるなど、各国においても対応が割れている[16]イギリス国内のこれらの女性のうちの250人以上が、同社製品を使用し手術をした医療機関を相手取る集団訴訟の準備をしている[17]。2千人の使用者がいるチェコドイツは摘出手術を受けるよう勧告している[18]オランダでは同社の製品が『M-implants』という別名で販売・使用されていたことが発覚。オランダ当局は、この『M-implants』使用者約1000人に対しても医師に相談するよう勧めている[19]

国際刑事警察機構(ICPO)は2011年12月23日中米コスタリカからの要請に応じ、PIP社創業者ジャンクロード・マス容疑者(72歳)を国際手配した[20]。なお、ロイター通信によると、マス容疑者は2010年6月にコスタリカで飲酒運転で逮捕され、起訴後に同国から逃亡していたことが判明。国際手配は飲酒運転に関するもので、豊胸手術用シリコーン材の問題とは直接の関係はないとみられている。またマス容疑者の弁護士は、マス容疑者がフランス国内にとどまり、同国司法当局による刑事訴追に備えていることを明らかにするとともに、「PIP社製品が健康上の問題を引き起こしたとの証拠はない」と主張していると話していた[21]

しかし、健康被害を受けたなどとする利用者2500件以上から訴えが起こされ、マルセイユ検察は2011年12月、過失致死傷容疑で捜査に着手。マス容疑者はその後1月26日に南仏のバールで治安当局に拘束された[12][22]

国内での影響[編集]

このPIP社製の豊胸バッグは日本に輸入された可能性もあり、厚生労働省医薬食品局12月27日、仏保健省の発表内容を踏まえて、関係学会に向けて情報提供を行ったことを明らかにしている[14]

社会[編集]

  • 2001年東京都渋谷区にある美容外科医院にて豊胸手術を受けた女性が、ずさんな管理による全身麻酔低酸素脳症に陥り植物状態になり、元夫らが医師に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁はほぼ請求通りの1億7051万円の支払いを命じる判決を言い渡した[23][24]
  • チェコ共和国看護師に対し、雇用の際に無料の豊胸手術をプレゼントする試みが行われた。チェコでは低賃金の為に看護師が近隣国で就職するケースが多く、深刻な看護師不足が起こっており、現地メディアは「看護師不足で運営が困難なチェコ共和国の病院では看護師への整形手術をギフトとして提案する病院が増えている」と伝えている。この方法に女性団体は非難しているが、ある病院の関係者は「無料の手術を契約条件として提示した後、看護師の志願者が10%増加した」と話している[25]
  • 2010年ロシア人モデルのIrene Ferrariさんが、モスクワからスイスチューリッヒまで飛行機で移動中、気圧で豊胸バッグが破裂し、航空会社に10万ユーロの訴訟を起こした。現在は和解している[26]
  • 2010年、イギリス情報局秘密情報部は、豊胸手術で胸部に爆弾を埋め込んだ女性の自爆テロに警戒するよう発表した。この乳房爆弾テロを検討しているのはアルカーイダ系の組織で、主に航空機のテロを狙っているという[27]
  • 2011年中国で豊胸手術をした30代の授乳期女性の豊胸バッグが破裂した。妊娠・出産で乳腺が発達しバッグを圧迫したものと見られている[28]
  • 2011年、ロシアで40歳の女性が夫婦喧嘩で夫に刺されたが、左胸の豊胸バックに当たり一命を取り留めた。[29]
  • 2011年10月長野県八ヶ岳の高級別荘地で豊胸手術痕のある男性の変死体が見つかり[30]警視庁は24日、交際相手の会社員を死体遺棄の容疑で逮捕した[31]

マンモグラフィー[編集]

手術後にマンモグラフィー検査を受けると、カテゴリー2(良性腫瘍)に分類される。

脚注[編集]

  1. ^ MENTOR社と乳房インプラントの歴史
  2. ^ FDA Labeling for Approved Breast Implants
  3. ^ FDA Saline-Filled Breast Implants
  4. ^ FDA Silicone Gel-Filled Breast Implants
  5. ^ a b 仏製豊胸シリコンバッグに安全問題=世界3位の豊胸大国・中国に飛び火―中国紙 『Record China』1月7日
  6. ^ 脂肪移植による豊胸術 吉村浩太郎 2006年8月
  7. ^ MENTOR社 製品情報
  8. ^ FDA Risks of Breast Implants
  9. ^ プラスウェルネス 検診へ行こう。
  10. ^ 豊胸手術と自殺率の関係~手術した女性は一般女性の3倍『U.S Frontline』2003年10月9日
  11. ^ The National Research Center for Women & Families
  12. ^ a b 危ない豊胸バッグ、創業者拘束=過失致死傷容疑で捜査-仏『時事通信』2012年1月26日
  13. ^ 仏政府、PIP社の豊胸インプラント摘出を指示へ 仏女性3万人が対象 『AFPBB News』 2011年12月21日
  14. ^ a b 女性用豊胸バッグ破裂の恐怖 欧州で大騒動、日本にも波及か『J-CASTニュース』2011年12月28日
  15. ^ 仏政府、3万人に豊胸材の摘出勧告 破裂の恐れ 『日本経済新聞』2011年12月23日
  16. ^ 仏、PIP社製シリコンバッグ摘出を 『JNN News』 2011年12月24日
  17. ^ 豊胸手術でがんに? =女性ら集団訴訟準備―英 『時事通信』 2011年12月22日
  18. ^ 破裂の恐れ…独も豊胸材摘出を勧告 仏、チェコに続き スポーツニッポン 2012年1月7日
  19. ^ 破裂恐れの仏社製豊胸材、オランダ企業が別ブランドで販売 『ロイター』2011年12月27日
  20. ^ 仏社創業者を国際手配=危険な豊胸バッグ製造-ICPO 『時事通信』 2011年12月24日
  21. ^ 豊胸材創業者は国際手配中 中米で飲酒運転し逃亡 ICPO 『産経新聞』2011年12月24日
  22. ^ PIP breast implant boss arrested in France『BBC News Europe』2012年1月26日
  23. ^ medical7.info
  24. ^ 東京都地方裁判所 裁判例情報 第11664号損害賠償請求事件
  25. ^ 病院側が看護婦に『無料の豊胸手術』を提案!? 2009年05月26日
  26. ^ pravda.ru
  27. ^ 「乳房爆弾」に英国警戒―自爆テロで豊胸手術利用の恐れ
  28. ^ 乳房で破裂…授乳期の母親、医師「豊胸手術リスクも考えて」=中国
  29. ^ ロシア新聞 モスコフスキー・コムソモーレツ
  30. ^ 死体遺棄:長野の男性遺体 豊胸手術の形跡と人魚の入れ墨(毎日新聞)
  31. ^ 長野男性遺体:遺棄容疑で交際相手の会社員を逮捕 毎日新聞社 2011.10.25

関連[編集]

外部リンク[編集]