高野人母美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ともみ
TOMOMI
プロフィール
別名 高野 人母美
高野 ともみ
生年月日 1987年6月12日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本東京都墨田区[1]
血液型 O型
民族 日本人
公称サイズ(2013年12月[2]時点)
身長 / 体重 177 cm / 50 kg
BMI 16
スリーサイズ 85 - 57 - 85 cm
カップサイズ D
股下 / 身長比 90 cm / 50.8 %
靴のサイズ 24.5 cm
備考 9頭身
活動
デビュー 高校在学中
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 プロボクサータレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

高野 人母美(たかの ともみ、1987年6月12日[3] - )は、日本の女子プロボクサーモデル。モデル活動時の芸名はTOMOMI東京都墨田区両国出身[1]。芸能事務所は株式会社オフィスコットン所属。ボクサーとしては協栄ボクシングジム所属。

経歴[編集]

5歳から9年間水泳、小学校6年間はサッカーを行う[3]。中学3年からはキックボクシングを始める[4]が、あくまで趣味のため試合経験はなかった[5]

立志舎高等学校在学中にグラビア活動を開始、同校卒業後にモデルデビューし、海外のファッションショーにも参加[3]。当初はアベニューワン所属、芸名は高野ともみだった[6]

2009年には「第4回アジアスーパーモデルコンテスト」に須川春輝(現:春輝モデルガールズ)とともに日本代表として参加[6]、6位入賞。

2010年、オフィスコットンに移籍、芸名もTOMOMIに改名。同年からはアマチュアボクシングを始める。

2011年6月、世界4大ミス・コンテストの一つである「ミス・アース」日本代表ファイナリスト23人の一人に選出[7]

2012年9月、「うそつきや泥棒が大嫌い」と警察官の採用試験を受験するも不合格だった[8][9][10]

2013年1月、日本ボクシングコミッション(JBC)C級ボクサーライセンスを取得。プロボクサーデビューを果たし、モデルと並行して試合に出場している。

2013年5月、「ミス・ツーリズム・インターナショナル」日本代表として中国入りして、「ミスチャーム」を受賞[11]

2013年10月よりTBS大久保じゃあナイト」へのレギュラー出演が決定[12]

2014年3月1日、東京ガールズコレクションへの出演が決定[13][14]

人物[編集]

  • 名前の由来は「人より母より美しく育って」という両親の想いから[3]
  • 毎朝6時に起きてお寺で座禅を組むのが日課[18]
  • 以前は腕立てが1回もできなかったが、協栄ジムに移籍してからは拳立て10回10セット、腹筋100回が日課[19]
  • プロボクサーとして現役でいる間は恋愛をしないと宣言したが[2][20]、実際は恋愛が成就したことがなく願望があることを明かしている[5]。また、大好きだった酒も断った[21]
  • 趣味は登山[2]とパワースポット巡り[23]
  • 2014年からは「苦手に挑戦しよう」とニシキヘビを飼い始めた[25]。CMでも大蛇に巻きつくシーンに挑戦した[26]

ボクシング活動[編集]

高野 人母美
Tomomi takano.JPG
試合前の高野人母美
基本情報
本名 高野 人母美(たかの ともみ)
通称 モデルボクサー
階級 スーパーフライ級
身長 177cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1987年6月12日(27歳)[3]
出身地 東京都墨田区[1]
スタイル 右ボクサーファイター[4]
プロボクシング戦績
総試合数 6
勝ち 5
KO勝ち 4
敗け 1
テンプレートを表示

アマチュア時代[編集]

友人の誘いで天笠尚の試合を観戦したのがきっかけとなり、2010年3月から天笠が所属する山上ボクシングスポーツジムに通いボクシングに転向[3][5][9]。「そのリーチの長さとスタイルがあれば世界で通用するよ」と周囲の薦めもあり[5][8]、さらに南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代にも刺激され[2]ロンドンオリンピックを目指しオリンピックに2度出場した三浦国宏より指導を受けた。

2010年10月、全日本女子選手権予選を兼ねた都大会に出場するが、1回戦後バンデージミスで失格となり敗退[27]

2011年12月の全日本女子選手権予選は発熱のため欠場[28]。ロンドンオリンピックへの道を絶たれ一度ボクシングを諦めたが、そこで会長からプロを勧められたため、「負けて泣くんだったら、勝って笑おう」と目標をプロボクサーへ転換する[5][8]

プロ時代[編集]

2012年11月、最初のプロテストは筆記こそ96点だったものの実技は評価されず不合格とされ、テスト後に一度会長にボクシングをやめると伝えた[4][8][9]

2013年1月、弟と行ったタイ旅行でムエタイジムに練習をさせてもらい、帰国後の再受験を決意[4]。1月30日、2度目のプロテスト受験で合格を果たす[29]。プロテストでは最初の相手をKOして、急遽前WBA王者天海ツナミが相手を務めた[9]

角海老宝石ボクシングジムにも出稽古しており、その縁で角海老主催興行のラウンドガールも務めている[30]

2013年4月6日、在日米軍キャンプ座間での興行(メインはチャーリー太田の東洋太平洋王座防衛戦)において最初に落ちたプロテストの時の相手だった大空ヒカル(アルファ)戦でプロデビュー[8][3][31]。階級はスーパーフライ級。ストレート、フックの連打を繰り出しわずか32秒でKO勝利してデビューを飾った[32]。この試合は「アスリート☆ジャポンUstreamチャンネル」にて太田のタイトル戦とともに生配信された。KO勝利に浮かれ食べ過ぎたため、一時体重は60kgまで増えてしまった[33]

5月19日の「ボクシングの日」イベントのトークショーに井上尚弥大橋)らとともに参加[11]。 第2戦は7月25日、初の後楽園ホールでの試合として角海老主催におけるセミとしてヨッカオ・ローエイシティジム(タイ王国の旗 タイ)と対戦(メインは藤本京太郎 vs オケロ・ピーターの日本ヘビー級王座決定戦)[34][35]。KO賞100万円もかけられた一戦は、13戦のキャリアを持つ相手に対して1回は重圧をかけて連打を繰り出したが、セミで戦う緊張から手数が減り消化不良となり左ジャブ中心の攻撃に終始して4回終了、3-0(40-36×2, 39-37)の判定で連勝こそ飾ったが、試合後にファンから容赦ない野次も飛んだ[8][36][37][38]。この試合は26日深夜にTBSテレビガッツファイティング」で藤本のタイトル戦、土屋修平 vs 中谷正義のノンタイトルとともに地上波放映された。

第3戦は9月30日に後楽園でのセミとしてこの試合がプロデビュー戦となるジプリン・デリーマ(フィリピンの旗 フィリピン)を迎え撃つ(メインはジェフリー・アリエンザ vs 伊藤雅雪のWBCユース世界ライト級王座決定戦)[39]。25cmの身長差がある相手に対してジャブとストレートで攻め立て、相手が横を向いたところをレフェリーが戦意喪失とみなし、前の試合の鬱憤を晴らす1回43秒レフェリーストップTKOで、プロ転向後3連勝[40][41][42]。TKOを告げるゴングが響いても何があったかわからず、会長に真顔で聞いて初めて勝利を知った[42]。試合翌日には「大久保じゃあナイト」のロケに挑んだ。

11月7日、協栄ボクシングジムへ移籍[43]金平桂一郎会長は「女子ボクシングがパワーで男子に劣るのは明白。それを乗り越えるにはキャラクターが必要になる」とする一方、美貌だけでなく恵まれた体型と秘めたパンチ力にも目を付け山上ジムに移籍を申し出、「世界王者12人を育てた協栄のノウハウでジム初の女子世界王者にし、女子ボクシングのけん引役を担いたい」とコメントした[44](同ジムでは過去に藤本りえ(現在はオートレーサー)が女子世界王座挑戦経験を有すが奪取に至った選手はまだいない)。

11月20日の佐藤洋太引退記念興行にて一三三摩利那(角海老宝石)とエキシビションを行う[45][44]。12月中旬までは勇利アルバチャコフを始めとする世界チャンピオン4人を育てたアレクサンドル・ジミンの指導を受ける[46]。ジムでは男子とのスパーリングを100回敢行した[47][48]

移籍初戦は12月31日、大田区総合体育館におけるダブル世界戦(WBAスーパーフェザー級・内山高志 vs 金子大樹、WBC同級・三浦隆司 vs ダンテ・ハルドン)アンダーカードとして大石久美(ワタナベ)と対戦する[49][50]。試合は1回からカウンターの右ストレートをヒットさせ、2回には「試合では初めて」だったという相手のパンチを顔面に受け鼻血を出すも攻撃の手を緩めず、連打が決まり相手がふらついたところで1分25秒レフェリーストップTKO勝利[51][52]。この勝利でB級(6回戦)昇格。

2014年2月21日、金子ジム興行(メインは同門白石豊土の再起戦)でエキシビション[53]。それまでエキシビションでは軽く流していたのを一変させ、デビュー前の選手をKO寸前まで追い込んだ[54]

3月24日、「第386回ガッツファイティング」(メインは元同門・天笠尚の東洋太平洋フェザー級王座防衛戦)にて初の6回戦として、アマチュア戦績40戦28勝12敗・プロ5勝2敗のクラーブカーオ・ポー・プリーチャー(タイ王国の旗 タイ)と対戦[15][13][55][56][14][25][53]。1回に右で2度のダウンを奪うと、2回には右ストレートからの左ボディで3度目のダウンでKOとしプロ5連勝[57][58]。ファイトマネーは男子日本王者クラスの100万円前後と設定されたが、試合内容が悪ければ受け取らない覚悟で挑む[59][60]。試合後「3万円でいいです」と申し出たものの、金平会長は期待を込めて60万は出すとコメントした[61]

6月24日に東洋太平洋スーパーフライ級1位のカイ・ジョンソン(T&H)と対戦すると4月30日に行われたアンダーアーマーCM発表会の席で明らかにした[62][63][64][65]。試合は3回に左フックでダウンを奪うも巻き返され、5回にショートパンチの連打を浴びレフェリーストップTKOでプロ初黒星を喫した[66][67]

スタイル[編集]

山上時代は前かがみ気味なクラウチングスタイルだったが、協栄移籍後は佐藤洋太のチーフトレーナーだった新井史朗により重心を後ろに移し、長身を活かして懐の深さを活用するアップライトに改造している[44][45]。新井は「リーチは武器。同じスーパーフライなのに、佐藤よりも長い。落ち下ろしのストレートも威力がある」と評した[68]

好きなボクサーとして自身がボクシングを始めるきっかけとなった天笠尚、井岡一翔、井上尚弥を挙げ、3人のいいとこどりを理想に掲げている[69]

モデルとボクサーの二足のわらじであるが、「顔がぐちゃぐちゃになるより負ける方がつらい」と顔をまったく気にせず、整形の覚悟も辞さないという[10][69][70]。スパーリングで青あざを作ることもある[71]。前所属の山上哲也会長はボクサーへの専念を打診したが、「ブランクを作ってしまうと辛いことを知っていますから」と拒否[72]。現所属の金平桂一郎会長は顔面に数千万円の保険を検討している[70]

計量パフォーマンス[編集]

山上時代、前日計量は至って普通であり、デビュー戦ではシンプルにスポーツブラとスパッツ姿だったが、後日「恥ずかしかった」とコメントした[73]

協栄移籍後は前日計量でパフォーマンスのサプライズを予告[73][74][75]。移籍初戦(プロ第4戦)は白のウェディングドレス姿で計量に現れた後、「お色直し」としてピンクと黒のビキニに着替えシリコン(豊胸パッド)を入れて90cmFカップにして計量に挑むが2度の計量ミス、パッドと髪飾りを外して3度目でパスした[76][77][78]。ウエディングドレスは「女性のあこがれは何かと考えたとき、ウエディングドレスだと思った。ボクシングが女性のあこがれるスポーツになるようにという気持ちを込めた」[79]、パッドは「シリコンをはめた状態で計量をクリアー出来ていたら、来年豊胸手術をしようと思っていた」[80]という。

プロ第5戦では黄金の全身タイツで現れるが、「顔が確認できない」とJBC関係者より計量を断られ、それを切り裂いて、ブラジャーの代わりにスポンサーの名前が入ったシールという姿で計量をパスした[71][81][82]。全身タイツを切り裂くパフォーマンスは「ウジウジした試合が続いているので、殻を破って生まれ変わる」という意味が込められており[81][82]、シールブラジャーは減量で苦しんだため軽くする意味で使用し、髪の毛も24g切ったという[82]

6戦目では借りてきたヘビを巻きつけて計量に登場[83]。一方、対戦相手のカイ・ジョンソンは「ボンビーガール」にちなみ黒いゴミ袋をかぶった[83]

戦績[編集]

  • アマチュア:4戦 4敗[3]
  • プロ:6戦 5勝 4KO 1敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2013年4月8日 1R0:32 KO 大空ヒカル(アルファ) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2013年7月25日 4R 判定3-0 ヨッカオ・ローエイシティジム タイ王国の旗 タイ
3 2013年9月30日 1R0:43 TKO ジプリン・デリーマ フィリピンの旗 フィリピン
4 2013年12月31日 2R1:25 TKO 大石久美(ワタナベ) 日本の旗 日本
5 2014年3月24日 2R0:33 KO クラーブカーオ・ポー・プリーチャー タイ王国の旗 タイ
6 2014年6月24日 5R1:12 TKO カイ・ジョンソン(T&H) 日本の旗 日本

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

ファッションショー[編集]

  • 両国国技館ヘアショー(2008年)
  • タダシインターナショナル 銀座ファー(2009年)
  • 大使館セレブファッションショー(2009年)
  • Hot Pepperビューティー2010
  • ヘアショー(2011年)
  • 道端アンジェリカファッションショー(2012年)
  • 銀座ディアナファッションショー(2012年)
  • THE BLACK SENSE FESTIVAL(2014年)
  • 東京ガールズコレクション(2014年)
  • 東京ガールズコレクション in FUKUSHIMA(2014年)

雑誌/モデル[編集]

  • Nikon 2009 撮影モデル
  • キャパ10月号(2011年)
  • 代官山ウェディング(2012年7月)
  • 東京ビッグサイトウェディング(2012年)
  • パリコレ・マスターマインド・ジャパン(2012年)
  • ベイビーバーン広告(2012年)

ラウンドガール[編集]

  • 日本フェザー級タイトルマッチ 天笠尚 vs 渡邉卓也(2012年7月20日)
  • 日本ライト級タイトルマッチ 加藤善孝 vs 鈴木悠平(2013年2月25日)
  • 日本ウェルター級タイトルマッチ 高山樹延 vs 尹文鉉(2013年3月25日)
  • WBA女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ 山口直子 vs 藤岡奈穂子(2013年11月13日)[44]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “墨田区出身の「9頭身」女子プロボクサーが年末に第4戦-モデルと兼業”. すみだ経済新聞. (2013年12月20日). http://sumida.keizai.biz/headline/340/ 
  2. ^ a b c d e 、2013、「女性アスリートの現在地2 高野人母美(プロボクサー・26) 明日のための、その一。」、『FRIDAY SPECIAL』'13年総集編、講談社 pp. 32-33
  3. ^ a b c d e f g h “9頭身現役モデルボクサー 高野人母美4・6デビュー”. スポーツニッポン. (2013年3月6日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/03/06/kiji/K20130306005330940.html 
  4. ^ a b c d スーパーモデルのボクシング道 殴られたら殴り返す。モデルボクサー高野人母美に聞くボクシング道①”. Athlete Journal. 2013年9月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e “9頭身の美人モデルボクサー、TOMOMI(高野人母美)がプロ5戦目に挑む!”. 週プレNEWS. (2014年3月23日). http://wpb.shueisha.co.jp/2014/03/23/26404/ 
  6. ^ a b “2009アジアスーパーモデルコンテストのご報告” (プレスリリース), 一般社団法人日本モデルエージェンシー協会, (2009年8月1日), http://www.j-m-a-a.com/topics/news/asia-supermodel-contest2009-result.html 
  7. ^ “ミス・アース日本代表、ファイナリスト23名が“美の競演””. livedoor. (2011年6月9日). http://news.livedoor.com/article/image_detail/5620746/?img_id=1972281 
  8. ^ a b c d e f “モデルと女子ボクシング 二刀流は成立するか?”. THE PAGE. (2013年9月20日). http://thepage.jp/detail/20130920-00000004-wordleafs 
  9. ^ a b c d “9頭身現役モデル 高野人母美4・6デビュー”. 毎日新聞. (2013年3月6日). http://mainichi.jp/sponichi/news/20130306spn00m050013000c.html 
  10. ^ a b “ボクシング:女子スーパーフライ級 モデルボクサー4連勝”. 毎日新聞. (2014年1月1日). http://mainichi.jp/sports/news/20140101k0000m050057000c.html 
  11. ^ a b “モデルボクサー高野ドレス姿 スターと共演うれしい”. スポーツニッポン. (2013年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/05/20/kiji/K20130520005841240.html 
  12. ^ “モデルボクサー高野 プロ3連勝へ 鼻折っても打ち合う”. (2013年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/09/30/kiji/K20130930006716100.html 
  13. ^ a b “美人ボクサー高野 東京GCモデル出演”. デイリースポーツ. (2014年2月24日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/02/24/0006733241.shtml 
  14. ^ a b “人母美「TGC」出演決定 ボクサー初の快挙”. スポーツニッポン. (2014年2月25日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/02/25/kiji/K20140225007660890.html 
  15. ^ a b “モデルボクサー高野「今年は成長する年」”. 日刊スポーツ. (2014年1月8日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140108-1241279.html 
  16. ^ 初詣 2014年1月3日
  17. ^ 「“二刀流”新星美女アスリート24人」『FLASH』2013年7月9日号 No.1244 P49 光文社
  18. ^ “9頭身モデルボクサーは“僧侶なみ”私生活”. 東京スポーツ. (2013年11月16日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/204939/ 
  19. ^ “モデルボクサー高野人母美 大みそか激勝宣言”. 東京中日スポーツ. (2013年12月13日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/battle/news/CK2013121302000155.html 
  20. ^ モデルとは言わせない 〜プロボクサー 高野人母美さん〜”. 武蔵野新聞. 2014年1月1日閲覧。
  21. ^ “モデルと女子ボクシング 二刀流は成立するか?”. THE PAGE. (2013年9月20日). http://thepage.jp/detail/20130920-00000004-wordleafs?page=2 
  22. ^ “鈴木拓 美人ボクサーに毒舌ツッコミ”. デイリースポーツ. (2013年11月29日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/11/29/0006535728.shtml 
  23. ^ “モデルボクサー 年内タイトル挑戦の前に東京ガールズコレクション出演”. THE PAGE. (2014年2月24日). http://thepage.jp/detail/20140224-00000003-wordleafs?page=2 
  24. ^ ラジオ生放送
  25. ^ a b c “高野人母美が本社来訪”. 中日スポーツ. http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/battle/news/CK2014020602000166.html 
  26. ^ “”美人すぎる”ボクサー高野「Tバック50枚持ってます」”. サンケイスポーツ. (2014年4月30日). http://www.sanspo.com/sports/news/20140430/box14043015580002-n1.htmll 
  27. ^ 日本体育大学ボクシング部. “☆女子選手権大会の結果報告です☆”. 2013年3月5日閲覧。
  28. ^ 全日本女子選考会”. 2013年3月5日閲覧。
  29. ^ “プロボクサー テスト合格発表” (PDF) (プレスリリース), 日本ボクシングコミッション, (2013年1月30日), http://www.jbc.or.jp/web/test/2013/01f.pdf 
  30. ^ “一足先にリングデビュー ビキニ姿でラウンドガール”. スポーツニッポン. (2013年3月6日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/03/06/kiji/K20130306005331010.html 
  31. ^ 勝又洋. “PACIFIC BOXING SHOWDOWN IN CAMP ZAMA VOL.II”. 2013年3月5日閲覧。
  32. ^ “モデル・ボクサー高野32秒KOでデビュー”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年4月6日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/04/32.html 
  33. ^ スーパーモデルのボクシング道 殴られたら殴り返す。モデルボクサー高野人母美に聞くボクシング道(完)”. Athlete Journal. 2013年12月19日閲覧。
  34. ^ “モデルボクサーの高野 7・25「聖地」で京太郎とWメーン”. スポーツニッポン. (2013年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/05/17/kiji/K20130517005817740.html 
  35. ^ “モデルボクサー高野、2戦連続KOなら100万円!”. スポーツニッポン. (2013年6月28日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/06/28/kiji/K20130628006101400.html 
  36. ^ “藤本がKOでピーター下す 日本ヘビー級決定戦”. ボクシングニュース. (2013年7月25日). http://boxingnews.jp/news/4820/ 
  37. ^ “モデルボクサー人母美は判定勝ち、KO賞100万円逃す”. スポーツニッポン. (2013年7月26日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/07/26/kiji/K20130726006295400.html 
  38. ^ “モデルの高野が判定勝ち/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年7月26日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130726-1163205.html 
  39. ^ “モデルボクサー高野 打ち合い歓迎!ミスコンも次戦も勝つ”. スポーツニッポン. (2013年9月21日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/09/21/kiji/K20130921006657340.html 
  40. ^ “山田紗暉はTKOで敗れる 高野は3連勝【試合結果】山田紗暉vsハニー・カツマタ ☆ 9.30 FIL-JAPAN BOXING FESTIVAL Vol. III 後楽園ホール”. Lady Go!. (2013年9月30日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8051949.html 
  41. ^ “伊藤がWBCユース・ライト級タイトル獲得”. ボクシングニュース. (2013年9月30日). http://boxingnews.jp/news/6736/ 
  42. ^ a b “43秒TKO勝利のモデルボクサーの闘争心”. THE PAGE. (2013年9月30日). http://thepage.jp/detail/20130930-00000004-wordleafs 2013年12月14日閲覧。 
  43. ^ “美人モデルボクサー高野が協栄電撃移籍”. デイリースポーツ. (2013年11月8日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/11/08/0006480373.shtml 
  44. ^ a b c d “モデルボクサー高野が協栄ジムに移籍”. Boxing News. (2013年11月14日). http://boxingnews.jp/news/8164/ 
  45. ^ a b “美人ボクサー高野人母美、移籍会見”. デイリースポーツ. (2013年11月14日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/11/14/0006496291.shtml 
  46. ^ “ラウンドアップ”. Boxing News. (2013年11月27日). http://boxingnews.jp/news/8626/ 
  47. ^ “高野人母美、見事な腹筋を披露”. デイリースポーツ. (2013年12月18日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/12/18/0006580238.shtml 
  48. ^ “モデルボクサー高野 男と100回スパー”. 日刊スポーツ. (2013年12月19日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20131219-1233273.html 
  49. ^ “モデルボクサー人母美 大みそかに協栄ジム移籍初戦”. スポーツニッポン. (2013年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/11/21/kiji/K20131121007053120.html 
  50. ^ “美人モデルボクサーが大みそか移籍初戦”. デイリースポーツ. (2013年11月21日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/11/21/0006513520.shtml 
  51. ^ “美女モデル高野がTKO勝ちで4連勝”. デイリースポーツ. (2013年12月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/12/31/0006608168.shtml 
  52. ^ “モデルボクサー高野KO勝ち/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年12月31日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20131231-1238310.html 
  53. ^ a b “モデルボクサー高野3・24対戦相手が決定”. 日刊スポーツ. (2014年2月23日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140224-1262162.html 
  54. ^ “人母美、東京ガルコレ出演”. 中日スポーツ. (2014年2月25日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/battle/news/CK2014022502000182.html 
  55. ^ 高野人母美・次回試合決定!”. 東京・新宿 協栄シェイプボクシングスタジオのスタッフブログ. 2014年1月16日閲覧。
  56. ^ “モデルボクサー高野、今年は“9対1”でボクシング”. Boxing News. (2014年1月8日). http://boxingnews.jp/news/9948/ 
  57. ^ “美人モデルボクサー高野人母美が5連勝”. デイリースポーツ. (2014年3月24日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/03/24/0006805591.shtml 
  58. ^ “モデルボクサー高野KO勝ちでプロ5連勝”. 日刊スポーツ. (2014年3月24日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140324-1274933.html 
  59. ^ “モデルボクサー人母美 次戦ファイトマネー破格100万円”. スポーツニッポン. (2014年1月9日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/01/09/kiji/K20140109007349150.html 
  60. ^ “人母美、次戦ファイトマネー100万円”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20140109-1241543.html 
  61. ^ “モデル高野2回KO勝利で60万円超ゲット”. 日刊スポーツ. (2014年3月25日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20140325-1275099.html 
  62. ^ 、2014、「HOPE美女2014 SPRING」、『週刊プレイボーイ』No.19・20、集英社 pp. 28
  63. ^ “モデルボクサー高野人母美「私はは常にTバックです!」”. 東京スポーツ. (2014年4月30日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/261930/ 
  64. ^ “モデルボクサー人母美 ウエアは「常にTバック」”. スポーツニッポン. (2014年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/05/01/kiji/K20140501008074460.html 
  65. ^ “高野人母美がCM初出演「楽しめた」”. デイリースポーツ. (2014年5月1日). http://www.daily.co.jp/ring/2014/05/01/0006923004.shtml 
  66. ^ “モデルボクサー高野、ダウン奪うもプロ初黒星”. Boxing News. (2014年6月24日). http://boxingnews.jp/news/15214/ 
  67. ^ “美人ボクサー高野 TKOで初黒星”. デイリースポーツ. (2014年6月24日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/06/24/0007083788.shtml 
  68. ^ “9頭身ボクサー高野が世界取りへ”. 東京中日スポーツ. (2013年11月15日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/battle/news/CK2013111502000171.html 
  69. ^ a b “43秒TKO勝利のモデルボクサーの闘争心”. THE PAGE. (2013年9月30日). http://thepage.jp/detail/20130930-00000004-wordleafs?page=2 2013年12月14日閲覧。 
  70. ^ a b “【BOX】9頭身モデルボクサー高野、顔面保険数千万!”. スポーツ報知. (2013年12月13日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20131213-OHT1T00012.htm 
  71. ^ a b “モデル高野シールブラジャー姿で計量パス”. 日刊スポーツ. (2014年3月23日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140323-1274381.html 
  72. ^ “43秒TKO勝利のモデルボクサーの闘争心”. THE PAGE. (2013年9月30日). http://thepage.jp/detail/20130930-00000004-wordleafs?page=3 
  73. ^ a b “【BOX】9頭身モデルボクサー・高野、コスプレ計量を予告”. (2013年12月19日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20131218-OHT1T00192.htm 
  74. ^ “モデルボクサー高野がサプライズ予告”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/ring/2013/12/19/0006581549.shtml 
  75. ^ “モデルボクサー高野 大胆予告 前日計量で「サプライズを」”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/12/19/kiji/K20131219007227040.html 
  76. ^ “モデルボクサー高野 計量でドレス姿”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20131230-1237899.html 
  77. ^ “美人ボクサー、セクシー計量で悩殺”. デイリースポーツ. (2013年12月30日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/12/30/0006606339.shtml 
  78. ^ newspaper=スポーツニッポン “D→Fカップ“増量”も…高野人母美 あわや計量オーバー”. (2013年12月31日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/12/31/kiji/K20131231007296360.html newspaper=スポーツニッポン 
  79. ^ “モデルボクサー高野、胸のシリコン外して計量パス”. Boxing News. (2013年12月30日). http://boxingnews.jp/news/9733/ 
  80. ^ “【ボクシング】モデルボクサー、豊胸シリコンを外し計量パス”. eFight. (2013年12月30日). http://efight.jp/news-20131230_26728 
  81. ^ a b “モデルボクサー高野、全身タイツ切り裂き公開計量/BOX”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/sports/news/20140323/box14032317160000-n1.html 
  82. ^ a b c “モデルボクサー高野人母美、黄金タイツから脱皮”. Boxing News. http://boxingnews.jp/news/12014/ 
  83. ^ a b “モデルボクサー高野がヘビと計量”. Boxing News. (2014年6月23日). http://boxingnews.jp/news/15181/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]