手島優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
てじま ゆう
手島 優
プロフィール
別名 手嶋 ゆう(旧芸名)
愛称 てじー
てじま
生年月日 1982年8月27日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本栃木県足利市
血液型 A型
公称サイズ(2013年[1]時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
スリーサイズ 95 - 58 - 86 cm
カップサイズ I
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2004年?
ジャンル グラビアタレント
モデル内容 一般、水着
他の活動 女優
その他の記録
ヤングジャンプ「ぷるるん選手権」初代チャンピオン(2004年)
日テレジェニック2008
ZAK THE QUEEN 2008年度グランプリ
モデル: テンプレート - カテゴリ

手島 優(てじま ゆう、本名非公表、1982年8月27日 - )は、日本グラビアアイドルタレント女優

栃木県足利市出身[2][3]プラチナムプロダクション所属(以前は、ツーウィン[4])。旧芸名:手嶋 ゆう。かつては1984年生まれとしていた[5]が、2012年に年齢詐称していたことを明かした(詳細は、後述参照)。

来歴

栃木県足利市で2兄の末娘として生まれる。実家は「手焼せんべい八幡屋」[6][7](八幡屋[8][9])という煎餅[10]足利市立山辺中学校卒業[11]群馬県の私立高校[12][13]卒業。

幼い頃から芸能界に憧れて、10歳の時に劇団に入って活動する[14]。一方で、様々なオーディションを受けていた[15]。中学生の頃はお笑い芸人を目指して、同級生の女子とコンビを組んでいたことがあったが、相方に彼氏が出来たという理由でコンビは解散したという[14]。高校時代には、自薦でプロダクションに入り、約3年間[12]エキストラとして活動していた[16]。この当時、テレビドラマ名探偵保健室のオバさん』に体育館で立っているシーンへ出演していたことを明かしている[16]

その後、グラビア活動を開始(開始した時期・年齢について、その都度食い違う場合がある。『週刊アサヒ芸能』2006年9月28日号に掲載されたプロフィールでは「2004年、短大を卒業後に極上ボディを引っさげグラビアデビュー」[17][注釈 1]としているが、『週刊アサヒ芸能』2011年10月20日号に掲載されたテリー伊藤との対談ではテリーからグラビア活動開始時期を問われ「19歳の頃に東京の短大へ進み、グラビア活動を開始した」[注釈 2]という旨の発言をしている[16]。2012年の実年齢公表時、21歳[注釈 3]でデビューしたことを明かしている)。2004年、ヤングジャンプ「ぷるるん選手権」読者投票1位を得て、初代グランプリを受賞[18]

2006年7月台湾台北市で行われた国際的イベントに出演した際「最も美しい理想的なバスト賞」を受賞し、現地メディアに多数取材をされ、台湾などでテレビ放映もされた。

2007年2月、「手嶋ゆう」から「手島優」に改名沖縄県出身の知人に姓名判断をしてもらい、開運名を検討したことに基づく。

2008年3月、所属事務所をプラチナムプロダクションへ移籍することを公式ブログで発表した[19]6月日テレジェニック2008に選ばれ、8月の北京オリンピックのサポーターガールを務める。12月、『ZAKZAK』(夕刊フジ産業経済新聞社)のアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2008」 でグランプリを受賞。

2009年R-1ぐらんぷり予選出場(1回戦突破)。

2010年6月、北條まみMAOとユニット「爆乳ヤンキー」を結成。10月11日には、地元足利市で行われた「第30回記念足利市民スポーツフェスティバル」で一日市長を務めた[7]

2011年4月1日に足利市の観光大使に任命された。

2012年7月29日、同日放送のテレビ番組『サンデージャポン』にて、プロフィール上の年齢を実際より2歳下にしていたことを告白[20][21][22][23][24]。年齢詐称であることを明かした。これについて、前所属事務所時代の21歳(デビュー時[22][23][24])に、(事務所スタッフから[23])「グラビアは10代じゃないと」と言われた事に対し「2歳ぐらいサバ読ませてください」と言った事[25][22][23][24]、グラビアの仕事で自ら申し出たという事[20]が報じられている。番組では、事務所の先輩である岩佐真悠子に以前から相談した事を明かし、「30の節目だし、言おうと思った」と語った[22]。その後、公式プロフィールの生年は訂正された[注釈 4]

これにより、日テレジェニックに選ばれた年のミスマガジンフットサル賞に受賞した野口綾子と北京オリンピック民放キャンペーンのフジテレビ代表の平井理央アナウンサー(当時)とは同学年となる。

人物

キャッチコピーは「愛がいっぱい I カップ。」[26]。チャームポイントは[27]。左胸と右あごに、特徴的なホクロがある。自称「ド変態のドエロ」[28]

趣味特技は、料理栄養士免許取得)と水泳(12年)、書道(五段)、マーチングバンド(金管楽器スーザフォン)。特に水泳は、3歳からスイミングスクールで習っており、ジュニアオリンピック候補生だった。得意な種目は自由形[29]

テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』の企画「アイドルにおっぱいを見せてもらおう」(2008年10月22日放送回)にて執拗に胸を見せろと迫るMCらから逃れるため部屋から脱出しようと走り出したが全身鏡に映る景色を通路と見間違え、鏡に正面衝突する瞬間をカメラに撮られている。

自分が所属しているユニット『爆乳ヤンキー』の話が来た時、正直言って嫌だった、と語った[30]

2010年4月6日放送の『ロンドンハーツ 女芸人が選んだ この男の彼女になりたいGP』では、R-1グランプリへの出場経験があることからお笑い芸人として投票に参加。千原ジュニアに投票し、「私の中で理想的な男」とコメントした。

活動リスト

出演

テレビ番組

情報・バラエティ
テレビドラマ

CM

映画

ラジオ番組

インターネット番組

携帯サイト

ゲーム

オリジナルビデオ

舞台

  • 山田ジャパン番外公演 東京ミーコ#1「いい嘘、悪い嘘」(2012年8月29日-9月2日、ウッディーシアター)

リリース作品

写真集

イメージDVD

  • IMPULSE(2004年7月23日、イーネットフロンティア
  • YOU& I(2004年12月17日、竹書房
  • pure peach(2005年4月10日、イーネットフロンティア)
  • EIGHT(2005年7月22日、レイフル)
  • Deep Kiss 乙女…(2006年6月23日、ぶんか社)
  • With you(2007年6月30日、ペイ・パー・ビュー・ジャパン)
  • I がいっぱい(2007年3月23日、フォーサイド・ドット・コム
  • 癒しの女神(2007年9月28日、フォーサイド・ドット・コム)
  • 日テレジェニック2008 手島優 Hot Lips(2008年9月26日、VAP
  • BIG LOVE (2009年8月28日、スパイスビジュアル
  • 優手島の〇〇な女 (2010年1月28日、アドバンスエージェンシー
  • ユウ×ワク(2010年7月20日、ラインコミュニケーションズ
  • ナ・イ・ショ(2010年10月22日、イーネット フロンティア)
  • てじーなう(2011年2月20日、ワニブックス)
  • いけない?日常(2011年12月15日、ラインコミュニケーションズ)
  • あなた好み(2011年12月15日、ラインコミュニケーションズ)

雑誌

連載
  • リレーコラム 姫ゴコロ(『週刊実話』。3人の女性タレントがローテーションで担当。2010年12月2日号より)
  • 栃木県足利市フリーマガジン『COMPANY?』

注釈

  1. ^ 生年月日は1984年8月27日としていたため、これに照らし合わせた場合、19-20歳のデビューという事になる。
  2. ^ 短大進学の年齢と『週刊アサヒ芸能』2006年9月28日号掲載のデビュー年が重なる。
  3. ^ 実年齢と『週刊アサヒ芸能』2006年9月28日号掲載のデビュー年が重なる。
  4. ^ ただし、詐称前から続く『週刊実話』の隔週連載コラムでは2013年10月17日号掲載分まで訂正されなかった(カバーガールとなった2013年2月14日特大号でも、巻末のカバーガールを紹介するグラビア内プロフィールでは訂正されたが、コラム内プロフィールは訂正されなかった)。2013年11月7日号掲載分より訂正。

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ プラチナムプロダクション. “手島優プロフィール”. 2013年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  2. ^ 足利市公式ホームページ内同市観光大使任命告知記事
  3. ^ 一日市長に手島優さんが就任 - 足利市公式ホームページ2012年10月12日付ニュース。10月11日、同年度の一日足利市長へ就任したことが伝えられている。
  4. ^ 参考:2007年10月当時のブログ『ぴよぴよ日記』 - インターネットアーカイブ2007年10月13日付保存キャッシュ
  5. ^ 外部リンク(スポニチグラビアアイドルレポート)などを参照。
  6. ^ 2011年6月16日放送回『とちぎ発!旅好き!』で紹介した。参考リンク:とちぎテレビウェブログ内放送後記(店の写真を参照。写真以外では「手焼きせんべい 八幡屋」と表記)
  7. ^ a b 栃木よみうり「栃よみWEB」内号外ニュースバックナンバー2010年10月分より、10月12日付記事『足利出身のアイドル手島優さんが「一日市長」に 』を参照。
  8. ^ 『厳選いい宿』(テレビ東京で紹介された宿の予約サイト)内栃木県〜小山・栃木・佐野・足利の観光ガイドより、2011年5月14日テレビ東京で放送の『出没!アド街ック天国』で紹介された「八幡屋(足利)」の情報を参照。
  9. ^ 『週刊アサヒ芸能』2011年10月20日号掲載『天才テリー伊藤対談「オフレコ厳禁」』連載第724回。参考リンク:テリー伊藤 対談 手島優(4)手島は誰かに騙されてる! - 『アサ芸プラス』2011年10月21日付記事
  10. ^ 『週刊アサヒ芸能』2006年9月28日号モノクログラビア面掲載『巨乳倶楽部へようこそ! 人気グラドルぷるるんインタビュー』連載第18回「手嶋ゆう」より、「私の実家、栃木で老舗のおせんべい屋さんなんですよ」との発言あり。
  11. ^ 2010年8月21日放送回『第6回さんま&くりぃむの芸能界(秘)個人情報グランプリ』の企画「花開いてよかった卒業アルバム部門(女性編)」より [出典無効]
  12. ^ a b 『週刊アサヒ芸能』2011年10月20日号掲載『天才テリー伊藤対談「オフレコ厳禁」』連載第724回。参考リンク:テリー伊藤 対談 手島優(1)電車に乗れば「来た!巨乳」 - 『アサ芸プラス』2011年10月18日付記事。 ※「群馬県の私立高校」に通っていたことが語られている。
  13. ^ 手島優オフィシャルブログ『ぴよぴよ日記』 (2008年1月23日). “お答えします♪〜その17〜”. 2010年8月22日閲覧。 ※私立高校に通っていたという旨の記述あり。
  14. ^ a b 光文社FLASH」2013年3月19日号(60 - 61ページ)より。
  15. ^ 2009年5月15日放送回『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。[出典無効]
  16. ^ a b c 『週刊アサヒ芸能』2011年10月20日号掲載『天才テリー伊藤対談「オフレコ厳禁」』連載第724回。参考リンク:テリー伊藤 対談 手島優(2)売れるまでは何やってた? - 『アサ芸プラス』2011年10月19日付記事
  17. ^ モノクログラビア面掲載『巨乳倶楽部へようこそ! 人気グラドルぷるるんインタビュー』連載第18回「手嶋ゆう」掲載のプロフィールより引用。
  18. ^ ほんわか癒し系なのに迫力ボディ! 手島優が“I”を見せつける! - RBB TODAY(2009年5月11日20時11分配信)より、"ヤングジャンプ「グラビアぷるるん選手権」の初代グランプリ受賞"という記述あり。
  19. ^ 手島優オフィシャルブログ『ぴよぴよ日記』 (2008年3月3日). “今日はひな祭り♪”. 2008年7月26日閲覧。
  20. ^ a b 『デイリースポーツ』2012年7月30日付19面12版
  21. ^ 手島優が年齢サバ読み告白!来月30歳に - 『デイリースポーツ online』芸能速報2012年7月29日
  22. ^ a b c d 手島優、年齢2歳サバ読んでいた 生放送で告白「来月で30歳に」 - 『ORICON STYLE』ニュース2012年7月30日
  23. ^ a b c d 手島優 年齢2歳サバ読みを告白!本当は29歳 - 『スポニチアネックス』2012年7月30日
  24. ^ a b c 手島優、2歳さば読み告白「来月30歳です」 - 『SANSPO.COM』2012年7月30日(インターネット・アーカイブ2012年8月1日付保存キャッシュ)
  25. ^ 手島優が年齢サバ読み告白!来月30歳に(2) - 『デイリースポーツ online』芸能速報2012年7月29日。同ウェブ記事では、「23歳」となっているが、誤り。
  26. ^ 外部リンク(プラチナムプロダクション公式サイト内プロフィール)を参照。
  27. ^ 2008年4月29日放送回『神さまぁ〜ず』の企画「インスタント女王様」出演時に発言。 [出典無効]
  28. ^ 『週刊アサヒ芸能』2011年10月20日号掲載『天才テリー伊藤対談「オフレコ厳禁」』連載第724回「手島優」より、「資料には自称ド変態のドエロって書いてあるけど、手島は変態なの?」というテリーによる発言あり。参考リンク:テリー伊藤 対談 手島優(3)本当の私は全然チラャくない! - 『アサ芸プラス』2011年10月20日付記事
  29. ^ スクランブルエッグ (2008年7月21日). “日テレジェニック2008(奈津子、秋山優、橘麗美、浜崎慶美、手島優)披露水着記者会見”. 2008年10月24日閲覧。
  30. ^ 2011年3月9日、テレビ東京、ゴッドタン [出典無効]
  31. ^ 『PSP「クロヒョウ 龍が如く新章」手島優さん、星あやさん、中村アンさんが出演決定!』 2010年06月10日 ゲームラビット [リンク切れ]

参考資料

  • 週刊アサヒ芸能』バックナンバー
    • 2006年9月28日号モノクログラビア面掲載『巨乳倶楽部へようこそ! 人気グラドルぷるるんインタビュー』連載第18回「手嶋ゆう」(目次では『巨乳倶楽部 手嶋ゆう』)
    • 2011年10月20日号掲載『天才テリー伊藤対談「オフレコ厳禁」』連載第724回「手島優」(同誌の公式ウェブサイト『アサ芸プラス』でも、全4回に分けて掲載)
  • 各種外部リンク

関連項目

外部リンク