KABA.ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かばちゃん
KABA.ちゃん
本名 椛島 永次
かばしま えいじ
生年月日 1969年6月19日(45歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県福岡市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 A型
職業 タレント振付師
ジャンル バラエティ音楽
活動期間 1996年 - 現在
活動内容 歌手グループ「dos」元メンバー
事務所 プラチナムプロダクション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
振付作品
SMAP世界に一つだけの花
安室奈美恵Body Feels EXIT」「Chase the Chance」他
テレビ番組
笑っていいとも!」「もしもツアーズ」他

KABA.ちゃん(カバちゃん[1]1969年(昭和44年)6月19日 - )は、日本タレント振付師。本名、椛島 永次(かばしま えいじ)。

福岡県福岡市出身。プラチナムプロダクション所属。以前はジールアソシエイツアンセムに所属していた。

熊本県立熊本北高等学校中退。小室哲哉プロデュースの元dosのメンバー。安室奈美恵華原朋美SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」の振付師としても有名である。身長172cm

人物[編集]

兄弟・姉、長男、次男(KABA.ちゃん)、三男

来歴[編集]

高校中退後、世界トップレベルで学びたいとニューヨークへのダンス留学を決意、NYに単身渡米し、ハリウッドスターも通う一流ダンス教室で学ぶ。この時、同居男性に600万円を貢ぐものの相手に香港人の彼氏ができてしまう。

1996年(平成8年)、小室哲哉がプロデュースする三人組のダンスユニット・dosのメンバーとして『ASAYAN』(テレビ東京)からデビュー。dos結成以前から現在まで振付師としても活躍している。安室奈美恵の小室プロデュース初期のヒット曲のほとんどや、『SMAP×SMAP』の歌コーナー・コンサートツアーの振り付けなどを担当、シングルでは2003年(平成15年)に発売されたSMAPの代表曲『世界に一つだけの花』の振付も担当した。

dos時代、話すと口調で同性愛者であることがわかってしまうため事務所サイドから緘口令を敷かれていたという。『ASAYAN』でのオーディションの合否を自宅に伝えに行くVTRの中でも、当時付き合っていた男性との同居先にスタッフが出向いたが、テロップでは兄と一緒に住んでいる自宅と書かれた。また『笑っていいとも!』の名物コーナー「テレフォンショッキング」にも、他のメンバー(taecoasami)は出演したが、本人だけ「風邪」という理由で欠席した。だが、数年後にはdosとしてではなく「SMAPの振付師」という肩書きでそのまま出演するようになり、2005年(平成17年)3月23日までは『笑っていいとも!』の隔週水曜レギュラーとなった。

2001年(平成13年)に、BSフジで放送された『鈴木あみのアイドルダウンロードショー』では本名の椛島永次でゲスト出演。その後、出演アイドルに振り付けを教える企画で、アイドルにで厳しく指導するシーンが放送された。

2002年(平成14年)頃、『踊る!さんま御殿!!』などのバラエティ番組にてゲイであることをカミングアウトし、以降『笑っていいとも!』の水曜日の隔週レギュラーになるなど、バラエティ番組に次々と進出する。

2004年(平成16年)7月7日に、タレント千秋とのデュエットCD『つらいね赤ちゃん!/最近ハヤリのメイク歌』を「千秋 with KABA.ちゃん」のアーティストネームでリリースした。「最近〜」は、アニメ『とっとこハム太郎』のエンディング曲になっていた。

2005年(平成17年)2月18日放送のフジテレビ金曜エンタテイメント『おかしな二人 〜伊豆・天城越えオネエ旅 女郎蜘蛛伝説殺人事件〜』で筧利夫テレビドラマで共演し、ドラマ初出演で主役を務めた。

芸能界での一番の親友は光浦靖子(次いで相田翔子辺見えみりや前述の千秋など)。野沢直子も、『かばこは私の大切な親友の一人』と自身のブログ内で語っている。

現在は振付師、タレント活動の他、to be candidateというゲイだけのユニットに携わっており、プロデューサーとして育成中。

テレビ出演の際はカラフルな色の衣装を着用する事が多く、ブランドとしてはルシアンペラフィネトゥモローランドツヨシエトワールなどが多い。近年は過剰なサイズのカツラをつけて登場することもある。

2014年10月5日放送の『ウチくる!?』の放送の中で去勢したこと明らかにした[2]。また性同一性障害者特例法に基づき戸籍変更を行う意向もあると発表した[3]

エピソード[編集]

  • 以前、現在お笑い芸人であるマイケルにダンスを教えていた。当時、マイケルに本気で恋してしまい告白したが振られた。その後KABA.ちゃんは、マイケルに対する態度を豹変、スパルタ指導を繰り返し、結果、マイケルはダンサーとしての将来に不安を感じ、芸人に転じた。
  • 母親は放浪癖があり何度も家出している。KABA.ちゃんは大人になった今でも幼い頃母親が家出をしたことがかなりのトラウマになっている。
  • KABA.ちゃんが子供の頃に母親は男性と駆け落ち、現在になって「老後が心配」という事で実家に戻った。とある全国ネットの番組の実家訪問コーナーでKABA.ちゃんの実家が放映された際にKABA.ちゃんはいつもの陽気な感じで兄弟や父親を紹介するも、KABA.ちゃん本人が撮影するホームビデオに母が映ったのは一瞬であった。
  • 後に「とんねるずのみなさんのおかげでした」のワンコーナー「とんねるずを泊めよう」において、とんねるずの尽力もありKABA.ちゃんの家族は和解した。また、KABA.ちゃんには姉がおり「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「モジモジ君」にも出演した事がある。以前は葬儀屋に勤務していたが、「とんねるずを泊めよう」で全国ネット規模で顔が割れてしまった事から「笑いは葬儀屋に似つかわしくない」として解雇されてしまった。
  • SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」の振付は女子トイレの鏡を見て考えたと本人が話している。
  • 公式ブログには、以前レイザーラモンHGとのツーショットが掲載されていた。
  • 中日ドラゴンズの投手、佐藤充が「カバちゃん」と呼ばれるほどに自分に似ていることについて、2006年6月21日付の中日スポーツの一面で「自分も(佐藤投手が自分に)似ていると思っていた。佐藤投手には一度お会いしてお話したい」と語り、交流戦での彼の活躍を称えるとともに佐藤投手にエールを贈った。
  • 女性に耳を触られるのがとても嫌いである。ダウンタウンDXにおいて、熊田曜子が話の流れで、隣に座っていたKABA.ちゃんの耳たぶを触ろうと手をのばした瞬間、真顔で「テメェ触んじゃねえよ!」と叫んで熊田の手を払いのけ、あまりの拒否反応ぶりで共演者を驚かせた。
  • 「世界に一つだけの花」の影響か、男女問わず振り付けをしていると思われがちだが、実際は女性歌手への振り付けが多い。本人曰く「女の子専門だから」らしい。[4]
  • お尻のレーザー脱毛中に出力を上げ過ぎて火傷した。[5]
  • 普段はオネエキャラだが振付を指導するときは厳しい。
  •  最近はよくひな壇芸人に混ざりバラエティに出演している。オネエ関連の際は必ずと言っていいほど呼ばれている。
    • NHK教育テレビで放送されている教育番組『天才てれびくん』の企画で「なりきりシンガーズ」(てれび戦士がアーティストになりきるコーナー)があり、当時SMAPの振付を担当していたということから『世界に一つだけの花』などの振付を、SMAPになりきったてれび戦士に指導。その際、レッスン中に雑談していたてれび戦士に、男言葉で注意していた。
    • 人生が変わる1分間の深イイ話』の企画「京都新選組プロジェクト」の最終オーディションでは候補者11名の振付指導を行った。動きが悪い候補者たちに「(オーディションに落ちて最終候補者になれず)ここに来られなかった人たちの気持ちも考えてやって欲しい」と語り、チャンスが目の前にあるのに必死にならない候補者を叱った[6]
  • 美容外科の先生に「平均的な男性の顔より5mm長い」と言われたのでアゴを5mm削った。[7]
  • アゴの整形手術と同時に、金運上昇のために福耳手術を受ける。左右同じ大きさにならず、左の耳たぶが右に比べて大きくなった。[8]

振付作品[編集]

SMAP 関西テレビフジテレビSMAP×SMAP
2003年/『世界に一つだけの花
CONCERT TOUR 2000・2001・2002・2003 等
安室奈美恵 1995年/『Body Feels EXIT』『Chase the Chance
1996年/『Don't wanna cry』『You're my sunshine』『LET'S DO THE MOTION』『a walk in the park
1997年/『How to be a Girl
1999年/『toi et moi
2007年/『It's all about you』(『NAMIE AMURO PLAY TOUR 2007』より)
華原朋美 1995年/『keep yourself alive』『I BELIEVE
2003年/朋ちゃん&コロッケ『ありがとね!』
dos 1996年/『Baby baby baby』『more kiss』『CLOSE YOUR EYES』
ジョビジョバ フジテレビ『胸さわぎの土曜日
米倉利紀 「98'NASTY GROOVE NIGHT Vol.4」コンサートツアー
「flave」コンサートツアー'99
「99'NASTY GROOVE NIGHT Vol.5」コンサートツアー
「2000 power」コンサートツアー
タンポポ 1998年/『ラストキッス
MAX 1999年/『Love impact』『銀河の誓い』(HIMAQUARIUS』のカバー)
2010年/『どんなときも。』(槇原敬之どんなときも。』のカバー)
AN-J 1999年/『笑顔が見える場所〜I WANNA GO〜』(華原朋美『I WANNA GO』のカバー)
AI-SACHI 2001年/『BEFORE DAWN』
観月ありさ 『ナースのお仕事 ザ・ムービー』『ナースのお仕事4』(『ナースのお仕事』より)
三瓶 2001年/『SANPEI DAYS』『三瓶の39days』
2002年/『三瓶のエブリディ』
RAG FAIR 2002年/『ラブラブなカップル フリフリでチュー
V6 2003年/『Darling
千秋 with KABA.ちゃん 2004年/『つらいね赤ちゃん!』
フルーツポンチ 『それゆけ! おはマーチ』
The Students 『ハトマメ 〜Say Hello To The World.〜』(『さんまのSUPERからくりTV』より)
松坂慶子 愛の水中花』(NHK 第36回思い出のメロディー
ピンク・レディー メモリアルコンサート
ピーター 「人間狩り」(35th.ドラマチックコンサート)
びゅーちふるず 『みんなだいすきモンチッチ』
エナポゥ 『テキワナタイン』(NHK『おでんくん』テーマソング)
AWA DANCE 映画『阿波DANCE』(オリジナルAWA DANCE)
Pabo 2007年/『恋のヘキサゴン』(作詞:島田紳助、作曲:高原兄
笑顔体操 フジテレビ『体操の時間。』『FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』より
矢島美容室 2009年/『はまぐりボンバー
麻生夏子 2011年/『にゃんぱいあ体操』(作詞・作曲・編曲:前山田健一
HKT48 2014年/『控えめI love you !』(作詞:秋元康、作曲:pakorama)[9]

その他[編集]

CM振付
  • Jミート「お肉スキスキ」
  • ピーチ・ジョン「PEACH JOHN」
  • 東芝・薄型大型テレビ「beautiful"face"」、face「テレビを2倍」
  • ロッテ・ピュアホワイトガム「噛んでホワイト」
  • ダイアナ「ダンス篇」
ミュージカル振付
  • 青山劇場『リトル ショップ オブ ホラーズ』テーマ曲(2005年)
イベント振付
  • サンリオピューロランドパレード「Believe」テーマ曲「ココロつなぐリズム」(作詞・作曲:大江千里 2007年)
  • USJ10周年記念ソング 「グッキー GOOD LUCKY!!!!!」 唄 GReeeeN×ベッキー#
DVD作品

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

  • メルシィ! 僕ゥ?(2007年6・7月、CX事業部)振付&出演

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]