女子プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

女子プロレス(じょしプロレス)は、女性によって行われるプロレス全般を指す。闘う人を女子プロレスラー(じょしプロレスラー)と呼ぶ。

歴史[編集]

アメリカでは、すでに1930年代末には女性プロレスラーが存在し、男性によるプロレス興行の中で試合を行っていたと言われている。

日本においては、戦後間も無い1948年2月、東京都三鷹市の小さな道場にて進駐軍相手の興行としてスタートし、歴史的には力道山がプロレスを始めるよりも前に存在している。

ただし、その当時の女子プロレスは、主な会場が芝居小屋やキャバレーストリップ劇場等で、試合も対戦相手のガーター(下着)を奪い合う(ガーター・マッチ)と言った、お色気を強調したものであり、現在行われている女子プロレスとはかなり違うため(現在に当てはめると、キャットファイトに近い)、これを「プロレス」と呼ぶべきかは意見の分かれる所である。

なお、上記を女子プロレスと定義した場合、日本人最初の女子プロレスラーはパン猪狩ショパン猪狩の妹である、猪狩定子だと言われている(猪狩定子は全日本女子プロレスの記念興行で、「日本人最初の女子プロレスラー」とされることから、女子プロレスの殿堂入りとして表彰されている)。

この様な形で始まった日本の女子プロレスだが、1950年に警視庁から禁止令を出され一時姿を消した後、1954年11月19日、在日米軍慰問のために訪れた世界チャンピオンのミルドレッド・バークメイ・ヤングら当時の全米トップレスラー達を招いて蔵前国技館を始めとした大会場にて興行を行い、満員の観衆を集め大反響を得たため、それまでのお色気を強調したものから、現在のプロレスに近い形が出来上がって行くことになる[1]。1955年9月10日・11日、両国メモリアルホールで「全日本女子プロレスリング王座決定トーナメント」が開催され、猪狩貞子・田山勝美組が女子タッグ初代王者となる。また、記録映画として「赤い激斗」が制作された。

これを機にいくつもの団体が乱立したものの、これらは日本女子プロレスにまとめられ、最終的には現在の興行形態を作った全日本女子プロレスが女子プロレス団体として勝ち残り、後にビューティ・ペア(ジャッキー佐藤マキ上田)の登場により女性ファンの人気を集めブームとなり、それ以降もクラッシュギャルズ(長与千種ライオネス飛鳥)などスター女子レスラーは女性人気を得ることとなった。

1990年代に入り、ユニバーサル・プロレスリングW★INGプロモーションと提携した全日本女子が選手・試合を提供したことで、男性のプロレスファンから注目を集め、FMW女子部と全日本女子の対抗戦が契機となり、全日本女子プロレスを中心に団体対抗戦が東京ドームなど大会場で行われるほどの人気を得た。クラッシュギャルズ以来の女子プロレスブームが起こり、女子プロレス単体でゲームソフトが発売されるほどだった。

現状[編集]

現在は、女子単独団体の場合、後楽園ホールでの興行がビッグマッチとなる程度の規模にまで縮小している。主な理由として、以下の様なものが挙げられる。

  • 対抗戦による大物同士のカードが消尽された
    全日本女子とFMW女子部の試合を契機に、当時の全ての女子団体(全日本女子・FMW・JWPLLPW)が対抗戦に参加し、人気を博すものの、各団体の思惑から対抗戦が乱発され、大物同士の対抗戦ですら日常的になってしまい、試合カードの希少性が失われた。また、団体を超えたチームも多く組まれ、対抗戦から交流戦に質が変化したものの、対抗戦ほどの熱狂は得られなかった。
  • 選手主導の素人団体運営・契約問題
    全女では絶対的な経営者が居たが、ジャパン女子プロレスが崩壊する頃から、選手側が団体の運営に大きな影響を与える行動が見られるようになった。ギャラ未払いでの団体離脱というケースなど法的に問題の無いケースもあるが、新人から育て上げてきた選手が一方的に引退・団体離脱宣言をした直後に他団体で試合をするなど、もはや契約で成り立っているプロスポーツとは言えないような状況も発生するようになった。また、会社経営の素人である選手が団体を運営する事により、興行も小規模化し売り上げも落ちた為に傘下の選手達も十分な練習・指導が受けられない環境となり、試合のレベルも落ちプロ団体とはかけ離れた学園祭の実行委員会レベルの会社運営となっていった。多くの興行を打つ事ができない経営をしている以上、試合経験を積む機会を失う選手のレベルが落ちるのは当然の事である。
  • 団体分裂・小規模団体乱立
    日本女子プロレスの中心となっていた全日本女子プロレスから人気レスラーが相次いで退団し、新団体を発足したりフリーになる者が増えた。また、団体のみならず選手が単独あるいは複数のユニットによる興行(プロモーション)も行われるが、選手の貸し借りが恒常的に行われているため、どの興行でも参加しているレスラーに差が見られず、興行の差が乏しい。法人登記するよりも、個人ないしはユニットで興行を行う方が金銭的などのリスクが少ないことも興行数の増加を招いた。
  • 認知度不足
    細分化により発生した小規模団体は資金力が乏しいため、移動・宿泊などの経費がかかる地方巡業・興行が行えない。当然、興行は首都圏での開催に集中し、ブームが去って減少したファン・観客(後述)を奪い合うことになる。また、地上波テレビ放送は全日本女子の放送が打ち切られて以降、フジテレビが深夜にダリアンガールズ、2009年にテレビ埼玉が期間限定でアイスリボンを放送したのみである。スポーツ新聞などマスコミでの取り扱いもごくわずかであり、東京スポーツ新聞社が制定する「プロレス大賞」における「女子プロレス大賞」が2004年から5年連続該当者なしであったのがその象徴とも言える。
  • 新人スターレスラーが生まれなかった、高年齢レスラー中心の運営
    ほとんどの団体に共通して発生した問題。ベテランレスラーは対抗戦ブームの際に得た知名度のため、各団体の中核となりメインイベントに出場し、一線から引かなかった。彼女らがキャリアを積み重ねる一方、多くの新人がデビュー後から数年で引退した。ベテランレスラーの知名度・集客力・スポンサーへの訴求力は経営上必要であったが、結果として若手レスラーが注目を浴びる機会が減少していった。全日本女子プロレスはかつて「25歳定年制」を定めていたため、選手層の入れ替えが強制的に行われていた。しかし対抗戦ブームの際当時の人気レスラー、ブル中野に定年免除を認めて以降、同制度は事実上消滅した。この結果、現在の女子プロレスでは、トップクラスのレスラーの年齢はジャガー横田など40歳前後となっており、2008年に引退したデビル雅美は46歳まで30年に渡って現役であった。世代交代が進まないうちにベテランレスラーも相次いで引退したため選手層が非常に薄くなり解散に追い込まれた団体も少なくない。女子プロレスの持つ華やかさが薄れ、強さや激しさを求めることとなる一方で、若い選手が多く出場する女子総合格闘技の興行が増え、一部のファンが流れたことも衰退の原因のひとつである。また、他の女子スポーツの人気が高くなり、プロレスラー志望の女性は少なく珍しいものとなっている。
  • プロスポーツの細分化
    上記の話に関係するが、かつては女子のプロスポーツと言えばプロレス以外にはゴルフテニスボウリング等限られたものしか無く、それらはプロとして生活するには相当の投資が必要となるため、何も無い状況からプロとして生活出来るのはプロレスしか無い状況だった。しかし現在は、プロとアマチュアの垣根が無くなり、どんなスポーツでもスポンサーがつけばプロとしてやっていけるため、プロレス以外の自分の好きなスポーツを職業として選ぶ女性が増えてきたことも挙げられる。特に女子柔道や女子レスリングや女子テコンドー等がオリンピック正式種目になったことで、格闘系スポーツを志向する女性の大部分は五輪金メダルという大いなる栄誉が得られるそれらのスポーツに流れてしまい、女子プロレス界の人材確保をより一層難しくする結果となっている。
  • ファン層の変化
    ビューティ・ペアやクラッシュギャルズがスターとして活躍していた際は、宝塚歌劇団の様に女性ファンが大半を占めていた。その後1990年代の対抗戦ブームでは男性のプロレスファンの割合が高まる代わりに、従来の女性ファンは減ってしまった。ブームが去り、団体の分裂・縮小期に入ると対抗戦ブーム時の男性ファンも去ってしまったため、ファンの絶対数が激減した。辛うじて元クラッシュギャルズの長与千種を中心としたGAEA JAPANが1990年代以降も女性ファンを多く獲得していたが、参戦選手の半分近くをフリーランスに依存していたことなどが原因となり現在は解散している。

以上のことから、女子単独団体による女子プロレスは、初心者への参入障壁が高く、しかも新規ファン層を取り込む機会が乏しいジャンルとなり、固定ファン向けの方向性を進み続けている。だが最近はその固定ファンさえもカードのマンネリ化、選手の高年齢化から女子プロレスを見限りつつある。

諸外国の女子プロレス[編集]

女子プロレス自体はアメリカ合衆国メキシコ韓国イギリスなどのヨーロッパの国でも存在している。

韓国では女子だけで興行を行うことは無いが、アメリカでは以前には、LPWA・POWW・GLOW等女子のみの団体も存在し、現在もShimmer Women AthletesWomen Superstars Uncensoredのような女子のみの団体が存在している。また、メキシコにもLLFやWWS、イギリスにもプロレスリングEVEのような女子プロレス団体が存在しているが、どちらもスタジオマッチや常打ち会場等での興行が主であり、日本のような全国を回るような興行形態では無い。それを考えると日本の女子プロレスは非常に稀有な存在であると言える。しかし、日本においても女子団体の衰退が著しいことから、大都市や所属選手の地元等、集客が期待される場所での興行が主流となり、かつてのような地方興行は減少している。また、日本でも多くの団体で男子の試合やミックスファイト(男女混合)を興行に組み入れるようになっている。

北米では女子プロレスの俗称として「chick fight」と呼ばれているが、近年では日本の女子プロレスが評価され、「joshipuro」と呼ばれるようにもなった[2]。アメリカインディ団体の一つであるACWでは女子部門を「American Joshi」としている。

服装[編集]

特に女子プロレスでは試合用の服装のことをリングコスチューム、それを略してリンコスと呼ぶ。

日本女子プロレス黎明期からは長い間はシンプルなワンピース水着レオタードが定番となっていた。それまでのお色気を払拭してスポーツ色をより高めることの表れであった。ヒールレスラーの場合、下にロングタイツを着用する場合が多い。1990年代までのアメリカも同様にレオタードが定着していた。

かつて全日本女子プロレスが全盛を極めていた当時はデビュー直後から1年間、新人選手のコスチュームといえばスクール水着タイプのコスチュームとアマレス用のシューズというのが定番のスタイルであった(同じようなパターンは男子レスラーでも同じであり、新人のコスチュームは黒いショートタイツに黒もしくは白いリングシューズという俗に言うストロングスタイルと呼ばれるものが定番として挙げられているが、団体によってはカラーのショートタイツも採用されている)。

一方、アイドルから転身したミミ萩原は全盛期にハイレグなどセクシー面が強調されたコスチュームを使用するようになった。クラッシュギャルズ全盛期になると競泳水着がポピュラーとなる。

しかし、ジャパン女子プロレスが旗揚げされるとフリルやレース付きコスチュームが登場。その後もセパレート型や、ユニタード型など多様化が進んだ。アイスリボンなどでは私服に近いコスチュームでリングに上がる場合もある。広田さくらなどいわゆるコスプレで試合を行う選手も少なくない。ただ、女子プロレスでは長年水着が定着していたため、水着を改修したものを主に使用しており、最近まで水着とは似つかぬものも含めてコスチュームのことを水着と呼んでいた。

一方、キャリアを積んだ選手は試合あるいはシリーズごとにコスチュームを変える場合もある。ダーク・エンジェルは初来日の時にコスチュームを6着持参した。

また、先輩レスラーが使用していたコスチュームを後輩レスラーが譲り受けることも多い。

デビュー直後の新人などは競泳水着が元となったものやユニタードなどシンプルなコスチュームで試合をする事が今もある。一部の身体の細い新人選手が昔のリング入場時のガウンを思い起こすようなフリフリのリングコスチュームで試合をした事があったが、ファンからは関節技を掛けていても技が分かり辛いなど大不評だった。センダイガールズプロレスリング設立時の身体の線が見えるシンプルなコスチュームは団体の路線や選手のテクニックが見えやすいなど評価が高かった。未だに競泳水着タイプを好む昔からの女子プロレスファンは多く、競泳水着を着用してアイドルや女優が女子プロレス(プロスタイル・キャットファイト)の試合をするDVDソフトも人気がある。

WWEディーバの場合、セクシーさを前面に押し出したコスチュームを使用することが多い。一方、北米インディ団体やメキシコルチャリブレでは現在もレオタードは少なくない。

特色[編集]

デビュー[編集]

女子プロレスの場合、多くの団体で「オーディション」と「プロテスト」の2段階を踏まなければデビューできない仕組みとなっている。このシステムはビューティ・ペア全盛期の全日本女子プロレスにて導入されたもので、希望者の殺到により一度にプロテストを行うことが困難になったため、前段階としてオーディションを行い、そこで選ばれた者数名を候補者として一定期間後にプロテストを受けさせた。後に練習生制度を取り入れたが、プロテスト受験を必須としたのは変わりない。その後もこれを継続し、他団体も追随する形で導入している(男子団体でも元全女の北斗晶が社長を務めるダイヤモンド・リングで同様のシステムを取り入れている)。

かつての全女では義務教育修了(または見込)者で18歳以下をオーディション受験資格と定めていたが、25歳定年制の事実上廃止や女性の高学歴化・晩婚化もあり上限は22歳まで引き上げられた。

近年は女子プロレスラー志願者が減少していることもあり、アイスリボンのように2段階選抜を撤廃して門戸を広げる団体も現れている。また、一部団体では年齢制限を撤廃したり拡げるなどしているため、現在では小中学生レスラーや25歳以上でデビューした遅咲きレスラーもおり、デビュー年齢の差も上下で大きくなっている。

階級[編集]

男子プロレスの場合、100kg前後を境にヘビー級とジュニアヘビー級に分かれるが、女子は基本的に無差別級である。ただし、一部団体では体重別階級の線引きをしており、この場合は60kg前後で分けることが多い。体重制限のあるタイトルとしては、かつての全女のWWWA世界スーパーライト級王座GAEA JAPANWCW世界女子クルーザー級王座が存在した。アイスリボンの至宝も体重制限のあるICE×60王座だったが、現在は撤廃されICE×∞王座に改称された。

ジュニア[編集]

男子における「ジュニア」は上述の「ジュニアヘビー級」を意味するが、女子ではデビューからのキャリアが浅い若手を意味する。ジュニアにカテゴライズされるキャリアは団体によって異なるが、各団体のジュニア選手を集めた「ジュニア・オールスター戦」では「5年以内」と規定していた。また、ジュニアを対象としたタイトルも存在し、全女の全日本ジュニア王座、現存するものではJWPJWP認定ジュニア王座&POP王座がそれに当たる。なお、プロレスリングWAVEでは「ヤング」と表現している。アイスリボンのインターネットシングル王座IW19は、四代目王者決定トーナメント以降にデビュー3年以内もしくは19歳以下に規定を変更し、実質的なジュニア王座となっている(現在は規定廃止)。REINACMLLと合同で創設したCMLL-REINAインターナショナルジュニア王座はデビュー10年以内と対象が大きくなっている。

芸能との関わり[編集]

女子プロレスと芸能の関係は非常に深い。1970年代に活躍したマッハ文朱はレスラーと並行して歌手としても活動して女子プロレスの地位向上に貢献し、引退後はタレントに本格転向した。マッハはいわゆるタレントレスラーの嚆矢となり、この流れは後にビューティー・ペアに受け継がれ、彼女らのレコードが大ヒットするなど社会現象を起こした。一方、全女では所属選手の映画・ドラマ出演も積極的に行われ、団体自体が全面協力することも多かった。以降も女子プロレスラーは歌手・女優のみならず、ダンプ松本アジャ・コング神取忍のようにキャラクターを生かしてバラエティ番組に進出したり、キューティー鈴木井上貴子のように写真集を出版するなどリング外にも活動範囲を広げていった。

また、女性タレントがプロレスラーになるケースもある。その先駆けはアイドル歌手出身のミミ萩原で、ビューティー・ペア引退後の全女を支えた。近年では映画や音楽などとリンクしてプロレスラー発掘を行うこともあり、アイスリボン・NEOが全面協力した「スリーカウント」では出演者にプロレスラー活動を義務付け、志田光松本都藤本つかさがレスラーとして活動している。2010年にはグラビアアイドルの愛川ゆず季がレスラーデビューして話題になった。

芸能事務所が女子プロレスに関わることもある。吉本興業による吉本女子プロレスJd'がそれに当たる。Jd'では「アストレス」と呼ばれるプロジェクトを打ち、アクションスターへの道としてプロレス活動を展開した。また、ホリプロLLPWと提携を結びオーディションを展開したり、「ホリプロ女子プロレス軍団」を結成してNEOに参戦させていた。

団体経営[編集]

男子プロレスの場合、所属レスラーが社長を兼任する団体が多いが、女子ではほとんどの団体でいわゆる「背広組」の男性(女性ではGAEA JAPANの杉山由果の例あり)が社長に就任する(現在の例として、JWPの篠崎清、アイスリボンの佐藤肇、スターダムのロッシー小川など)。

しかし、LLPWでは団体設立の背景から初代の風間ルミから現在の神取忍まで代々所属レスラーが社長を務めている。

また、2011年に旗揚げされたディアナ井上京子が社長に就任、さらにプロレスリングWAVEでは新法人設立にあたりGAMIが、センダイガールズも2011年7月の新崎人生みちのくプロレス所属・男子レスラー)の社長退任に伴い、後任として里村明衣子がそれぞれ就任しており、兼任社長は増えつつある。

過去の団体ではAtoZ初代社長に堀田祐美子が就任し、後に一時引退していた下田美馬が社長代行を務めた。さらにNEO女子プロレスにて一時的ではあるが元JDスターの賀川照子(NEOではリングアナウンサーとして活動)が社長を務めたことがある。

団体/プロモーション[編集]

現存する団体[編集]

消滅または休止している団体[編集]

現存するプロモーション[編集]

現存する男女混合団体[編集]

現時点で所属選手に女子プロレスラーが含まれる団体。

現存する男女混合プロモーション[編集]

現時点で女子プロレスラーが含まれているプロモーション。

その他[編集]

適宜女子プロレスマッチ(他団体提供試合除く)を行う団体。

海外団体[編集]

女子プロレスを題材にした作品[編集]

題材の都合上、女子プロレスラーが主人公として活躍するといった筋書きの作品が多いが、「超バージン!」のように主人公が女装して女子プロレスラーとして活躍したり、「ここが噂のエル・パラシオ」のように主人公が男性で女子プロレスのレフェリーを務めるといった作品もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『女子プロレス事件File2』P45
  2. ^ 女子11選手が米国で「joshi」見せる 日刊スポーツ 2011年11月16日 [リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]