JWP認定ジュニア王座&POP王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JWP認定ジュニア王座
詳細
現王者 Sareee
獲得日 2014年4月20日
管理団体 JWP女子プロレス
創立 1995年6月

JWP認定ジュニア王座&POP王座(ジェー・ダブリュー・ピーにんていジュニアおうざアンド・ピー・オー・ピーおうざ)とは、JWP女子プロレスが管理・認定するJWPのフラッグシップタイトル。通称はジュニア二冠王座。

歴史[編集]

ジャパン女子プロレスでのUWA&JWPジュニア王座に当たる。

1995年6月16日、JWP初進出となった両国国技館大会でJWP認定ジュニア王座の初代王者決定巴戦が行われ、キャンディー奥津菅生裕美矢樹広弓を連破して初代王者となった。この王座の対象選手はデビューから4年以内だが、再デビュー後に王座を獲得した倉垣翼渡辺えりかのような例外も存在する。

一方、JDスター女子プロレス2006年の4月から6月にかけて、キャリア3年以内の若手選手10名によるリーグ戦「LEAGUE PRINCESS」を開催し、優勝した風香に初代POP(プリンセス・オブ・プロレスリング)王座が贈られた。しかし、翌2007年の第2回大会の期間中にJDスターが活動休止を発表し、POP王座はリーグ戦を制し第3代王者となった中島安里紗の所属するJWPが、当時中島が保持していたJWPジュニア王座と共に「ジュニア二冠王座」として管理することになった。両王座で相違があった資格については2009年10月18日の北千住シアター1010大会を以って4年に統一され、2010年6月に「トータルキャリア5年以内」に拡大された。

中島の2度目の王座陥落後は、JWPになかなか若手が育たない事情もあり、3年4ヶ月もの間、他団体に二冠王座が流出する事態が続いていたが、2012年4月にラビット美兎が王座を獲得し、JWPの元に王座が戻った。

JWP20周年となった2012年に認定タイトルの規定が改正され、「キャリア4年以内」に変更された[1]

歴代王者[編集]

JWP認定ジュニア王座[編集]

歴代数 レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 キャンディー奥津 1 3 1995年6月16日 両国国技館矢樹広弓&菅生裕美との王座決定巴戦
第2代 矢樹広弓 1 0 1995年12月6日 名古屋市体育館、王座返上
第3代 矢樹広弓 2 4 1996年5月6日 博多スターレーン、キャンディー奥津との王座決定戦
第4代 キャンディー奥津 2 0 1996年7月27日 久屋大通り広場、王座返上
第5代 久住智子 1 10 1996年8月10日 後楽園ホール天野理恵子との王座決定トーナメント決勝戦
第6代 宮口知子 1 5 1997年8月17日 後楽園ホール
第7代 春山香代子 1 3 1999年5月12日 神戸サンボーホール
第8代 倉垣翼 1 2 2000年9月3日 後楽園ホール、王座返上
第9代 市川狐火名 1 0 2001年12月9日 ディファ有明仲村由佳&米山香織との王座決定巴戦
第10代 米山香織 1 4 2002年7月6日 金町地区センター渡辺えりかとの王座決定戦、王座返上
第11代 松尾永遠NEO 1 0 2005年2月20日 東京キネマ倶楽部、渡辺えりかとの王座決定戦
第12代 渡辺えりか 1 0 2005年5月15日 後楽園ホール、王座返上
第13代 中島安里紗 1 2 2006年12月24日 後楽園ホール、希月あおいとの王座決定戦

POP(プリンセス・オブ・プロレスリング)王座[編集]

歴代数 レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 風香 1 4 2006年6月24日 新木場1stRING夏樹☆ヘッドとの「LEAGUE PRINCESS」優勝決定戦
第2代 夏樹☆たいようSUN 1 0 2006年12月31日 後楽園ホール、王座返上
第3代 中島安里紗(JWP) 1 0 2007年6月17日 新木場1stRING、浦井百合&松本浩代との「LEAGUE PRINCESS」優勝決定巴戦

JWP認定ジュニア王座&POP王座[編集]

※2012年12月24日現在

歴代数 レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
第13代&第3代 中島安里紗 1 2
第14代&第4代 ティラノサウルス奥田センダイガールズ 1 3 2007年11月18日 Zepp Sendai(センダイガールズ)
第15代&第5代 中島安里紗 2 1 2008年6月8日 アゼリア大正
第16代&第6代 松本浩代エスオベーション 1 2 2008年12月21日 後楽園ホール(息吹)
第17代&第7代 大畠美咲(エスオベーション) 1 2 2009年5月31日 後楽園ホール(息吹)
第18代&第8代 水波綾(センダイガールズ) 1 2 2009年12月20日 Zepp Sendai(センダイガールズ)
第19代&第9代 悲恋(センダイガールズ) 1 1 2010年9月3日 Zepp Sendai(センダイガールズ)
第20代&第10代 花月(センダイガールズ) 1 4 2011年3月6日 東京キネマ倶楽部
第21代&第11代 下野佐和子OSAKA女子プロレス 1 5 2011年7月17日 ミナミ ムーブ・オン アリーナ(OSAKA女子)
第22代&第12代 ラビット美兎 1 3 2012年4月22日 後楽園ホール
第23代&第13代 勝愛実 1 2012年12月24日 後楽園ホール
第24代&第14代 Sareeeディアナ 2014年4月20日 後楽園ホール 現王者

脚注[編集]

  1. ^ JWP認定タイトルの規定”. JWP女子プロレス (2012年5月22日). 2012年7月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月22日閲覧。

関連項目[編集]