夏樹☆たいよう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏樹☆たいよう
夏樹☆たいようの画像
プロフィール
リングネーム 夏樹☆たいよう
本名 水嶋 なつみ
ニックネーム ナッキー
身長 152cm[1]
体重 56kg[1]
誕生日 1984年5月7日(30歳)
出身地 神奈川県川崎市
所属 スターダム
トレーナー アニマル浜口
さくらえみ
日高郁人
デビュー 2004年1月3日
引退 2014年6月1日
テンプレートを表示

夏樹☆たいよう(なつき たいよう、1984年5月7日[1] - )は、日本の元女子プロレスラー。本名は水嶋 なつみ(みずしま なつみ)[1]神奈川県川崎市出身[1]

所属[編集]

プロフィール[編集]

中西百重に憧れてプロレスラーを目指し[2]アニマル浜口ジムで修行後、全日本女子プロレス入団。オーディション審査員の選手代表は、ジムの先輩でもある高橋奈苗であった。

2003年12月19日、全女の先輩でもあるHARIとの総合格闘技戦で本名でデビュー。2004年1月3日、全日本女子プロレス後楽園ホール大会、高橋裕美戦でプロレスデビュー[1]。同年7月、給料未払いの理由で退団。

2005年5月、我闘姑娘入団。同年6月4日、板橋グリーンホール大会の市井舞戦で夏樹☆ヘッドとして再デビュー[1]

2006年6月、ドリームキャッチャーへ移籍。再デビュー後ちょうど1年になる6月4日、新木場1stRINGの零(現・Ray)戦で卒業マッチが行われた。なお、この試合後の卒業セレモニー中に、小学生レスラーひかり(現・みなみ飛香)の持つアイアンマン王座を奪取している(アイアンマン王座は、レフェリーの立会があれば、試合以外でも3カウントのフォールで王座が移動する)。

2006年10月1日、プロレスリングSUN旗揚げ戦の後楽園ホール大会から、夏樹☆たいようと改名する。

2007年2月21日、プロレスリングSUN新木場大会で、World-1世界女子選手権は植松寿絵アメージング・コングの3WAYマッチで行われ、 アメージング・コングを破りWorld-1世界女子選手権王座を奪取した。

2008年4月25日、SUNのホームページ上でフリーへの転向を発表。その後、高橋奈苗・華名のユニット「パッション・レッド」に参加。

2009年5月5日、NEO女子プロレス後楽園ホール大会で我闘姑娘時代の同僚Rayを倒し、初代NEO認定ハイスピード王者に認定された[1]

2010年9月7日、スターダムの設立に参加[3]2011年1月23日、旗揚げ戦の新木場大会に出場した[1]。その後、世IV虎とのヤンキーコンビ「川崎葛飾最強伝説」を結成。2012年11月25日の新木場大会で、ゴッデス・オブ・スターダム王座を獲得した[1]

2014年1月26日、スターダム後楽園ホール大会にて、6月1日の同所での大会を最後に引退することを表明した[4]。6月1日、高橋奈苗相手に引退試合を行い、31分28秒、チャナラッカ☆百でフォールされる[5]。最後は交流のないプロレスリングWAVE所属を含む多数の選手や関係者、さらに引退した元女子プロレスラー栗原あゆみや師匠・アニマル浜口もリングに上がりセレモニーが執り行われた[5]。会場ロビーには、2010年以降袂を分かっていた華名からの花もあった[5]

得意技[編集]

  • たいようちゃん☆ボム
前屈みの相手の背中に飛び乗って座り、高速で前方回転エビ固めをきめ、後頭部から叩きつける。ヨシタニックと同型。
  • たいようちゃん☆スパニッシュフライ
  • レッグクラッチスープレックスホールド
  • イグチボム
  • モモ☆ラッチ

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • 「audience KILLER LOOP」(Dir en grey
  • 「目覚めよニッポン!!」(B-DASH
  • 「A WEST WIND WARNING」「バクバクKissの世界 -W EXPLOSION-」に収録。 - 現在使用曲
  • 神風特攻隊」(長渕剛) - 「川崎葛飾最強伝説」時使用曲

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 「インタビュー 夏樹☆たいよう」、『週刊プロレス』No.1741、平成26年6月11日号(5月28日発行)、106-107頁、2014年。
  2. ^ 「試合リポート パッション興業5・24新木場」、『週刊プロレス』No.1741、平成26年6月11日号(5月28日発行)、108頁、2014年。
  3. ^ バトル・ニュース (2010年9月7日). “風香プロデュースの新団体『スターダム』に、奈苗や夏樹、ゆずポンらが参加! 所属選手11名で来年1月旗揚げ!”. 2014年7月12日閲覧。
  4. ^ “夏樹が引退表明…10周年で「区切り」”. デイリースポーツ. (2014年1月27日). http://www.daily.co.jp/ring/2014/01/27/0006665147.shtml 
  5. ^ a b c 「試合リポート スターダム6・1後楽園」、『週刊プロレス』No.1742、平成26年6月18日号(6月4日発行)、97-100頁、2014年。

外部リンク[編集]