サラ・ストック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラ・ストック
Sarita July 2010.jpg
プロフィール
リングネーム ダーク・エンジェル
サリータ
サラ・ストック
本名 サラ・ストック[1]
ニックネーム サラ・ラ・カナディエンセ[2]
身長 168cm[1]
体重 57kg[3]
誕生日 1979年3月4日(35歳)[1][4]
出身地 カナダの旗 カナダ
マニトバ州ウィニペグ[1][4]
スポーツ歴 キックボクシング[4]
トレーナー フィリップ・ラフォン[1]
エディー・ワッツ[1]
ディルビオ・ネグロ[5]
エル・サタニコ[2]
デビュー 2002年2月22日[5]
テンプレートを表示

サラ・ストックSarah Stock1979年3月4日[1][4] - )は、カナダマニトバ州ウィニペグ出身の女子プロレスラー。現在はメキシコCMLLなどで「ダーク・エンジェルDark Angel)」のリングネームで活動しており、日本スターダムにも参戦している。米国TNAにて「サリータSarita)」として活動した経験もあり。

来歴[編集]

マニトバ大学まではキックボクシングを始め、サッカー陸上競技馬術などをこなすマルチアスリートであった[6]

卒業後、地元でトレーニングを重ね[7]、2002年2月22日ノースウエスト準州でプロレスラーデビュー[1]

カナダ・米国を転戦し、2003年よりメキシコのモンテレイに移住[1]。マスクウーマン(と言っても目の周りを覆うだけの黒いシンプルなマスク)のダーク・エンジェルとなる[7][8]。女子団体のLLFで10月17日にシンプリー・ルーシャスを降しジュブニル王座を獲得[4][9][7][10]

11月28日、ROHアリソン・デインジャーと対戦も敗れる[1]。12月にはWWE傘下のOVWにも参戦[1]

2004年4月2日、プリンセサ・スヘイとのマスカラ・コントラ・マスカラで敗れマスクを剥がされた[8][11]。以来スヘイとはライバル関係にあり、両者の対戦では流血戦も辞さない[4]。直後にAAAに移籍[11]

CMLL[編集]

2004年のCMLL女子部再開を機に移籍[12]

2005年3月25日、プリンセサ・スヘイを倒しFILL女子王座を奪取[13][14]

9月9日、エリミネーションマッチを制して空位のCMLL世界女子王座挑戦権を獲得[15]。16日の72周年大会でマルセラと争うが王座ならず[15]

2006年4月14日、アマポラとのマスカラ・コントラ・カベジェラに勝利してアマポラのマスク剥ぎに成功[16]

2009年9月26日、「ルチャリブレ・フェスタ」にてメキシコ遠征中の風香と初タッグ結成。スヘイ&闘牛・空相手に勝利を収める。

2010年9月17日、アメリカ遠征中の栗原あゆみ、マルセラとの「テクニカトリオ」でアマポラ、下田美馬プリンセサ・ブランカと6人タッグ三本勝負で対戦。2-1勝利を挙げる。

CMLL主催ボディビルディング選手権でも2006年に優勝[17]、2012年まで優勝7度を果たしている[18][19]

SHIMMER[編集]

2007年6月にSHIMMER初参戦。初代SHIMMER王座決定トーナメントに出場し、チアリーダー・メリッサミスシェフといったSHIMMERのメインエベンターを撃破し[20]、準決勝に進出するも、王者となるサラ・デル・レイに敗れる[21]

10月も続けて参戦し、デイジー・ヘイズにシングルで勝利した後、デル・レイの王座に挑むがまたしても敗れる[22]

2010年2月、SHIMMERに再登場し、ミスシェフの持つ王座に挑戦、しかし奪取ならず[23]。翌日にはニコル・マヒューズに勝利[24]

TNA[編集]

2009年4月21日、TNAダーク・マッチオーサム・コングに勝利。

5月11日のTNA Todayにてリングネームがメキシコ人やラテン系を意識した「サリータ」に決まる[25][26]

7月16日、「Impact!」デビューを果たし、アリサ・フラッシュに勝利[27]

その後、テイラー・ワイルドと組み、TNAノックアウト・タックチーム初代王座決定トーナメントに出場。 PPV「ノー・サレンダー」内で行われた決勝に進出し、マディソン・レイン&ベルベット・スカイ組を降し王座を獲得[28]

11月15日のPPV「ターニングポイント」ではワイルド、TNA女子ノックアウト王者ODBと組み、レイン、スカイとレイシー・フォン・エリックの「ザ・ビューティフル・ピープル」を降した[1]

2010年1月4日のImpact!で浜田文子&オーサム・コング組に敗れTNA王座喪失[29]

7月1日、TNAでは初めてヒールターンしてワイルドに宣戦布告[30][31]。8日、ワイルドと初シングルでピンフォールを奪い[32][33]、15日に今度ストリートファイトルールで対戦して連勝[34]

10月よりImpact!にてベルベット・スカイとの抗争に突入し、28日より2週連続で6人タッグとシングルで対戦[35][36]

2011年1月、TNAと2年契約を更新[37][38]

メキシカン・アメリカ

2月10日のImpact!でロシータが「サリータの従妹」ギミックでTNAデビューし、そのデビュー戦はマディソン・レイン、タラも加わっての8人タッグであり、勝利[39]。翌週にはAAAからTNA復帰を果たしたヘルナンデスと結託。

3月13日のPPV「ビクトリーロード」にてロシータと組んでアンジェリーナ・ラブ&ウィンターが持つノックアウトタッグ王座に挑戦して奪取に成功[40]。翌週のImpact!で3人のチーム名が「メキシカン・アメリカ(Mexican America)」と名づけられる。メキシカン・アメリカはラブ&ウィンター&マット・モーガンに6人タッグストリートファイトで対戦も敗れる[41]。3月24日のImpact!でアナーキアが合流[42]。翌週、ラブ&スカイ相手に初防衛、レイン&タラ相手に2度目の防衛にそれぞれ成功[43][44]

7月12日のインパクト・レスリングで覆面を被りミス・テスメイカー&タラと対戦もタッグ王座陥落[45][46][47]。8月7日のPPV「ハードコア・ジャスティス」と再戦も雪辱ならず[48]

10月16日、TNA最大のPPVイベント「バウンド・フォー・グローリー」のプレショーにてインク・インクのトキシンにマスクを剥がされてしまう[49]。 翌月のターニングポイントでアナーキア&ヘルナンデスと組み、インク・インク(ジェシー・ニール&シャノン・ムーア&トキシン)とアナーキア&ヘルナンデスが持つTNA世界タッグチーム王座を懸けて6人タッグで対戦、トキシンからピンフォールを奪いベルトで殴った[50]。2012年3月22日のインパクト・レスリングで、ロシータとともにエリック・ヤング&ODB相手にノックアウトタッグ王座奪還を試みるが、失敗[51]。4月15日のPPV「ロックダウンにてスチール・ケージ・マッチでリマッチも返り討ちに遭う[52]。その後アナーキアの退団とヘルナンデスのフェイスターンのためメキシカン・アメリカは解散、サリータもロシータとともにTNAに出なくなり[53][54]、2013年1月にTNAとの契約満了となった[55][56]

日本[編集]

2005年10月に初来日。きっかけはメキシコ修行に出ていたNOSAWAの目に留まり、AtoZのエージェントだったロッシー小川に写真とプロフィールを持ち込んだことであった[4]。来日初戦は10日の格闘美新木場大会での対阿部幸江&華名戦(パートナーは吉田万里子)で、当時若手だった華名からキス・オブ・デスでフォールを奪った[57]。日本では格闘美を中心に11月まで参戦した[58]

2009年2月22日、風香の自主興行「風香祭」で約3年ぶりの来日を果し、Rayをタイガードライバーで仕留める[59]

2010年4月にも来日して、ロッシー小川プロデュース「エストレージャ☆ジャパン」に参加。スヘイと三本勝負を戦い、勝利して復活したスカイ・ハイ・オブ・アルシオン(アルシオンに存在したタイトル)を寄贈された[26]。風香引退興行となる「風香祭ファイナル」にもティグレFUKA(風香の覆面バージョン)とタッグを組む予定だったが、飛行機トラブルで来日が遅れたため不参加となり、Leonが代役となった[60]

2012年3月4日、紫雷イオ5周年記念興行参戦のため2年ぶりに来日し[61]、イオとタッグを組んで高橋奈苗&脇澤美穂組と対戦[62]。11日のスターダムにも初参戦を果たし、イオ&星輝ありさと組み、脇澤&松本浩代&須佐えりと6人タッグで対戦して須佐からレイネーラで勝利し、試合後には10周年セレモニーも行われた[63]

8月より開幕するスターダムのシングルリーグ戦「STARDOM 5★STAR GP2012」にもエントリー[64]。リーグ戦は勝ち点6(3勝1敗)で最終戦を迎えるが、夏樹☆たいように敗れ決勝を逃す[65]

9月17日の新木場大会ではPLANETの助っ人としてイオと組み、松本&宝城カイリ全力女子タッグと対戦[65]

10月3日の青森大会でイオと組んで高橋&脇澤組と再戦も引き分け[66]

2013年3月、5ヶ月ぶりの来日を果たし、その初戦となった10日の高松大会にてイオ&愛川ゆず季と組み、夏樹&世IV虎&安川惡斗と6人タッグで対戦して勝利で飾った[67]

3月17日の新木場大会ではケリー・スケーターと組み、5チーム勝ち抜き戦の2試合目に登場して須佐えりからタイガードライバーでフォールするも、3試合目でケリーがイオに敗れ脱落[68]

3月24日の大阪大会では4月29日の両国国技館大会でアルファ・フィーメルが持つワールド・オブ・スターダム王座(赤いベルト)に挑戦する権利を懸けたトーナメントにエントリー、1回戦で松本浩代を倒し、決勝でパートナーのイオと対戦も敗れる[69]

4月29日両国大会では前王者愛川ゆず季が引退のため返上したワンダー・オブ・スターダム王座(白いベルト)を安川惡斗と争い、勝利して白いベルトを獲得した[70]

帰国直前の11月4日後楽園大会で惡斗に敗れ王座陥落。

得意技[編集]

レイネーラ

獲得タイトル[編集]

ロシータとTNAノックアウトタッグ王座獲得
LLF
  • LLFジュベニル王座[7]
Can-Amレスリング
  • Can-Amレスリング女子王座[1]
FILL
TNA
アルシオン
スターダム
その他
  • ヌエボ・レオン州女子王座[5][2]

その他[編集]

  • 日本では「ロッシー小川が関わらないイベントやプロモーションには出場しない」と公言しており[61]、それまで来日時に参戦した興行は格闘美から現在のスターダムまですべて小川が関係しているものである。
  • 毎試合リングコスチュームを変えており、初来日時には6着も持参していた[4]
  • ボディビル大会で優勝するために肉体を作り、HIROKAを「あたしにも出場するのか探りを入れてくるんですよ」と困らせるほどであった[4]
  • メキシコの専門誌「スペル・ルチャス」のバックアップを受けており、何度も表紙に起用されて特集本も発売された[26]。また、青年誌「H PARA HOMBRES」でセミヌードを公開した[4]
  • メキシコのみならず各国で高い人気を集めており、日本でも風香祭においてグッズ売り上げで風香に次ぐ記録を出した[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Women's Wrestler Profiles: Sarah Stock” (英語). Online World of Wrestling. 2008年3月27日閲覧。
  2. ^ a b c d Dark Angel”. CMLL Gaceta. 2011年10月15日閲覧。
  3. ^ Sarah Stock”. Facebook. 2012年5月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l ロッシー小川. “女子ガイコク人列伝(最終回)ダーク・エンジェル”. goo. 2012年12月14日閲覧。
  5. ^ a b c d e Bodyslamming profile” (英語). Bodyslamming. 2008年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月18日閲覧。
  6. ^ Interview with Sarah Stock” (英語). Gerweck. 2008年3月29日閲覧。
  7. ^ a b c d Lacroix, Corey David (2004年1月4日). “Canadian Angel soars in Monterrey” (英語). SLAM! Wrestling. 2008年3月28日閲覧。
  8. ^ a b マスクウーマン時代”. エストレージャ☆ジャパン. Ameba. 2012年12月15日閲覧。
  9. ^ a b 世界中で人気者!”. エストレージャ☆ジャパン. Ameba. 2012年12月15日閲覧。
  10. ^ Biography” (英語). The Official Website of Sarah Stock aka Dark Angel. 2008年5月21日閲覧。
  11. ^ a b Lacroix, Corey David (2004年10月12日). “Sarah Stock regains her identity” (英語). SLAM! Wrestling. 2008年3月28日閲覧。
  12. ^ Lacroix, Corey David (2005年9月5日). “Sarah Stock goes for gold in Mexico” (英語). SLAM! Wrestling. 2008年3月28日閲覧。
  13. ^ Sarah Stock: Journal” (英語). The Official Website of Sarah Stock aka Dark Angel. 2008年5月21日閲覧。
  14. ^ a b Dark Angel:Titel” (ドイツ語). Genickbruch: Die Wrestlingseite des alten Europa. 2008年3月27日閲覧。
  15. ^ a b Matches von Sarita” (英語). Cagematch. 2009年10月12日閲覧。
  16. ^ Lacroix, Corey David (2006年8月23日). “Neidhart-Stock to collide in Newfoundland” (英語). SLAM! Wrestling. 2008年3月29日閲覧。
  17. ^ Lacroix, Corey (2007年1月1日). “Sarah Stock claims body building title” (英語). SLAM! Wrestling. 2008年3月28日閲覧。
  18. ^ Islas, Alejandro (2010年11月25日). “V Concurso de Fisicoconstructivismo CMLL” (スペイン語). SuperLuchas Magazine. 2010年11月26日閲覧。
  19. ^ Valiente sorprende en fisicoculturismo” (スペイン語). CMLL Gaceta (2011年11月24日). 2011年11月24日閲覧。
  20. ^ BG Says: SHIMMER Women Athletes – Volume 11” (英語). 411Mania. 2009年10月12日閲覧。
  21. ^ SHIMMER Women Athletes” (英語). Online World of Wrestling. 2008年8月12日閲覧。
  22. ^ Tremendous Tirades: SHIMMER Women Athletes Vol. 16” (英語). 411Mania. 2009年10月12日閲覧。
  23. ^ Lansdell, Chris (2010年4月11日). “SHIMMER Taping Results: Volumes 29 and 30” (英語). 411Mania. 2010年4月11日閲覧。
  24. ^ Byers, Ryan (2010年4月12日). “411’s Live SHIMMER Report: April 10th and 11th” (英語). 411Mania. 2010年4月12日閲覧。
  25. ^ TNA En Espanol Con Willie Urbina”. TNA Today. 2009年5月11日閲覧。
  26. ^ a b c d ロッシー小川. “Saritaって?”. goo. 2012年12月15日閲覧。
  27. ^ WILKENFELD'S TNA IMPACT REPORT 7/16: Ongoing "virtual time" coverage of Spike TV broadcast” (英語). PWTorch. 2009年9月22日閲覧。
  28. ^ a b Caldwell, James (2009年9月20日). “CALDWELL'S TNA NO SURRENDER PPV REPORT 9/20: Ongoing "virtual time" coverage of Kurt Angle vs. Sting vs. Matt Morgan vs. A.J. Styles” (英語). PWTorch. 2009年9月20日閲覧。
  29. ^ Keller, Wade (2010年1月4日). “KELLER'S TNA IMPACT LIVE REPORT 1/4: Jeff Hardy, NWO reunion, Hulk Hogan, TNA Knockout Title match, more surprises – ongoing coverage” (英語). PWTorch. 2010年1月5日閲覧。
  30. ^ Keller, Wade (2010年7月1日). “TNA Impact results 7/1: Keller's ongoing "virtual time" coverage of Spike TV show – Abyss vs. Hardy, RVD refs” (英語). Pro Wrestling Torch. 2010年7月2日閲覧。
  31. ^ Boutwell, Josh (2010年7月1日). “Impact Results – 7/1/10” (英語). WrestleView. 2010年7月2日閲覧。
  32. ^ Martin, Adam (2010年6月1日). “Spoilers: TNA Impact for July 8” (英語). WrestleView. 2010年7月9日閲覧。
  33. ^ Xplosion spoilers” (英語). TaylorWilde.org (2010年6月30日). 2010年7月9日閲覧。
  34. ^ Martin, Adam (2010年7月15日). “Impact Results – 7/15/10” (英語). WrestleView. 2010年7月16日閲覧。
  35. ^ Keller, Wade (2010年10月28日). “Keller's TNA Impact report 10/28: Mr. Anderson's concussion plays center stage as Morgan turns babyface on Fortune, plus 3D confront Guns, Knockouts tag” (英語). Pro Wrestling Torch. 2010年12月10日閲覧。
  36. ^ Wilkenfeld, Daniel (2010年11月4日). “Wilkenfeld's TNA Impact report 11/4: Complete "virtual time" coverage of Spike TV broadcast (updated)” (英語). Pro Wrestling Torch. 2010年12月10日閲覧。
  37. ^ Gerweck, Steve (2011年1月13日). “News on TNA's UK Tour, Sarita, Neal, Wolfe, more” (英語). WrestleView. 2011年1月14日閲覧。
  38. ^ Wαя€vเℓ (2011年1月13日). “Generation Me, Jesse Neal y Sarita renuevan sus contratos con TNA” (英語). SuperLuchas. 2011年1月14日閲覧。
  39. ^ Boutwell, Josh (2011年2月11日). “Impact Results – 2/10/11” (英語). WrestleView. 2011年2月11日閲覧。
  40. ^ a b Caldwell, James (2011年3月13日). “Caldwell's TNA Victory Road PPV results 3/13: Ongoing "virtual time" coverage of live PPV – Sting vs. Hardy TNA Title match” (英語). Pro Wrestling Torch. 2011年3月13日閲覧。
  41. ^ Baxendell, Matt (2011年3月17日). “Bax's TNA Impact report 3/17: Alt. perspective review – new TNA Title belt, Fall-out From Hardy’s "issues" at Victory Road, Styles injury angle, Overall Grade” (英語). Pro Wrestling Torch. 2011年3月18日閲覧。
  42. ^ Boutwell, Josh (2011年3月25日). “Impact Results - 3/24/11” (英語). WrestleView. 2012年8月3日閲覧。
  43. ^ Baxendell, Matt (2011年4月8日). “Bax's TNA Impact report 4/7: Sting vs. RVD main event, tag teams split, Jarrett climbs the cage with ease, Overall Show Grade”. Pro Wrestling Torch. 2011年6月16日閲覧。
  44. ^ Caldwell, James (2011年4月21日). “Caldwell's TNA Impact report 4/21: Complete coverage of TNA Title match, Tag Title match, Knockouts Tag Title match, Jarrett-Angle continues” (英語). Pro Wrestling Torch. 2011年6月16日閲覧。
  45. ^ Meltzer, Dave (2011年7月12日). “TNA notes from tonight in Orlando” (英語). Wrestling Observer Newsletter. 2011年7月13日閲覧。
  46. ^ Boutwell, Josh (2011年7月15日). “Viva La Raza! Lucha Weekly” (英語). WrestleView. 2011年7月15日閲覧。
  47. ^ Keller, Wade (2011年7月21日). “Keller's TNA Impact Wrestling report 7/21: Ongoing "virtual time" report on Sting title win fallout” (英語). Pro Wrestling Torch. 2011年7月21日閲覧。
  48. ^ Caldwell, James (2011年8月7日). “Caldwell's TNA Hardcore Justice PPV results 8/7: Ongoing "virtual time" coverage of live PPV – Sting vs. Angle, five title matches, BFG Series matches” (英語). Pro Wrestling Torch. 2011年8月7日閲覧。
  49. ^ Caldwell, James (2011年10月16日). “Caldwell's TNA Bound for Glory PPV results 10/16: Ongoing "virtual time" coverage of live PPV – Angle-Roode, Hogan-Sting” (英語). Pro Wrestling Torch. 2011年11月13日閲覧。
  50. ^ Caldwell, James (2011年11月13日). “Caldwell's TNA Turning Point PPV results 11/13: Ongoing "virtual time" coverage of live PPV – Roode-Styles, five title matches” (英語). Pro Wrestling Torch. 2011年11月13日閲覧。
  51. ^ Turner, Scott (2012年3月23日). “Turner's TNA Impact Wrestling results 3/22: Victory Road fall-out, Dixie & Sting & Hogan close the show, three title matches” (英語). Pro Wrestling Torch. 2012年3月23日閲覧。
  52. ^ Caldwell, James (2012年4月15日). “Caldwell's TNA Lockdown PPV results 4/15: Ongoing "virtual time" coverage of live PPV - Roode-Storm main event, Angle-Hardy, Lethal Lockdown opener” (英語). Pro Wrestling Torch. 2012年4月15日閲覧。
  53. ^ Caldwell, James (2012年5月1日). “Former tag champion cut from TNA” (英語). Pro Wrestling Torch. 2012年8月3日閲覧。
  54. ^ Caldwell, James (2012年6月10日). “Caldwell's TNA Slammiversary PPV results 6/10: Ongoing "virtual time" coverage of live PPV - Roode vs. Sting headlines 10th Anniv. PPV” (英語). Pro Wrestling Torch. 2012年8月3日閲覧。
  55. ^ Johnson, Mike (2013年1月9日). “Another TNA departure & a third on the way?”. Pro Wrestling Insider. 2013年1月9日閲覧。
  56. ^ Dave Meltzer (2013年1月9日). “TNA departures”. Wrestling Observer Newsletter. 2013年1月9日閲覧。
  57. ^ 初来日の全記録”. エストレージャ☆ジャパン. Ameba. 2012年12月14日閲覧。
  58. ^ 心・技・体、そして美。これがなければ、このリングでは主役になれない。”. JDスター. 2012年7月29日閲覧。
  59. ^ 風香、ボコボコにされるも5周年を勝利で飾る=風香祭 ウェディング姿や“エアSpeed”も披露”. スポーツナビ. Yahoo! (2009年2月22日). 2012年7月29日閲覧。
  60. ^ 風香祭「Fuka Matsuri Fin~風香引退記念試合~」”. スポーツナビ. Yahoo! (2010年3月28日). 2012年7月29日閲覧。
  61. ^ a b ロッシー小川. “紫雷イオの5周年大会”. goo. 2012年12月15日閲覧。
  62. ^ 2012年”. スターダム. 2012年7月29日閲覧。
  63. ^ Season5~”. スターダム. 2012年7月29日閲覧。
  64. ^ “スターダムのシングル最強決定リーグ戦『STARDOM 5★STAR GP2012』8・19開幕戦のカード決定!”. バトル・ニュース. (2012年8月7日). http://battle-news.com/news/2012/08/001345.php 
  65. ^ a b Season8~”. スターダム. 2012年9月30日閲覧。
  66. ^ Season9~”. スターダム. 2012年10月14日閲覧。
  67. ^ RESULT”. スターダム. 2013年3月14日閲覧。
  68. ^ Season11~”. スターダム. 2013年3月27日閲覧。
  69. ^ RESULT”. スターダム. 2013年3月27日閲覧。
  70. ^ RESULT”. 2013年4月30日閲覧。
  71. ^ Impact: The Elite Mafia grows stronger” (英語). SLAM! Sports. 2009年9月22日閲覧。
  72. ^ Lethalwow Profile” (英語). Lethalwow. 2009年9月22日閲覧。
  73. ^ 411's TNA Impact Report 08.06.09” (英語). 411Mania. 2009年9月22日閲覧。
  74. ^ Van Der Griend, Blaine (2009年12月4日). “Impact: Wolfe-Angle continues to build; Hamada-Sarita shine” (英語). Slam! Sports. Canadian Online Explorer. 2009年12月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]