アルファ・フィーメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファ・フィーメル
アルファ・フィーメルの画像
プロフィール
リングネーム アルファ・フィーメル
ジャジー・ビー
本名 Marie Kristin Gabert
ニックネーム 欧州最強の巨獣[1]
身長 185cm
体重 76kg
誕生日 1982年6月4日(32歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツベルリン
トレーナー ジョー・レジェンド
デビュー 2001年4月7日
テンプレートを表示

アルファ・フィーメルAlpha Female1982年6月4日 - )は、ドイツベルリン出身の女子プロレスラー

経歴[編集]

2001年4月7日、母国ドイツでデビュー。

2005年よりリングネームをジャジー・ビー(Jazzy Bi)とし、ヨーロッパを転戦。

2008年1月4日、初代EWE女子王座獲得。

2009年、リングネームを現在のアルファ・フィーメルに改名。2010年5月8日、イングランド東部の女子団体「プロレスリングEVE」に初参戦。

2011年10月8日、イギリス遠征中の志田光とシングルで対戦して勝利。試合後、志田にドイツ国旗を被せるパフォーマンスを披露した。

2012年4月1日、ロンドンでジェニー・ジョディンを降しプロレスリングEVE王座奪取[2]

10月2日スターダムにて木村響子率いる外国人軍団「木村モンスター軍」の一員として初来日し、21日の大阪大会で高橋奈苗が持つワールド・オブ・スターダム王座に挑戦することが発表された[1]。試合は時間切れ引き分けに終わり王座奪取ならず[3]。スターダムでは27日にも木村、ヘイリー・ヘイトレッドと組んで6人タッグに出場、安川惡斗チェリー、そして志田と対戦した。

11月10日、ニッキー・ストームに敗れEVE王座陥落。

2013年1月、TNAのトライアウトを受験するが、契約には至らなかった[4]

3月、2度目の来日。後楽園大会で奈苗の赤いベルトに再び挑戦し、奪取に成功した[5]

また、4月のDDT札幌大会にも参戦。モンスターアーミーの"伍長"として参加したが、中澤マイケルのアルティメット・ベノムアームに逆上、同軍の面々もなぎ倒し大石真翔と結託。4月13日の新宿大会で大石、男色ディーノとともにKO-D6人タッグ王座に挑戦する事となった。

4月29日、両国国技館大会で紫雷イオに敗れ赤いベルトを失った[6]

8月に3度目の来日、17日の初戦で松本浩代と対戦も引き分け。シングルリーグ戦「STARDOM 5★STAR GP 2013」にも参戦、宝城カイリ、イオ、そしてダーク・エンジェルを次々と破り、決勝まで進むが、奈苗に敗れ準優勝。

11月4日、木村、ザ・フィーメル・プレデター“アマゾン”と組み、米山香織、カイリ、夕陽が持つアーティスト・オブ・スターダム王座に挑戦し、奪取に成功。

タッグトーナメント「GODDESSES OF STARDOM」にアマゾンと組んで出場し、決勝で木村、惡斗と対戦も敗れまた準優勝。

12月29日、松本、脇澤美穂岩谷麻優に敗れ6人タッグ陥落。

2014年1月26日、木村と組み、奈苗、脇澤の持つゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦し、奪取成功。この試合後、ビザ書き換えのため一時帰国。

帰国後、TNAのイギリスツアーに参戦し、エクスプロージョンODBと対戦[7]。その後、ベルベット・スカイとも対戦[8]

2月9日、WSUでアメリカマットデビューを果たし、いきなりジェシカ・ハヴォックが持つWSU女子王座に挑戦、敗れはしたが猛攻を見せた[9]

人物[編集]

  • 同じドイツ人である蝶野正洋の妻、マルティナ夫人とFacebookを通じて交流があったため、初来日の時に蝶野を表敬訪問し、フィーメルが日本のマットに上がる際にはサポートを約束した。[10]

得意技[編集]

  • オメガスラム
  • サイドワインダー
  • アルファ・プレックス

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b スターダム. “NEWS 2012年7月~”. 2012年10月23日閲覧。
  2. ^ Alpha Female Wins Pro-Wrestling: EVE Championship”. Ringbellesonline.com. 2012年10月23日閲覧。
  3. ^ “奈苗がEVE王者フィーメル相手に時間切れでの赤いベルトV5!夏樹は愛弟子・鹿島を下してハイスピード防衛!”. バトル・ニュース. (2012年10月21日). http://battle-news.com/battle/2012/10/001500.php 
  4. ^ Alpha Female for TNA Tryout” (英語). Diva-Dirt. 2012年12月21日閲覧。
  5. ^ Season11~”. スターダム. 2013年3月17日閲覧。
  6. ^ ゆずポン、最後はシンデレラとなって引退!イオと宝翔がベルトを取り戻す!”. スターダム (2013年4月29日). 2013年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月29日閲覧。
  7. ^ Indy Star Wrestles Match for TNA Xplosion” (英語). Diva-Dirt. 2014年1月31日閲覧。
  8. ^ New Knockout Debuts at Impact Tapings” (英語). Diva-Dirt. 2014年1月31日閲覧。
  9. ^ “ハードコアCZW15周年記念大会~挑戦者AJスタイルズ反則勝ちもドリュー・グラック王座防衛、「おかえり」ドレイク・ヤング急遽決定トリ、アルファ・フィーメル衝撃の北米デビューWSU”. ファイト!ミルホンネット. (2014年2月9日). http://miruhon.net/news/2014/02/czw15ajwsu.html 
  10. ^ “奈苗と引き分けた"欧州最強の巨獣"フィーメルが蝶野を表敬訪問!サポートを約束した蝶野「ヤクザキックを使って」”. バトル・ニュース. (2012年10月23日). http://battle-news.com/news/2012/10/001504.php 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]