サラ・デル・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラ・デル・レイ
サラ・デル・レイの画像
プロフィール
リングネーム アメリカン・エンジェル[1]
サラ・デル・レイ[2]
ニッキー[2]
ニック・グリムズ[1]
本名 サラ・アマート
身長 175cm
体重 68kg
誕生日 1980年11月13日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州マーティネズ
トレーナー ドノバン・モーガン
アントニオ猪木
ブライアン・ダニエルソン
デビュー 2001年
テンプレートを表示

サラ・デル・レイSara Del Rey)こと本名サラ・アマート[1](Sara Amato、1980年11月13日 - )[2]は、アメリカ合衆国の女子プロレスラーカリフォルニア州マーティネズ出身。セーラ・デル・レイとも表記される[3]

かつての主戦場はCHIKARA[4]ROH[5]、そしてSHIMMER[5]であった。

経歴[編集]

オール・プロレスリングでデビューした後に、アルシオンのトライアウトを受けるも[4]、解散してAtoZに変わった為そのAtoZにルフィストとともに来日[3]

帰国後、プロレスリング・アイアンに所属[3]し、2005年2月にはIZW王座をアドレナリンから奪取[4][6]

同年3月には再来日して解散直前の全日本女子プロレスにも参戦、AtoZにも再び参戦した。

メキシコでも覆面を被り「アメリカン・エンジェル」を名乗って活動[1]。ただし2005年12月のLLFでは素顔で戦った[4]

同年旗揚げされたSHIMMERには第1回より常連として参戦している。2006年よりCHIKARA、ROH、さらに2009年よりJAPWにも参戦。

2011年、6年ぶりの来日を果たしREINA女子プロレス参戦。ミア・イムと組んでREINA世界タッグ王座決定トーナメントに出場も敗退。9月25日に堀田祐美子と8年ぶりに一騎打ちを行うが敗戦。

2012年7月9日、WWEとディベロップメンタル契約を締結[7]。9月28日から傘下団体であるNXTディーヴァトレーナーとして活動している。

憧れの選手にアジャ・コングを挙げている[1]

得意技[編集]

  • パワーボム
  • ジャーマン・スープレックス・ホールド
  • パイル・ドライバー

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Van der Griend, Blaine (2010年11月24日). “Sara del Rey out to prove she's 'Queen of Wrestling'”. Slam! Sports. Canadian Online Explorer. 2010年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c Sara Del Rey's profile”. Online World of Wrestling. 2007年12月27日閲覧。
  3. ^ a b c 女子ガイコク人列伝(第41話)セーラ・デル・レイ ロッシー小川ブログ
  4. ^ a b c d Joe Babinsack (2007年5月25日). “Joe Babinsack looks at Sara Del Rey”. Wrestling Observer Newsletter. 2007年12月27日閲覧。(要購読契約)
  5. ^ a b Brian (2007年). “Interview with Sara Del Rey”. Worldwide-Wrestling.de. 2007年12月27日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ Sara Del Rey's profile”. Gerweck.net. 2007年12月27日閲覧。
  7. ^ Dave Meltzer (2012年7月9日). “WWE signs woman star they'd have never considered a few years ago”. Wrestling Observer Newsletter. 2012年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]