ノースウエスト準州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースウエスト準州
Northwest Territories
Territoires du Nord-Ouest
ノースウエスト準州の旗 ノースウエスト準州の印
準州旗 (準州章)
モットー: なし
ノースウエスト準州の位置
基本データ
準州の花 チョウノスケソウ
Mountain avens
準州の木 アメリカカラマツ
Tamarack
準州の鳥 シロハヤブサ
準州都 イエローナイフ
最大の都市 イエローナイフ
準州の公用語 英語仏語クリー語ドグリブ語英語版チペワイアン語英語版南スレイビー語英語版北スレイビー語英語版グウィッチン語英語版イヌインナクトゥン語英語版イヌクティトゥット語イヌビアルクトゥン語英語版
(合計:11言語)
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域(割合)
最高標高
(国内第3位)
1,346,106 km²
1,183,085 km²
163,021 km² (12.11%)
2,773 m
人口2011年
 - 総計
 - 人口密度
(国内第11位)
41,462
0.04 人/km²
GDP2011年
 - 州合計
 - 1人当たり
(国内第11位)
47億9,100万[1]カナダドル
10万8,394カナダドル
連邦政府加入
 - 順番
 - 加入年月日

5番目
1870年7月15日
時間帯 山岳部標準時(MST、UTC-7
山岳部夏時間(MDT、UTC-6
郵便コード
郵便番号
ISO 3166-2:CA
NT
X0、X1
CA-NT
公式サイト www.gov.nt.ca
行政
コミッショナー ジョージ・トゥカロ
George Tuccaro
準州首相 ボブ・マクロード
Bob McLeod:無所属)
カナダ議会
 -下院議席数
 -上院議席数

1
1

ノースウエスト準州: Northwest Territories: les Territoires du Nord-Ouest)は、カナダ準州のひとつ。北西準州(ほくせいじゅんしゅう)とも表記される。

西はユーコン準州、東はヌナブト準州、南はブリティッシュコロンビア州アルバータ州サスカチュワン州と接する。北はボーフォート海に面する。バンクス島プリンスパトリック島の全域、およびビクトリア島メルヴィル島の一部などの島嶼を含む。

母語話者(ノースウエスト準州) 2006
英語
  
77.54%
アサバスカ諸語
  
11.58%
フランス語
  
2.40%
イヌクティトゥット語
  
1.71%
人種構成(ノースウエスト準州) 2006
先住民
  
50.3%
白人
  
44.2%
黒人
  
0.9%
その他の有色人種
  
4.6%

歴史[編集]

主要記事:History of Northwest Territories

マッケンジー川流域には、1万年前より先住民族であるデネ(Dene)族が居住していた。また約5000年前にはイヌイットアジア大陸からベーリング海を渡ってこの地域へ移住してきた。

欧州人が初めてこの地を訪れたのは、1789年アレグザンダー・マッケンジー(Alexander Mackenzie)が現在のマッケンジー川を探索した頃である。

ノースウエスト準州は、1870年ハドソン湾会社がカナダの連邦政府に広大な私有地「ルパート・ランド」とその他の「北西地域(North-Western Territory)」を譲渡し成立した。この地域はブリティッシュコロンビア五大湖岸、セントローレンス川岸と南部ケベック、大西洋諸州及びニューファンドランド・ラブラドール州を除くカナダほとんどの地域であった。当時、バフィン島ほか北極諸島もイギリス直轄地だったので含まれていなかった。その後徐々に地域が削られていった。

マニトバ州1870年に創設されていたが、1881年に拡大。アルバータ州やサスカチュワン州は1896年に創設。オンタリオ州1882年に拡大。ケベック州1898年に拡大。ユーコン準州は同年に創設。しかし1925年にノースウエスト準州は北極まで拡大した。

その後、1999年にノースウエスト準州の東半分が分離し、ヌナブト準州が誕生したので再び縮小することとなった。

地理[編集]

カナダで最も長い河川であるマッケンジー川が流れ、グレートベア湖(世界で8番目に大きい)とグレートスレーブ湖(世界で10番目に大きい)がある。最高地点はユーコン準州との境界近くにあるニルヴァーナ山英語版(2773 m)である。

北極圏では、夏の間太陽が沈まない白夜がある。それが終わるとオーロラが観測できる。

世界遺産[編集]

主要な都市[編集]

参照:ノースウエスト準州の地方行政区

政治[編集]

他のカナダの州よりも、ノースウエスト準州の自治政府は権限が少ない。準州には州と違い女王の名代である副総督がおらず、その代わり正式な名代ではないが同等の権威を持つコミッショナーが連邦政府より任命される。

ノースウエスト準州は過去から様々な先住民族問題を抱えている。例えば、1940年代ウランの鉱脈が発見されたが、ウラン鉱石の運搬にあたって被曝したデネ(Dene)族の将来についての問題がある。他にも、歴史的にはデネ族とイヌイットとの民族間の争いもある。ヌナブト準州が創設されたのもイヌイットからの自治権譲渡要求に応えたものであった。

公用語[編集]

ノースウエスト準州ではその多民族性を反映し、11の言語が公用語に定められている。

  1. チペワイアン語英語版Dene Suline)、(フランス語: Chipewyan
  2. クリー語Cree)、(フランス語: Cri
  3. 英語English)、(フランス語: Anglais
  4. フランス語French)、(フランス語: Français
  5. グウィッチン語英語版Gwich’in)、(フランス語: Gwich’in
  6. イヌインナクトゥン語英語版Inuinnaqtun)、(フランス語: Inuinnaqtun
  7. イヌクティトゥット語Inuktitut)、(フランス語: Inuktitut
  8. イヌビアルクトゥン語英語版Inuvialuktun)、(フランス語: Inuvialuktun
  9. 南スレイビー語英語版South Slavey)、(フランス語: Slavey du sud
  10. 北スレイビー語英語版North Slavey)、(フランス語: Slavey du nord
  11. ドグリブ語英語版Dogrib)、(フランス語: Tlichos

経済[編集]

天然資源に恵まれ、ダイヤモンド天然ガスなどを産する。

交通[編集]

空港

脚注[編集]

  1. ^ Gross domestic product, expenditure-based, by province and territory (2011)”. Statistics Canada (2013年11月19日). 2013年9月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]