アサバスカ諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アサバスカ諸語
話される地域: 北アメリカ西部
言語系統: デネ・エニセイ語族
 ナ・デネ語族
  アサバスカ諸語
下位言語:
ISO 639-2639-5: ath
Pre-contact distribution of Na-Dené languages (Athabaskan + Eyak + Tlingit)

アサバスカ諸語(Athabaskan languages)は、北アメリカ西部(カナダおよびアメリカ合衆国)に住むアメリカ先住民の言語。デネ諸語ともいう。ナ・デネ語族に属し、同語族の中で特に大きいグループである。またイヤック語(死語)とまとめてアサバスカ・イヤック諸語と呼ばれることもある。話者数の多い言語としてはナバホ語がある。

アサバスカ諸語は次の三つのグループに分けられる。

文法的には、動詞に多数の接辞がつく複総合的言語である。また他のナ・デネ語族とも共通の特徴として、動詞の接頭辞である"Classifier"(類別詞)があり、これは動詞が表す動作等の種類や、結合価などを表す。

アサバスカという名称はアサバスカ湖の名にちなむが、この地名はクリー語アルゴンキン語族)に由来し、アサバスカ諸語とは関係ない。デネあるいはディネ(Dene)はアサバスカ諸語での自称である。