ヌナブト準州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌナブト準州
Nunavut
Nunavut Schriftzug in Inouit db.png
ヌナブト準州の旗 [[画像:|130px|ヌナブト準州の印]]
準州旗 (準州章)
モットー: イヌクティトゥット語: ᓄᓇᕗᑦ ᓴᙱᓂᕗᑦ
"Nunavut Sannginivut"

英語: Our land, our strength
フランス語: Notre terre, notre force
ヌナブト準州の位置
基本データ
準州の花 Saxifraga oppositifolia 14-98-45.jpg パープル・サクシフレイジ
Purple Saxifrage
準州の木 なし
準州の鳥 ライチョウ
準州都 イカルイト
最大の都市 イカルイト
準州の公用語 イヌイット語イヌクティトゥット語、イヌイナクトゥン語)英語フランス語
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域(割合)
最高標高
(国内第1位)
2,038,722 km²
1,877,787 km²
160,935 km² (7.9%)
2,210 m
人口2011年
 - 総計
 - 人口密度
(国内第13位)
31,906
0.02 人/km²
GDP2011年
 - 州合計
 - 1人当たり
(国内第13位)
19億6400万[1]カナダドル
5万8452カナダドル
連邦政府加入
 - 順番
 - 加入年月日

13番目
1999年4月1日
時間帯 【準州東部】

東部標準時(EST、UTC-5
東部夏時間(EDT、UTC-4
夏時間を採用していないエリアもある。
【準州西部】
中部標準時(CST、UTC-6
中部夏時間(CDT、UTC-5
【準州北西部】
山岳部標準時(MST、UTC-7
山岳部夏時間(MDT、UTC-6

郵便コード
郵便番号
ISO 3166-2:CA
NU(一時的に:NT)
X
CA-NU
公式サイト www.gov.nu.ca
行政
コミッショナー エドナ・エリアス英語版
準州首相 ピーター・タプトゥナ英語版(無所属)
カナダ議会
 -下院議席数
 -上院議席数

1
1

ヌナブト準州: Nunavutイヌクティトゥット語: ᓄᓇᕗᑦ)は、カナダ準州の一つ。1993年連邦政府イヌイットの間に締結されたヌナブト協定en)に基づき、1999年4月1日にイヌイットの自治準州としてノースウェスト準州の一部を分割して設立された。ヌナブトとはイヌクティトゥット語で「我々の土地」を意味する。

西はノースウェスト準州、南はマニトバ州と接する。カナダ北部にある北極諸島の大部分(バフィン島エルズミーア島デヴォン島など)を含む。ハドソン湾ジェームズ湾に浮かぶすべての島もヌナブト準州に属する。人口は3万1906人(2011年)[2]。州都はバフィン島にあるイカルイト

歴史[編集]

主要記事:History of Nunavut

現在ヌナブト準州のある地域には、4000年前から人類が居住していた。多くの歴史学者はノース人サーガに記述されているヘルランド(Helluland)とバフィン島は同一のものと考えており、従ってこの地の住民はノース人と交流があった可能性がある。1576年には、マーティン・フロビッシャー北西航路の探検中に、現在フロビッシャー湾として知られる地域にたどり着いた。これが、ヨーロッパ人とこの地が接触した最初の記録である。

1950年代の冷戦時代には、コーンウォリス島およびエルズミーア島への関心が高まった。その地政学的な重要性から、政府はケベック州北部のイヌイットをレゾリュートおよびグリスフィヨルドへ移住させた。1976年には連邦政府とイヌイット団体の間でノースウェスト準州の分割についての議論が始まり、1982年には住民投票が行われ、分割賛成が多数を占めた。1993年には関連法案が連邦議会で成立し、1999年正式にヌナブト準州が成立した。

地理[編集]

タンカリー・フィヨルド
シロクマ

参照:Geography of Nunavut

参照:ヌナブト準州の地方行政区

主要都市[編集]

  • 州都イカルイト。人口約5,500人。
  • 国内線の発着する空港のある町:
    • アルヴィアット(旧名:エスキモー・ポイント)
    • ホエール・コーブ
    • ランキン・インレット
    • チェスターフィール・インレット
    • ベーカー・レーク
    • グジョアヘブン
    • ペリー・ベイ
    • スペンス・ベイ
    • リパルス・ベイ
    • ホール・ビーチ
    • イグルーリク
    • レゾリュート
    • グリスフィヨルド
    • クライド
    • ポンド・インレット
    • パングナータング
    • ケカートゥク
    • コパーマイン
  • 軍事基地など:

人口動勢[編集]

アルヴィアットのイヌイット

2006年の調査によれば、イヌイットが総人口の83.6%を占め、以下ファーストネーションが0.34%、メティが0.44%、先住民族以外の人々が15.0%となっている[3]

政治[編集]

準州は州と違って女王の名代である副総督(Lieutenant-governor)がおらず、その代わり正式な名代ではないが同等の権威を持つ理事(Commissioner)がいる。一院制の議会は政党制ではなく、個人で選出される議員で構成される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gross domestic product, expenditure-based, by province and territory (2011)”. Statistics Canada (2013年11月19日). 2013年9月26日閲覧。
  2. ^ Census Profile Nunavut”. Statistics Canada (2010年6月28日). 2012年2月9日閲覧。
  3. ^ Statistics Canada. “Aboriginal Population Profiles”. Census 2006. 2009年2月1日閲覧。