ノース人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァイキングの進出先、地中海から黒海・カスピ海へ、イギリスからアイスランド、北米大陸へ

ノース人(Norsemen、Norse)とは、北欧全体に広がった古代スカンジナビアの人々(主にノルウェー人)で、ヴァイキングにも含まれる。スヴェア人(主にスウェーデン人)とは呼び名で区別されることもあるが、人種的にその境界線はないといっていい。

ノース人という名称の由来は「北方からやってきた人々(people from the North)」で、彼らはフィンランドをはじめ、西はカナダグリーンランド、東はウクライナエストニアにまで進出し、各地でノース人の国を作った。特にスコットランドに渡ったノース人はケルト系民族と混合して、独自の氏族社会をつくった。フランスのノルマンディーは、ここに、フランス国王より土地を与えられたヴァイキングの呼称、ノルマン人に由来する。

ノース人は北ゲルマン語に属する古ノルド語を使っていた。古ノルド語は、のちにデンマーク語アイスランド語ノルウェー語スウェーデン語へ分岐する。

関連項目[編集]