デーン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デーン人(でーんじん、Daner)とはデンマーク地方に居住していたノルマン人の一派である。イングランドをはじめとした各地に進入し、大帝国を建設した。当初はヴァイキングとして海賊活動を主体として行なったが、後にキリスト教に改宗し、デンマーク王国としてデーン人を包括した統一国家を造り上げる。9世紀にイングランドに侵攻し、デーンロウを築き上げた。

1013年、デンマーク王のスヴェン王がイングランド王になる。1016年、スヴェンの子カヌート大王がイングランド王に即位。後にデンマーク王、ノルウェー王にも即位し、北海帝国を築き上げた。カヌート大王の死後、帝国は崩壊。多くのデーン人は現在のデンマークに留まり、海外へ移住したデーン人は、その地の民族に同化していった。

デンマーク人の先祖となる集団であるが、デーン人の民族概念は、現在のデンマーク人とは異なる。それは民族的なものではなく、一種の政治的な共同体であった。つまり異民族であっても、デンマーク王に従属して、その統率下に入ればデーン人と呼ばれていたのである。近代に入ると、国民国家の成立と共にデンマークのナショナリズムも高まったが、それはすでにデーン人の国家ではなく、「デンマーク人」としての国家であった。

関連項目[編集]