デーンロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デーンロウDanelaw)は、古英語 Dena lagu に由来する言葉で、9世紀後半以来ヴァイキングデーン人)の支配下に置かれたイングランド東部地域を意味する。この地域にはアングロ・サクソンの法制とは異質な慣習法や独自の方言、風習が残った。

範囲[編集]

デーンロウ:黄色の部分

ほぼ今日のヨークから南、ロンドン北方に至る地域がデーンロウと呼ばれ、ノーサンブリア地方全域とミッドランド地方南東部に当る。主な定住地はレスターリンカンノッティンガムスタムフォード英語版ダービーであり、これらは「五市地方英語版」とも呼ばれる[1]

歴史[編集]

デーン人を中心とするヴァイキングは9世紀半ばからしばしばブリタンニアに侵攻を繰り返し、マーシア王国などアングロ・サクソン諸王国の大半を征服した。ただひとつ残されたウェセックス(Wessex)のアルフレッド大王(在位871年 - 899年)が878年エサンドゥーンの戦い英語版古英語: Battle of Ethandun、現在のウィルトシャー州エディントン英語版付近)でデーン人首長グスルム英語版(Guthrum)を破り、ウェドモーアの和議を結んだ。その後、886年アルフレッドはロンドンを奪回して第二の和約を結び、領土を画定した。

デーン人は次第に農民化してデーンロウ地域に定住し、やがてアングロ・サクソン王国の支配下に入ったが、デーン人内部の慣習法まで介入できなかった。このため、デンマーク系の慣習法は「ノルマン人の征服」(1066年)以後まで長く残存した。

ただし、イングランド北東部に侵入した当初はデーン人も政治・社会・文化の面において一体性があったわけではなく、また当時のテムズ川以北さらにハンバー川以北の地域は、ウェセックス王国から見ればデーン人の侵入に関係なく「異国」に近い地域であり、そもそもウェセックス王国の法や慣習の及びづらい地域であったという点も考慮すべきである。

なお、デーン人の言葉(古ノルド語)から英語に入った単語はいくつもあり、law (後期古英語ではlagu)もそのひとつである。

脚注[編集]

  1. ^ 『イギリス史』1、青山吉信(編)、山川出版社〈世界歴史大系〉、1991年、p.202。ISBN 978-4634460102

外部リンク[編集]