エルズミーア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルズミーア島
エルズミーア島
座標 北緯79度50分0秒 西経78度0分0秒 / 北緯79.83333度 西経78.00000度 / 79.83333; -78.00000座標: 北緯79度50分0秒 西経78度0分0秒 / 北緯79.83333度 西経78.00000度 / 79.83333; -78.00000
面積 196,235 km²
所在海域 北極海
所属諸島 クイーンエリザベス諸島
所属国・地域 カナダの旗 カナダ ヌナブト準州
テンプレートを表示
島のツンドラ地帯

エルズミーア島(Ellesmere Island)は北極圏にあるカナダ最北部、北極諸島クイーンエリザベス諸島を構成するヌナブト準州に属している。面積は196,235km²で世界で10番目に大きな島であり、カナダでは3番目に大きな島である。カナダ最北端の場所であるコロンビア岬がある。人口は2006年現在で146人。

グリーンランドの西側に位置し、最も狭いところで50kmに満たない海峡(ネアズ海峡)を挟んで向かい合う。

この島はフィヨルドがよく発達している。また、地球上で最北の山脈のある島としても知られている。島の5分の1以上はクッティニルパーク国立公園(Quttinirpaaq National Park)として保護されており、7つのフィヨルドと多くの氷河地域が含まれている。

ヌナブト準州における最高峰のバーボー・ピーク (Barbeau Peak 標高2,616m) は、島の大英帝国山地 (British Empire Range) 内に位置する。地球上で最北の山脈であるアメリカ合衆国山地 (United States Range) は、島の北東地区にある。島の北端の突出部は、グラントランド (Grant Land) と呼ばれている。

歴史[編集]

エルズミーア島には紀元前からイヌイットが生活していた。また西暦1000年頃にはヴァイキングが到来している。1616年ウィリアム・バフィンがヴァイキング以外の西洋人としては初めて島に渡航した。1852年イギリスの航海者エドワード・イングルフィールドが島を探検し、フランシス・エジャートン(初代エルズミーア伯)にちなんで命名した。

主な町[編集]

北磁極[編集]

北磁極は2005年現在、エルズミーア島の西にあるとされている。

執筆の途中です この項目「エルズミーア島」は、極地(北極・南極・グリーンランド)に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています