DDT (プロレス技)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロレス技のDDT(ディーディーティー)は、正対する相手の頭部をフロント・ヘッド・ロックの要領で片脇に捕らえ、そのまま後ろに倒れこんで相手の頭部をマットに叩きつける投げ技である。アメリカ合衆国プロレスラージェイク・ロバーツが開発し、現在では様々な派生技がある。

概要[編集]

ジェイクは自身のDVD『Pick Your Poison』に収録されているインタビューで、DDTの名称は、殺虫剤DDTDichloro Diphenyl Trichloroethane)に由来していると語っている。ダブル・ミーニングとして、相棒であるニシキヘビのダミアンにちなんだ、ダミアンズ・ディナー・タイム(Damien's Dinner Time)にも掛けられており、他にも"Drop Dead Twice"、"Demonic Death Trap"、"Death Drop Technique"、など様々な言われようもあった。ジェイクのDDT以前にも似た形の技は存在していたとも言われるが、一つの必殺技としてDDTを開発・確立したのはジェイクである。

日本においては天龍源一郎がインタビューの際に、DDTを自らの名前と掛けて、「DDTはデンジャラス・ドライバー・オブ・テンリューの頭文字である」という旨の発言をしたために、命名の由来に若干の誤解が生じていた。それにより大仁田厚が自らのDDTを「DDO」(グレート・ニタで試合する際は「DDN」)と呼称するなどした。

現在は、相手の頭頂部を打ち付ける形が多いが、天龍のDDTは顔面を狙うような形であり、変形のフェイスクラッシャーとも言えた。頭頂部を狙う形のほうが見た目が派手で、相手も受身がとりやすい(1回転するなどして受け方も見栄えがする)ため、こちらのほうが主流になっている。

雪崩式でも使用され、コーナーポストに立たせた相手にDDTをかけてマットへ落とす。ただし危険技なのであまり使われない。仕掛ける側も背中をマットに強打するため諸刃の剣とも言える。橋本真也蝶野正洋に見舞った際、かけた橋本自身起き上がれず、蝶野が先に立ち上がり橋本をフォールする展開もあった。獣神サンダー・ライガーが一時期フィニッシュ・ホールドとして使っていた。

日本においては、橋本真也がDDTの使い手として第一人者であった。単純ではあるが応用性に富み、試合中盤の繋ぎ技としてだけでなく、独自の工夫を凝らすことでフィニッシュ・ホールドに進化させるレスラーも多い。見栄えが良い上にこれといった返し技がないなど利点も多く、近年のプロレスを代表する技のひとつといえる。

総合格闘技でも山本宜久vsマーク・ケアー戦において、ケアーがタックルを仕掛けたところ、山本がフロント・ヘッドロックの形でケアーの頭を締めながら後ろへ倒れた結果、偶然DDTの形になってケアーが失神し試合が決着した例がある。

辻よしなりは、プロレス実況において、DDTを「リング上の殺虫剤」、福沢ジャストミート朗は「プロレス人間殺虫剤」と形容した。

なお、日本のプロレス団体であるDDTプロレスリングは「Dramatic Dream Team」の略称であるが、命名する際に技名として使用されているDDTを略称にかけたものである。

主な使い手[編集]

ジェイク・ロバーツ
前述の通りこの技の考案者。相手の足元へ自ら滑り込むように倒れこむスタイルを愛用していた。
橋本真也
本人も日本人で一番の使い手であると自負しており、ジャンピング式や垂直落下式など派生技や決め方のバリエーションを多数考案し、日本のプロレスにおいて強い影響を与えた。
天龍源一郎
大仁田厚
エル・サムライ
ダニー・スパイビー
スパイビー・スパイクと称した。
テリー・ゴディ
この技でジャンボ鶴田からフォールを奪い、三冠ヘビー級王者となったことがある。
スティング
レイヴェン
ジャイアント馬場
晩年に入ってから使い始めた。デビュー以来欠場したことがなかった馬場が、骨折による欠場明けの復帰試合でDDTを決めて復活勝利を飾った。本人は「こんな簡単でいい技があるなんて知らなかった」と感心していたという。余談だがゲーム『ファイヤープロレスリング』シリーズでは馬場の独特のモーションを再現した「ジャイアントDDT」という技があり、一般的なDDTとは別格の扱いを受けている。
プリンス・デヴィット
ブラディ・サンデーという名称で後述のインプラント式を使用する。
小島聡
エプロンを利用した「断崖式」を敢行する。
田中将斗
スイング式DDTの他、「まとめて」という名称で2人を相手にスタナーとDDTを同時に放つ技も使用する。
ランディ・オートン
相手の足をコーナーやロープに掛けて行う。

派生技[編集]

飛びつき式DDT[編集]

相手が屈んだ状態にある時に、相手の首に飛びついた勢いでそのまま仕掛けるDDT。ロープワークの攻防から走った勢いで決めるパターンや、ショルダースルーなど上に放り投げられた後の落下の勢いで決めるパターンがある。走って決めるパターンはジ・アンダーテイカーが有名で、橋本真也も垂直落下式DDTを開発する前にフィニッシュとして使用していた。

ダイビング式飛びつきDDT
上記の飛びつき式DDTをコーナーから飛びついてかけるもの。プロレスリング・ノア金丸義信が使うディープインパクトなどがある。スワンダイブ式で決める者もいる。(大谷晋二郎ワイルド・ペガサスに放ったタイプ)
シューティングスターDDT
コーナー最上段からシューティングスター・プレスの要領で450度回転し、そのまま相手に飛びついて極めるDDT。非常に難易度が高いため、アメリカでもマット・クロスデス・スターDDTの名称で使用)以外の使い手がほとんど存在しない。

スイングDDT[編集]

フロントヘッドロックで固めた相手を中心に旋回して叩きつけるDDT。米・WWEではトルネードDDTと呼称される。スペル・デルフィンが考案。コーナーポストを利用する形と、その場飛びで使う形(スクリューDDTとも称されることがある)がある。他にグラン浜田佐々木貴ドクトル・ワグナー・ジュニアエディ・ゲレロなど、主に軽量級の選手に使い手が多い。他には太陽ケアハリケーン・スパイクもしくは波乗りDDTとして使用(走り込んで飛び付き、そこから捻りを加える)。女子レスラーではアイスリボン聖菜が得意としている。特にアイスリボンが常設会場としている市ヶ谷アイスボックスには、鉄柱の代わりに壁が存在しており、聖菜の場合、その壁を蹴り上げるようにして旋回している。タッグマッチなどで対戦相手を壁代わりに蹴り上げるステップ式DDTもある(主な使い手は日高郁人)。

垂直落下式DDT[編集]

DDTに相手を捕らえてそのまま持ち上げ、相手の体をマットに対して垂直にした形で落とすDDT。技としては、いわゆる垂直落下式ブレーンバスターとほぼ同型だが、唯一の使い手であった橋本真也が「足のステップがDDTなのでブレーンバスターではない」と主張していた。実際、初期は空中で無理やりDDTのフックに持ち替えるなど落とし方がDDTに近く、危険性を考慮して後のブレーンバスターのような形になった。橋本真也はこの技を一撃必殺の最終兵器として愛用し続け、彼がチャンピオンになって以来、この技を自力でキックアウトしたレスラーはロード・スティーブン・リーガル(現:ウィリアム・リーガル)ただ一人である。

インプラント式DDT
タイツなどを掴んで相手の身体を水平かそれ以上の急角度に持ち上げて、一気に落とすDDT。エッジが使用する場合はエッジ・キューションジョニー・エースが使用する場合はジョニー・スパイクギャングレルが使用する場合はインペイラーマイク・バートンが使用する場合はバートン・スパイクプリンス・デヴィットが使用する場合はブラディ・サンデーと、多くの異称を持つ。
相手の首をマットの上に急角度で落とすため、受身を取るタイミングを間違えたり受身が浅かったりすると、頸椎に重大なダメージを受けることがある危険な技である。しかし、この技をかける側は頭部の頂点よりも前頭部がマットに当たるように仕掛けることが多いため、しっかりと受身の訓練を受けたプロレスラーが受身に失敗することは滅多にない。
なお、前述の垂直落下式DDTを垂直落下式ブレーンバスターと同じ技とみなし、この技を垂直落下式DDTとする考え方もある。他に、この技を垂直落下式のフェイス・バスターとして扱う場合もある。
フィッシャーマンズDDT
フィッシャーマン式DDT、網打ち式DDTとも。フィッシャーマンズ・スープレックスと同じ形で抱え上げてから、相手の頭部からマットへ落とす。橋本真也が使用した。垂直落下式フィッシャーマン・バスターと同じ技であるが、垂直落下式DDT同様、橋本は「足のステップがDDTなので」と主張し、DDTを名乗っている。

ダブルアーム式DDT[編集]

両腕をリバースフルネルソンに固めてのDDT。全日本プロレスの常連外国人レスラーであったダニー・クロファットにより、日本で初公開された。ミック・フォーリーカクタス・ジャックナイフの名称で得意技としている。小橋建太が「小橋健太」の時代に使用していたり、北斗晶安良岡裕二も使用していた。現在ではスティービー・リチャーズの「スティービーT」として有名である。また、秋山準は、1990年代後半頃に、前述のインプラント式のような持ち上げて垂直に落とす形で使用した。同様のフォームで高木三四郎も使用している。

リストクラッチ式DDT
魔神風車固め(変形ダブルアーム・スープレックス)と同型のクラッチから後方に落とす。ダブルアーム式DDTに比べるとクラッチが複雑なため、受け身が取りにくい。過去に丸藤正道奥村茂雄が使用している。丸藤は前述のインプラント式のような落とし方でも使用した。

リバースDDT[編集]

相手の身体が仰向けになった形でのDDT。有名な使い手としては、日本ではエル・サムライ、アメリカではスティングスコーピオン・デス・ドロップランス・アーチャーダークデイズという技名で使用。雪崩式、スイング式で出されることもある。

垂直落下式リバースDDT
リバースDDTの体勢から相手のタイツを掴んで持ち上げ、後頭部から落としていく。エル・サムライゴールダストが得意とする。橋誠は、相手の片足も同時に抱え込んでかける天誅烏落としという技を使用する。同形の抱え式はプリンス・デヴィットもリバースブラディ・サンデーの名称で使用。
ブリティッシュ・フォール
ジョニー・スミスのオリジナル技。ボディスラムのように相手の体を担いでから首をフックしたまま相手を足から着地させ、リバースDDTに移行する技。ゴールダストはカーテン・コール、橋誠はゴリティッシュ・フォールとして使用している。
後方回転式リバースDDT
相手に背を向けたまま、肩上に相手の頭部を抱えた状態からコーナーポストを蹴り上げてバック宙し、相手の頭を中心点に270度回転して決めるリバースDDT。
長らく、この技の「起源説」について様々な説が取り上げられたが、プロレス関係の著書を多数出筆している流智美により、日本プロレスの、吉村道明が使用した「回転投げ」[1]が、起源ではないかとして取り上げられている。ただし、1990年代後半に「コーナーをステップにして、後方回転しながら相手の頭部をマットに叩きつける」という方向に技を進化(深化)させたのは、後述するそれぞれの選手達である。
ブライアン・ケンドリック(スパンキー)はザ・ケンドリックスライス・ブレッドNo.2)、丸藤正道不知火日高郁人ミスティ・フリップの名称で使用していることで有名。
丸藤が「不知火」と称して使い始めてから脚光を浴びたため、知名度は「不知火」が先行している。不知火という技名の由来は丸藤がインタビューで「プロレス界では横文字の技名が流行っていて漢字を使う技名がなかったんで。マンガに出てくる(作品は不明)「妖刀・不知火」から取った」とのこと[2]。しかし、同型の技を使用したのは日高の「ミスティ・フリップ」の方が早い。
アサイDDT
相手に背を向けたまま肩越しに相手の頭部を抱えた状態から、その場で高々とジャンプしてバック宙し、相手の頭を中心点に約270度回転して決めるリバースDDT。上記後方回転式リバースDDTをその場跳びで行う技。ウルティモ・ドラゴンが主な使い手。当初は、彼のリングネームからとってドラゴン・カッターと呼ばれていたが、本名に由来し現在の名に改称。首のロックや着地姿勢は違うが丸藤正道も同型の技を(その場跳び式の)不知火として使用。
雪崩式リバースDDT
コーナーポストから相手の首を抱え下後方へ落ちるリバースDDT。エル・サムライが大一番でのフィニッシュホールドとして使っていたが、あまりにも危険なためか使用数は数えるほどしかない。
雪崩式後方回転リバースDDT
コーナーポストから相手の首を抱え後方に向かって飛び回転しながら着弾させる技。フランキー・カザリアンが「フラックキャパシター」、丸藤正道が「不知火・改」、日高郁人が「雪崩式ミスティ・フリップ」、ミスティコ(シン・カラ・アズーロ)が「C4」という名称で使用している。ツープラトンで放つ同技はスパニッシュ・アナウンスチーム(ジョエル・マキシモ&ホセ・マキシモ)が「スパニッシュ・フライ」の名称で使用している。

返し技[編集]

一般的なDDTの返し方。

  • 水車落としの要領で持ち上げ、後方に反り投げる。
  • スパインバスターの要領で持ち上げ、前方に叩きつける。
  • スピアータックルの要領で、相手をコーナーやロープ際に押し込む。
  • 仕掛けられる直前に、自ら前転するかたちで先に倒れ込み、ダメージを軽減する。(馳浩が、対橋本真也戦(1994年12月、IWGPヘビー級選手権試合)で披露した方法)
    • 上記の応用型で、仕掛けられる直前に、自ら前宙してマットに足から着地する。
  • 相手の軸足に自分の脚を引っかけ、バランスを崩させてフックを外す(ロード・スティーブン・リーガルが橋本真也戦で披露)。

リバース式DDTの返し方。

  • 自ら尻餅をつき、頭から落とされないようにする(結果的に「ドラゴン・スリーパー」をかけられる形になる)。
    • 上記の状態から体を屈伸させて、相手に蹴りを叩き込む。
    • 上記の状態から前方回転エビ固め(サムソン・クラッチ)に持ち込む。
  • 首をクラッチさせたまま、コーナーやロープを駆け上がり、逆に後方回転式リバース式DDTを仕掛ける。

スイング式DDTの返し方。

  • 相手が空中を旋回している所で首のフックを外して、マットに叩きつける(ブロック・レスナーのフィニッシャー「バーディクト」を仕掛けるような形になる)。

後方回転式リバースDDT・アサイDDTの返し方。

  • 技を仕掛けられる前にロープ際やコーナー周辺に移動して、跳躍(着地)する場所を与えないようにする。
    • コーナーなどを利用する場合は、相手の駆け上がりたいコーナーとは逆方向などに遠ざかるように移動する。また、逆にコーナーに先に押し込むように移動してコーナーを使うタイミングをずらす方法もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 相手に「フロント・ヘッドロック」をかけさせてから、自分の体を反転させ(つまり「スタンディング・ドラゴン・スリーパー」の体制)、そこから首のフックを決めさせたまま飛び上がり相手の頭部と自分の腹部をくっつけるように後方回転し、相手を後方に引き倒しフォールを奪う技)週刊プロレス2011年7月6日号、P78.「プロレス検定塾」第230回より
  2. ^ 「週刊プロレス」2013年7月17日号(通刊1693号)頁37,「選手本人が語る21世紀の技解説」

関連項目[編集]