WRESTLE-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社GENスポーツエンターテインメント
GEN SPORTS ENTERTAINMENT CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 GSE
本社所在地 日本の旗 日本
169-0073 
東京都新宿区百人町2-23-25
GENスポーツパレス2階
設立 2013年7月10日
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役 武藤敬司
資本金 9,800万円
関係する人物 武藤敬司(創業者)
外部リンク WRESTLE-1公式サイト
テンプレートを表示

WRESTLE-1(レッスル-ワン)は、日本プロレス団体。運営はGENスポーツエンターテインメント

目次

概要[編集]

全日本プロレスを退団した武藤敬司と10人の選手および3人の練習生によって2013年7月10日に設立された[1]。同年9月8日に東京ドームシティホールで旗揚げ戦を行い、地方を巡業している。女子選手も獲得して男女混合団体にしていくことも示唆している[2]。また現在の全日本プロレスへの皮肉を込めて鎖国はせず、他団体との対抗戦などもやっていきたいと述べている。

団体名は、かつて武藤敬司が近未来的なプロレスを目指して開催した興行である「ファンタジーファイトWRESTLE-1」が由来となっている[3]。武藤自身、理想の演出として2002年11月17日横浜アリーナでのWRESTLE-1におけるグレート・ムタボブ・サップを挙げている[2]。また、「W」には「Wrestling」の他に「Worldwide」「Win」もかけられている[4]

特徴[編集]

旗揚げ当初、WRESTLE-1興行の大きな特徴として、出場選手のみ事前に発表し、他団体の選手の場合は「X」と表記するなど、対戦カードを当日発表とするスタイルを採っている。また、女子プロレスシングルマッチ1カードも含めている。加えて、試合試合の合間に幕間劇を入れる、アングル上にいる者同士のカードを多めに組ませるなど、アメリカンプロレス的なカード編成が組まれている。しかし、2014年3月の両国大会以降、カード発表は次第に事前へと移行し、女子の試合も一部地方大会のみになるなど路線変更。国内他団体との対抗戦も積極的に展開し、これまでにZERO1大日本プロレスWNCK-DOJOとの対抗戦が組まれている。このうちZERO1については、後述する征矢学マッチメーカーの舌禍が引き金となり、団体間抗争、さらにZERO1の至宝たる世界ヘビー級王座の争奪へと至った。一方でWNCについては活動休止後に大半の選手がW-1に吸収されたが、若手選手でNovusを結成し、W-1内部における対抗勢力として活動している。

海外団体ではアメリカTNAと提携し、外国人選手を招聘。一方、W-1側からの派遣については2014年より行っている。同団体及びその提携先であるメキシコAAA、ヨーロッパと4団体で大会の持ち回り開催[5]や統一王座創設構想[6]もある。ただ、AAAについてはジェフ・ジャレットがTNAを離脱して創設されたGFWと提携したためW-1との関係が微妙になっている。

当初W-1ではフラッグシップタイトルを保有しない方向であった[7]が、船木誠勝の呼びかけで2014年7月に「WRESTLE-1チャンピオンシップ」として王座を創設することを決めた[8]。9月には「WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ」も発表した。なお、これらのタイトルは無差別級である。

歴史[編集]

2013年
  • 7月10日 - WRESTLE-1を設立。事務所は東京都港区南麻布2丁目10-2シェラン南麻布4階に置いた。
  • 7月30日 - WRESTLE-1がTNAと業務提携を結んだ[9][10]
  • 8月9日 - 団体ロゴと出場28名のうち所属以外の17名が当日発表のXとされる異例の旗揚げ戦カード(女子プロレス1試合含む)を発表[11][12][13][14][15]
  • 9月8日 - 東京ドームシティホールにて旗揚げ戦(観衆2,500人)。GAORAでの生中継、ニコニコ生放送並びにUstreamでのPPVも行われる。
  • 9月22日 - 旗揚げシリーズ最終戦として石川県産業展示館3号館大会を開催(観衆1,508人)[16]馳浩が大会実行委員長を務め、FIGHTING TV サムライで生中継される。
  • 10月1日 - 旗揚げ戦からフリーとして参戦をしていた真田聖也が正式入団[17]
  • 10月6日 - 第2シリーズ開幕戦として後楽園ホール初開催(観衆1,750人)。TNA創設者ジェフ・ジャレットが来日。
  • 10月26日 - 大和ヒロシプロデュース興行第1弾「千葉からもっとをモットーに! チャリティ大網白里大会」を開催(観衆750人)。
  • 同月に武藤敬司が膝の悪化を理由に第一線からの撤退を表明し半引退状態となり、試合でゲスト解説を行うようになった。
  • 11月9日 - 大和ヒロシプロデュース興行第2弾「〜縁から絆に〜チャリティー釜石大会」を開催。
  • 11月16日 - 後楽園ホール大会でTNA世界ヘビー級選手権が行われた(観衆1,650人)。
  • 11月17日 - 浜亮太デビュー5周年記念 藤岡市ふるさとチャリティを開催(観衆900人)。
  • 11月30日 - 「THE RING」とのコラボ大会を長崎市平和会館ホールで開催(観衆600人)。
2014年
  • 1月12日 - 2014年最初の大会を後楽園ホールで開き、前年限りで全日本を退団した征矢学がマッチメーカーに就任[18](観衆1,550人)。
  • 1月26日 - 初の公開新人オーディションを開催[19]。3人が合格[20]
  • 同月にWNCを退団した村瀬広樹が練習生として参加[21]
  • 3月2日 - 初のビッグマッチとして両国国技館大会「開戦〜OUTBREAK〜」を開催[22](観衆5,800人[23])。W-1 vs TNA対抗戦を主軸としTNA三大タイトル戦も組まれ、このうちXディビジョン王座を真田聖也が奪取。武藤のパートナーXは太陽ケアと発表された。放送はGAORAではなくTNAの中継権を持つ日テレG+で放送された。
  • 3月4日 - 事務所をGENスポーツパレス(旧スポーツ会館)に移転[24]
  • 3月9日 - TNA主催PPV「LOCK DOWN」にグレート・ムタ、真田聖也、中之上靖文が参戦。
  • 3月15日 - 京都・KBSホールにてTNA Xディビジョン王座挑戦者を決めるエクストリームロイヤルを開催し、吉岡世起が挑戦権獲得(観衆650人)。
  • 4月9日 - 征矢学マッチメーカーがKAIに対して「WRESTLE-1でエースになることは無理なのでZERO1あたりでエースになってくれ」と発言したことに対しZERO1側が抗議。ZERO1新木場大会で征矢が謝罪するも、大谷晋二郎社長は面会を拒否し横山佳和に水を掛けられる。
  • 同月にイギリスのオールスター・レスリングとドイツのEWPと提携[25]
  • 5月4日 - 旗揚げ戦以来のTDCホール大会を開催[26](観衆1,750人[27])。スペシャル6人タッグとして藤波辰爾LEONA親子が参戦、船木誠勝と組んで勝利。EWPインターコンチネンタル・STRONGEST-Kタッグのタイトルマッチも組まれた。
  • 5月17日 - 「田中稔デビュー20周年記念vol.2“初プロデュース”大会~KYOTO LIVE」をKBSホールで開催。この大会はW-1興行とは別枠で行われた。
  • 6月1日 - ZERO1後楽園ホール大会でZERO1との全面対抗戦を開催。
  • 7月1日 - WNCよりTAJIRIAKIRA児玉裕輔藤原ライオン土肥孝司黒潮"イケメン"二郎の6名が移籍入団[28]。村瀬広樹も正式に所属選手となる[21]
  • 7月6日 - 2度目の両国大会を開催[26](観衆4,800人[29])。TNAタッグ・ブリティッシュ・ライトヘビー級・EWPインターコンチネンタル・ZERO1世界ヘビー級の4ヶ国のタイトルマッチが組まれ、TNAタッグは奪取を逃したものの、他3タイトルはいずれもW-1が奪取成功。メインではスペシャルマッチとしてグレート・ムタVS真田聖也が組まれムタが勝利。
  • 7月7日 - 真田聖也がTNAと契約し、WRESTLE-1とのダブル契約となる[30]
  • 7月21日 - WRESTLE-1王座の新設を発表[8]
  • 8月8日 - フリーとして参戦していた征矢学が正式入団[31]
  • 9月22日 - WRESTLE-1タッグ王座の新設を発表[32]
  • 10月8日 - 後楽園ホールにてWRESTLE-1初代王者決定戦が行われ、河野真幸が初代王座獲得(観衆1,080人)[33]
  • 10月10日 - 「AKIRA 30周年記念生前葬 地獄から来たチャンピオン」を新宿FACEで開催[34]
  • 10月12日 - 後楽園ホールで開催されるTNA年間最大PPV「BOUND FOR GLORY」に全面協力[35]
  • 11月1日 - 武藤敬司デビュー30周年記念大会「HOLD OUT」を両国国技館で開催[36](観衆7,200人[37])。武藤はメインで河野真幸より指名を受けてWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦し奪取に成功。セミでは元WWEアルベルトが登場。
  • 11月4日 - 城西大学高麗祭にて「WRESTLE-1×城西大学」を開催予定[38]
  • 11月5日-7日 - 「KASSEN~合戦 ZERO1 vs W-1 全面対抗戦~」を新宿FACE3連戦として開催予定[39]
  • 11月9日 - 「田中稔デビュー20周年記念FINAL~第1回逗子商店街プロレス~」を開催予定[40]
  • 11月30日 - 後楽園ホールにてWRESTLE-1初代タッグ王者決定戦を予定[32]

タイトルホルダー[編集]

WRESTLE-1が管理する王座
タイトル 保持者 歴代 防衛回数 次期挑戦者
WRESTLE-1チャンピオンシップ 武藤敬司 第2代 真田聖也
WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ カズ・ハヤシ&近藤修司 初代 1 河野真幸&TAJIRI

所属選手、主要参戦選手[編集]

正規軍[編集]

チーム246[編集]

ニュー・ワイルド・オーダー[編集]

デスペラード[編集]

Novus[編集]

練習生[編集]

定期参戦選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

コンディショニングコーチ[編集]

公式サポーター[編集]

Cheer♡1

「応援」、「元気」を意味する「cheer」という言葉をコンセプトとして「1. Sporty 2. Healthy 3. Beauty 4. Global」にファッション、スポーツ、そして日本を応援するモデルのガールズユニット。2013年9月7日のWRESTLE-1旗揚げ前日公開記者会見で公式サポーターとして発表された。

フリー、他団体参戦選手[編集]

プロレスラー[編集]

新日本プロレス[編集]

ZERO1[編集]

大日本プロレス[編集]

みちのくプロレス[編集]

DDTプロレスリング[編集]

DRAGON GATE[編集]

KAIENTAI DOJO[編集]

九州プロレス[編集]

ふる里プロレス[編集]

プロレスリングHEAT UP[編集]

東京愚連隊[編集]

リアルジャパンプロレス[編集]

ドラディション[編集]

リキプロ[編集]

藤原組[編集]

Office K2[編集]

高山堂[編集]

AO/DC[編集]

先駆舎[編集]

フリー[編集]

女子プロレスラー[編集]

JWP女子プロレス[編集]

LLPW-X[編集]

アイスリボン[編集]

プロレスリングWAVE[編集]

スターダム[編集]

ワールド女子プロレス・ディアナ[編集]

WNC-REINA[編集]

エスオベーション[編集]

プロレスリング我闘雲舞[編集]

KAIENTAI DOJO[編集]

琉球ドラゴンプロレスリング[編集]

フリー[編集]

格闘家[編集]

毛利道場[編集]

チームカズ[編集]

チームドラゴン[編集]

シルバーウルフ[編集]

来日外国人選手[編集]

プロレスラー[編集]

TNA[編集]

GFW[編集]

EWP[編集]

IWRG[編集]

ZERO1[編集]

チームビースト[編集]

フリー[編集]

女子プロレスラー[編集]

TNA[編集]

PWWA[編集]

フリー[編集]

試合中継[編集]

放送中のテレビ番組
終了したテレビ番組

WRESTLE-1旗揚げ戦[編集]

WRESTLE-1旗揚げツアー
イベント詳細
シリーズ
開催年月日 2013年9月8日
開催地 日本の旗 日本東京都文京区
会場 東京ドームシティホール
開始時刻 16:00
試合数 全8試合
放送局 GAORA(生中継)
ニコニコ生放送PPV
USTREAM(PPV)
入場者数 2500人(超満員札止め)
  • 団体発足会見にて東京ドームシティホール大会での旗揚げを発表。ならびに対戦カードは所属選手以外は全て当日発表とされた。これについて東京スポーツの報道で武藤敬司は出場予定17選手の「X」として伏せたことについて「(出場者をファンに)想像させるのも演出の一つ。そういうのも楽しんでいただけるように組み合わせを組んだ」としている[15]
  • 8月26日、前売券が完売。急遽、見切れ席を緊急販売。
  • 9月6日、全席種が完売となり、当日券は無しとなった。
  • オープニングセレモニーでは武藤敬司に扮した神奈月が登場した。
  • 最初のXとして紹介されたのがGAORA生中継の解説者を担当する小橋建太
  • WRESTLE-1公式サポーターCheer♡1(チア・ワン)が紹介された。
第1試合 稲葉大樹デビュー戦 (1/30)
大和ヒロシ
稲葉大樹
6分38秒
ノーザンライトボム
NOSAWA論外 (東京愚連隊)×
MAZADA (東京愚連隊)
第2試合 タッグマッチ (1/30)
× 中之上靖文
浜亮太
10分18秒
パイルドライバー
佐藤耕平 (ZERO1) ○
崔領二 (ZERO1)
第3試合 スターダム提供マッチ (1/30)
(スターダム) 世IV虎 6分27秒
ダイビングセントーン
岩谷麻優 (スターダム) ×
第4試合 タッグマッチ (1/30)
(フリー) 金本浩二
田中稔
13分1秒
アンクルホールド
フジタ"Jr"ハヤト (みちのくプロレス) ×
望月成晃 (DRAGON GATE)
第5試合 タッグマッチ (1/30)
× 近藤修司
カズ・ハヤシ
15分6秒
ジャーマンスープレックスホールド
関本大介 (大日本プロレス)
岡林裕二 (大日本プロレス)
第6試合 タッグマッチ (1/30)
× 河野真幸
船木誠勝
18分6秒
チキンウイングフェイスロック
桜庭和志 (フリー)
柴田勝頼 (フリー)
第7試合 シングルマッチ (1/30)
KAI 16分45秒
スプラッシュ・プランチャ
真田聖也 (フリー) ×
第8試合 タッグマッチ (1/30)
武藤敬司
ボブ・サップ
10分20秒
ムーンサルト・プレス
レネ・デュプリ ×
ゾディアック

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武藤が新団体『WRESTLE-1』を発表! 2013年7月10日 バトルニュース
  2. ^ a b 武藤「W-1」女人禁制を解く 2013年7月12日 東京スポーツ
  3. ^ 武藤敬司の新団体は「WRESTLE-1」 2013年7月10日 デイリースポーツ
  4. ^ 武藤敬司が新団体『WRESTLE-1』旗揚げ 第1弾は9.8TDCホール、世界進出も視野 スポーツナビ 2013年7月10日
  5. ^ “武藤の新団体きょう旗揚げ戦”. 日刊スポーツ. (2013年9月8日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130908-1185925.html 
  6. ^ “武藤W-1が世界4団体統一王座構想”. 東京スポーツ. (2013年9月4日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/179565/ 
  7. ^ “船木がW-1を痛烈批判!団体独自の新王座創設訴える”. 東京スポーツ. (2014年4月23日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/258725/ 
  8. ^ a b WRESTLE-1王座新設のお知らせ”. 2014年7月21日閲覧。
  9. ^ Japanese legend The Great Muta meets with Jeff Jarrett and TNA Officials in Nashville” (英語). Total Nonstop Action Wrestling (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  10. ^ Johnson, Mike (2013年7月30日). “More on TNA meeting” (英語). Pro Wrestling Insider. 2013年7月30日閲覧。
  11. ^ News” (Japanese). Wrestle-1 (2013年8月9日). 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月9日閲覧。
  12. ^ 武藤敬司がW-1旗揚げ大会カード発表”. 日刊スポーツ (2013年8月9日). 2013年8月9日閲覧。
  13. ^ 武藤の新団体旗揚げ戦カード発表!28選手中17人の名前明かさず”. スポーツナビ. Yahoo! (2013年8月9日). 2013年8月9日閲覧。
  14. ^ Wrestle-1が9・8TDCホール大会、"X"だらけの旗揚げ戦カードを発表!グリコパワープロダクションがスポンサーに”. バトル・ニュース (2013年8月9日). 2013年8月9日閲覧。
  15. ^ a b 武藤W-1旗揚げ戦は謎だらけ”. 東京スポーツ (2013年8月10日). 2013年8月10日閲覧。
  16. ^ W-1旗揚げツアー
  17. ^ 真田聖也がW-1に入団”. 2013年9月時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月閲覧。
  18. ^ 征矢学がW-1マッチメーカーに就任 日刊スポーツ 2014年1月13日
  19. ^ 来たれ!未来の武藤、船木!~初の新人公開オーディション開催決定のお知らせ
  20. ^ “W-1入団テスト3人合格、3月入寮へ”. 日刊スポーツ. (2014年1月26日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140126-1249340.html 
  21. ^ a b W-1の7.6両国大会で行われる真田vsムタがノンタイトル戦に!村瀬広樹が7月1日付でW-1所属となる”. バトル・ニュース (2014年7月4日). 2014年7月4日閲覧。
  22. ^ 平成26年3月2日(日)【WRESTLE-1】初の両国国技館大会が決定!
  23. ^ FIGHTING ENTERTAINMENT WRESTLE-1 「開戦~OUTBREAK~」
  24. ^ 事務所移転に伴う住所、電話&FAX番号変更のお知らせ 2014年3月3日
  25. ^ Meltzer, Dave (2014-04-28). “Apr 28 2014 Wrestling Observer Newsletter: Ultimate Warrior documentary review, ROH moves to live PPV, UFC on FOX review with new heavyweight contender, tons more”. Wrestling Observer Newsletter (Campbell, California): 28. ISSN 10839593. http://www.f4wonline.com/component/content/article/110-wrestling-observer-newsletter/36650-apr-28-2014-wrestling-observer-newsletter-ultimate-warrior-documentary-review-roh-moves-to-live-ppv-ufc-on-fox-review-with-new-heavyweight-contender-tons-more. 
  26. ^ a b 5.4東京ドームシティホール大会&7.6両国国技館大会開催決定のお知らせ
  27. ^ WRESTLE-1 TOUR 2014 Cherry blossom
  28. ^ 6月18日デイリースポーツ
  29. ^ FIGHTING ENTERTAINMENT WRESTLE-1 「衝撃~IMPACT~」
  30. ^ W1真田がTNAと契約「ムタ超えたい」”. 日刊スポーツ (2014年7月7日). 2014年7月7日閲覧。
  31. ^ WRESTLE-1新入団選手のお知らせ 2014年8月8日
  32. ^ a b WRESTLE-1タッグ王座新設のお知らせ 2014年9月22日
  33. ^ WRESTLE-1 TOUR 2014 初代王者決定トーナメント 2014年10月8日
  34. ^ AKIRA 30周年記念生前葬 地獄から来たチャンピオン 2014年9月21日閲覧
  35. ^ 10/12(日)TNA年間最大PPVイベント「BOUND FOR GLORY」日本開催のお知らせ 2014年6月26日
  36. ^ 11月1日(土)両国国技館にて武藤敬司デビュー30周年記念大会開催のお知らせ 2014年7月6日
  37. ^ 武藤敬司デビュー30周年記念大会「HOLD OUT」 2014年11月2日閲覧
  38. ^ 城西大学学園祭・高麗祭にて「WRESTLE-1×城西大学」開催決定のお知らせ!! 2014年9月24日
  39. ^ 「KASSEN~合戦 ZERO1 vs W-1 全面対抗戦~」新宿FACE 3連戦 開催発表記者会見 2014年9月25日
  40. ^ 田中稔デビュー20周年記念FINAL~第1回逗子商店街プロレス~ 2014年9月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]