ユニバーサル・プロレスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユニバーサル・プロレスリングは、日本プロレス団体。日本で初めてルチャ・リブレ的なプロレスを基本とした団体。略称はユニバ。設立時はユニバーサル・レスリング連盟ユニバーサル・レスリング・フェデレーションとも称していた。同名団体「UWF」、米国の同名団体「UWF」とは組織的なつながりはない。

概要[編集]

旗揚げまでの経緯[編集]

新日本プロレス営業本部長で、UWFの設立にも関わった新間寿は、旧ジャパンプロレス社長であった大塚直樹ジャパン女子プロレス社長の持丸常吉らとともに「格闘技連合」の設立を計画し、ジャパン女子プロレスのレフェリーとして活動していたグラン浜田、営業部員であった大仁田厚を手駒としてジャパン女子プロレスを母体にプロレス、空手などを混合した団体への計画を構想していた。しかしジャパン女子の混合団体化は選手・ファンなどからの反対で頓挫したため、新間らはフリーとして活動を再開していた大仁田が設立したフロンティア・マーシャルアーツ・レスリング(FMW)を支援する方向へ方針転換した。

ところが、蓋を開けてみればFMWは「マーシャル・アーツ」を称していたものの、デスマッチ志向が強かった事や様々なハプニングが起こり、新間らが目指していた「格闘技連合」という方向性から大きく逸脱していた事で撤退を決意。当時、広告代理店に勤務していた息子である新間寿恒とともに、子飼いであった浜田を所属選手とする形で、メキシコの流れを組むルチャ・リブレ団体の設立を計画した。

1990年1月17日に「ユニバーサル・レスリング連盟」を設立。日本人所属選手が浜田一人であった事から、当時メキシコで活躍し新日本プロレスへ凱旋参加が決定していた浅井嘉浩(現:ウルティモ・ドラゴン)を浜田が口説いて参加させた。また、FMWに参加していた秋吉昭二(現:邪道)、高山圭司(現:外道)、脇田洋人(現:スペル・デルフィン)らを加えて、陣容を整えた。経営陣には新間寿恒が代表兼プロモーターに、旧ジャパンプロレスの会長であった竹田勝司が会長に、大塚が最高顧問に就任するなど、新間寿自身は経営陣には加わらなかったものの、寿の交友関係から強力なバックアップ体制を敷いた形を取った。

団体の歴史[編集]

1990年3月1日、東京・後楽園ホール大会にて旗揚げ。「本場・メキシコのルチャ・リブレを直輸入」という、今までの日本のプロレス界にない発想から、旗揚げ戦は満員の観客を集めた。アメリカの選手と比べれば体が小さく、ミル・マスカラスなど一部の選手を除けば、それまで前座外人的な扱いだったメキシコの選手に光を当て、ルチャ・リブレというスタイルを日本に広めた功績は大きかった。また、熱狂的なファンが多く、良い試合には観客からおひねりがリングへ投げ込まれるなど、それまでの日本のプロレス団体とはまた違った雰囲気を醸していた。

旗揚げに際して、自前のリングを持っていなかった為、全日本女子プロレスから練習場所の提供を受け、リングを借りる事が出来たが、その縁で旗揚げ戦には前田薫(現:KAORU)ら全日本女子プロレスの選手が特別参戦した。これ以降、しばしばユニバーサルの興行にも参戦した[注釈 1]事で注目され、それまで女子プロレスを見なかった男性ファンを女子プロレスの興行に足を運ばせるきっかけを作っている。

日本側陣営は浜田に加え、浅井がメキシコでの成果をファンに見せた事で、事実上のユニバーサルのエースと扱われた。また、旗揚げ戦の第1試合ではFMWから転じた秋吉と高山(当時:ブラック・アイドマン)、第2試合では脇田(当時:モンキー・マジック・ワキタ)と村川政憲(現:ザ・グレート・サスケ)が対戦するなど、現在のプロレス界でも活躍する人材が在籍していた。

しかし、比較的小規模な興行を行っていたにもかかわらず、メキシコから一流の選手を多数招聘した事や、多数の練習生を入団させた事で団体の経営状況は悪化していった。その様な中、1991年3月にはエースの浅井が、メキシコでの主戦場をLLIからEMLLへ転戦した事から、日本の主戦場もEMLLと提携していたSWSへの転戦を余儀なくされ、ユニバーサルを離脱した(一説によれば、浅井の移籍もギャラの問題が関係したと言われている)[注釈 2]

浅井離脱後は浜田のほかメキシコ修行中にMASAみちのくが現在の「ザ・グレート・サスケ」、ワキタが現在の「スペル・デルフィン」のスタイルを確立して凱旋、看板選手としてユニバーサルを支えたが、依然としてメキシコからの大量招聘に拘った結果、以前にもまして経営が悪化。団体の後半に差し掛かると、ほとんどの日本人選手がノーギャラでの参戦を強いられていたと言われていた。

1992年11月27日にサスケらがみちのくプロレスを旗揚げすると、多くの選手が掛け持ち参戦した。当初、みちのくプロレスは東北地区のプロモーター的な立場として、ユニバーサルの興行権を購入する事で未払い状態となっていたギャラの支払いを期待していたが、ギャラの未払いが続いた事に加え、ユニバーサルにおけるカード編成の不満もあって、同年6月の興行を最後にグラン浜田を除くほぼ全員の日本人選手が離脱、みちのくプロレス所属となった。

新間らは興行活動を一時休眠したのち、同年12月に「FULL(フェラデシオ・ウニベルサル・ルチャリブレ)」と改称して活動を再開、何度か単発興行を行ったが、現在は自然消滅の形となっている。浜田も1994年よりフリーランスとして活動した後、1996年にみちのくプロレスに入団している。

2010年7月に20周年を記念したDVD2枚組「THE 20th ANNIVERSARY ユニバーサルプロレス ザ・ルチャ・リブレ大空中祭」が発売される。

タイトル[編集]

スペル・デルフィンが保持。デルフィンがユニバーサルを離脱した際、返還を拒否して、みちのくプロレスに持ち込む。以降は「スーパーウェルター級王座」という、デルフィンの個人所有のような位置付けのタイトルとなり、みちのくと大阪プロレスでタイトル戦が行われた(なお、みちのくに定着以降は、本来ベルトにあった「UWF」の文字が、「SUPER DELFIN」と書かれたプレートが上から貼られて消されていた)。1999年11月、大阪プロレス王座の新設に伴い封印。

日本で初の「TV王座」。タイトルマッチはスペース・ビジョン・ネットワーク(現:GAORA)「格闘チャンプフォーラム」内で組まれた。JC-TVは制作協力元。

タイトルマッチの殆どが全日本女子プロレスで行われたが管理、運営はユニバーサルが行っていた。

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

来日外国人選手[編集]

プロレスラー[編集]

女子プロレスラー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新間寿の意向で、ユニバーサルの経営陣にはジャパン女子プロレスの社長であった持丸常吉が顧問として加わっていたが、寿恒の意向が優先された結果である。
  2. ^ 浅井の離脱に関しては、寿恒の父新間寿が「SWSの引き抜きじゃないか!」とSWSに対して激怒したが、当時SWSの社長であった天龍源一郎との直接会談で事態が収拾、形の上では円満移籍となった。この時、天龍と接点を持った新間寿は天龍の人柄を激賞し、後に天龍がアントニオ猪木への対戦要望書を託したのは寿であった[1]

出典[編集]

参考書籍[編集]