パット・タナカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パット・タナカ
プロフィール
リングネーム パット・タナカ
タナカ
タナカ・サン
エル・ガトー
GOKU-DO
本名 パトリック・タナカ
(Patrick Tanaka)
ニックネーム 日系の猛犬
日系の極道
身長 178cm
体重 102kg(全盛時)
誕生日 1963年8月5日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ[1]
トレーナー デューク・ケオムカ
新日本プロレス
デビュー 1984年
テンプレートを表示

パット・タナカPatrick "Pat" Tanaka1963年8月5日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身[1]日系アメリカ人。出身地はハワイ州ホノルルとされる場合もある。

来歴[編集]

1950年代から1960年代にかけて活躍した日系人プロレスラーであり、NWAフロリダ地区のブッカーでもあったデューク・ケオムカの三男[1]1983年末に留学生として新日本プロレスに入門し、1984年4月7日の佐野直喜戦でデビュー。アメリカに帰国後は、NWAミッドアトランティック地区などでジョバーとしてキャリアを積んだ。

1986年よりテネシー州メンフィスCWAを主戦場に、ポール・ダイヤモンドとのバッド・カンパニーBadd Company)で活躍。同地区認定のタッグタイトルを再三獲得した[2][3]1988年からはダイヤモンドと共にAWAに参戦。マネージャーにはダイヤモンド・ダラス・ペイジが就き、ミッドナイト・ロッカーズ(マーティ・ジャネッティ&ショーン・マイケルズ)とAWA世界タッグ王座を争った[4]

1989年8月には外国人サイドで新日本プロレスに再来日、オーエン・ハートと組んでIWGPタッグ王座決定リーグ戦に参加している。同年にWWFと契約し、ミスター・フジをマネージャーにサトーこと佐藤昭雄オリエント・エクスプレスThe Orient Express)を結成。佐藤がフロント入りした1990年の末からは、旧友ダイヤモンドが覆面レスラーのカトーを名乗って新加入、1991年には揃ってSWSにも来日した。

1992年の初頭にWWFを離れ、メキシコなどを転戦後、8月に日本のユニバーサル・プロレスリングに参戦。1993年からはダイヤモンドとバッド・カンパニーを再結成してECWUSWAを転戦した。1996年にはWCWエル・ガトーEl Gato)なるタイガーマスクの偽物風の覆面レスラーに変身し、6月16日のグレート・アメリカン・バッシュにてコナンUSヘビー級王座に挑戦している[5]

2000年2001年FMWに参戦、2000年の来日時には邪道&外道&中山香里の持つWEW6人タッグ王座にブラッド・エリオット&ダミアン・ブレイドと組んで挑戦した。2001年10月、GOKU-DOリングネームで12年ぶりに新日本プロレスに登場、TEAM 2000のメンバーとなって活動した[6]。以降はセミリタイアし、2005年より各地のインディー団体へのスポット出場を続けている。

得意技[編集]

この他、受身の巧さにも定評があり、クローズラインを受けた際には体を後方にキリモミ状に回転させてバンプを取ることで、その威力を引き立たせていた[7]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P61(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b CWA International Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  3. ^ a b AWA Southern Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  4. ^ a b AWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  5. ^ WCW Show Results 1996”. The History of WWE.com. 2009年11月17日閲覧。
  6. ^ メキシコやユニバーサル・プロレスリングにおいて邪道外道の兄貴分的存在だったため、リングネームも彼らに合わせている。
  7. ^ 『Gスピリッツ Vol.13』P42:TAKAみちのくインタビュー(2009年、辰巳出版ISBN 4777807150

外部リンク[編集]