エル・ソラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エル・ソラール
プロフィール
リングネーム エル・ソラール
ソラール1号
マリアッチ
ニックネーム 太陽仮面
身長 172cm
体重 89kg
誕生日 1956年5月25日(58歳)
出身地 メキシコの旗メキシコ
ハリスコ州サコアルコ・デ・トーレス
トレーナー ディアブロ・ベラコス
デビュー 1975年5月
テンプレートを表示

エル・ソラールEl Solar1956年5月25日 - )は、メキシコハリスコ州サコアルコ・デ・トーレス出身の覆面レスラー

ソラール2号は弟。イホ・デル・ソラールは実子ともいわれる。

来歴[編集]

1975年5月にサンルイスポトシでデモニオ・ロホを相手にデビュー、スペル・アストロウルトラマンとの宇宙をモチーフとしたトリオタッグチーム「ロス・カデテス・デル・エスパシオ」としても活躍する。日本には1981年8月、新日本プロレス「ブラディ・ファイト・シリーズ」で初来日。シリーズ最終戦の9月23日・田園コロシアム大会ではタイガーマスクと一騎打ちを行ったが、試合途中で左肩を脱臼するアクシデントに見舞われ、不運な敗戦を喫した[1]。その後は1992年ユニバーサル・プロレスリングに来日。

1994年に「マリアッチ」とリングネームを変えた。1997年、1998年、1999年にみちのくプロレスに参戦した。

2002年3月にDEEPに来日参戦し鈴木みのる相手に総合格闘技に初挑戦。2004年1月に「ハッスル」、プロレスに来日。2010年7月に「LUCHA FESTA 2010」に来日。2012年8月にみちのくプロレスふく面ワールドリーグ戦に来日。

2013年7月にはプロレスリング華☆激に来日。

得意技[編集]

タイトル歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 漫画作品『プロレススーパースター列伝』のタイガーマスクの章では、当時正体不明のマスクマンであったタイガーの正体を記者に話そうとしたため、怒ったタイガーの制裁を受け怪我をしたかのような描かれ方をされているが、これはフィクションであり、あくまでも試合中のアクシデントによる怪我である。またレフェリーの山本小鉄が(脱臼を治そうとしてか)ソラールの左腕を掴んで振り回したことも怪我を悪化させた。見かねたタイガーが試合を早く終わらせるために猛烈な攻撃を浴びせたというのが真相である。