エル・イホ・デル・サント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エル・イホ・デル・サントメキシコの旗
エル・イホ・デル・サントの画像
銀色のマスクがエル・イホ・デル・サント、青いマスクがブルー・デモン・ジュニア
プロフィール
リングネーム エル・コラック
エル・イホ・デル・サント
本名 非公開
ニックネーム 聖者二世
身長 168cm
体重 84kg
誕生日 1963年8月2日(51歳)
出身地 メキシコの旗メキシコ
メキシコシティー
トレーナー ラファエル・サラマンカエル・エンフェルメロ
デビュー 1982年6月6日
テンプレートを表示

エル・イホ・デル・サントEl Hijo del Santo1963年8月2日 - )は、メキシコシティ出身の覆面レスラー。実エル・サントは、メキシコの伝説的英雄で覆面レスラー。身長168cm、体重84kg。

来歴[編集]

1982年6月にデビュー。

1983年に最優秀新人王と年間最高人気選手賞を同時に獲得し、はやくもトップレスラーの仲間入りを果たした。1984年10月28日にUWA世界ライト級王座、1990年4月27日にはUWA世界ウェルター級王座を獲得し、UWA史上初の二階級同時制覇を達成した。この間1986年10月にWWA世界ライト級王座も獲得している。

1990年6月にユニバーサル・プロレスリングに参戦するため初来日(この時の興行で、自分の試合後初めてリングにおひねりが飛び、そのことに感激し号泣している)。後楽園ホールでフェルサ・ゲレーラを破り、WWA世界ウェルター級王座を獲得した。この他にもナショナルウェルター級王座・PNW王座も獲得し三冠王者となり、AAAの爆発的人気を支えた。

1992年5月にAAA(トリプレ・ア)の旗揚げ戦に参加し、1993年11月5日にオクタゴンとのタッグチームでAAA世界タッグ王座を獲得した。

1994年11月に新日本プロレスで行われた「AAAルチャワールド」に参加したが、1995年8月にAAAを離脱した。

1996年CMLLにてルードに転向しライバルのネグロ・カサスを坊主頭に刈ると、1998年に再びリンピオに戻り2001年1月28日に全日本プロレス東京ドーム大会にミル・マスカラスとのタッグで参加した。

2007年11月15日、フィリピンのマニラで開催されたボクシング興行でルチャリブレ(メキシコ)の試合が組まれ、エル・イホ・デル・サントは日本人プロレスラーを相手に勝利した。プロボクシングの主要4団体の1つであるWBCの会長ホセ・スライマンは25周年を迎えたエル・イホ・デル・サントに同年12月、そのプロレスにおける顕著な功績を讃えて「WBC世界レスリングチャンピオン」の称号とチャンピオンベルトを付与した。それはプロレスラーに対して初めて名目的に与えられたものであったが、エル・イホ・デル・サントはスライマンとこれに助力したエリック・モラレスに謝辞を述べ[1]、そのタイトルを2008年に数度防衛したとされている。

2013年3月7日、息子のニエト・デル・サントがプロレスリングノアに留学したことが発表された[2]

特徴[編集]

リングネームは、「El:英語のTheに相当する語」「Hijo:息子」「del:英語のof theに相当する語」「Santo:聖なる(者)」という意味で、父の「El Santo」に倣って「聖なる者の息子(聖者二世)」という意味である。英語表記:The Son of the Saint

プロレス以外でもスポーツ万能で、柔道空手などの格闘技や水泳も得意だという。

「マスク剥ぎマッチ」では無類の強さを発揮し、約40人のマスク剥ぎに成功した。これは長い歴史を誇るルチャリブレでも最多記録である。

獲得タイトル[編集]

UWA

WWA

CMLL

AAA

その他

  • WBC世界レスリングチャンピオン(2007年)[1]

得意技[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]