UWA世界ウェルター級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UWA世界ウエルター級王座(UWAせかいウエルターきゅうおうざ)は、UWAが管理していた王座である。

歴史[編集]

LLI解散後はAAAで管理されていた。

日本国内では、主にユニバーサル・プロレスリング新日本プロレス闘龍門、またこれらの所属選手が参戦する団体で選手権試合が行われた。

現在は休眠状態である。

歴代王者[編集]

歴代数 レスラー 戴冠回数 獲得日付 獲得した場所・その他
初代 ビジャノ3号 1 1975年12月4日 メキシコシティ
ウラカン・ミラレスを破る。
第2代 ソラール 1 1977年5月29日 メキシコシティ
第3代 ボビー・リー 1 1978年7月16日 モンテレ―
第4代 エル・シグノ 1 1979年6月24日 ティウァナ
第5代 グリンゴ 1 1980年4月13日 モンテレ―
第6代 エル・テハノ 1 1980年9月07日 メキシコシティ
1982年2月10日王座空位
第7代 ロボ・ルビオ 1 1982年5月10日 メキシコシティ
エル・マテマテコを破る
第8代 エル・マテマテコ 1 1982年10月17日
第9代 ブルー・パンテル 1 1984年12月16日 メキシコシティ
第10代 ブラックマン 2 1986年2月9日 メキシコシティ
第11代 レイ・リチャード 1 1987年9月3日 メキシコシティ
第12代 浅井嘉浩 1 1988年7月29日 メキシコシティ
第13代 チャルレス・ルセロ 1 1988年10月9日 モンテレ―
第14代 エル・イホ・デル・サント 1 1990年4月27日 モンテレ―
第15代 エル・エスパント・ジュニア 1 1992年5月12日 メキシコシティ
第16代 セレスティアル 2 1992年6月25日 メキシコシティ
第17代 スペル・デルフィン 1 1993年5月17日 東京
第18代 ザ・グレート・サスケ 1 1993年7月24日 盛岡
第19代 スペル・デルフィン 2 1993年8月24日 東京
第20代 セレスティアル 3[1] 1993年8月28日 メキシコシティ
第21代 カルロフ・デカルデ・ジュニア 1 1994年1月30日 ナウカルバン
第22代 エル・イホ・デル・サント 1 1994年5月25日 トラルネパンドラ
第23代 保永昇男 1 1994年11月18日 広島
第24代 大谷晋二郎 1 1994年12月13日 大阪
第25代 金本浩二 1 1995年4月16日 広島
第26代 グラン浜田 1 1995年9月22日 名古屋
体重制限オーバーのため王座返上
第27代 スペル・クレイジー 1 1995年11月17日 ネツァワルコヨトル
レイ・ブカネロを破る。
第28代 キッド・グスマン 1 1997年10月 ネツァワルコヨトル
第29代 スペル・クレイジー 2 1998年6月15日 福岡
第30代 オリエンタル 1 2000年10月13日 トレオン
2001年2月負傷のため王座返上
第31代 ネメシス 1 2001年9月23日 トレオン
6人タッグマッチで勝利チームのキャプテンが王座を獲得できるルール[2]
第32代 レイ・クエルボ 1 2002年4月14日 トゥランシンゴ
2003年5月王座空位
第33代 石森太二 1 2003年5月11日 メキシコシティ
スペル・クレイジーを破る 2004年8月29日王座預かり[3]
第34代 南野たけし 1 2004年9月9日 東京
パイナップル華井マンゴー福田を破る

脚注[編集]

  1. ^ 以前のリングネームブラックマンから通算して
  2. ^ 対戦カードはネメシス&クレイジー・ボーイ&レイ・クエルボVSエル・インポステール&エル・カサドール&ポデール・ヒタノ(太字はキャプテン)
  3. ^ 南野たけしが反則攻撃で勝利後に判定変更があったため

外部リンク[編集]