闘龍門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

闘龍門(とうりゅうもん)は、1997年ウルティモ・ドラゴンメキシコナウパルカンに開校したプロレス界初の日本人ルチャドール養成学校。正式名称はULTIMO DRAGON GYM 闘龍門(ウルティモ・ドラゴン・ジム・とうりゅうもん)。ルチャドールはメキシカンスタイルのプロレスラーのことである。

歴史[編集]

半年に1度生徒を募集し、一定期間のトレーニングの後、メキシコのプロテストに合格したものから、メキシコ自主興行でプロデビューさせている。ウルティモ・ドラゴン校長自身の経験から、受験資格として身長制限は一切設けていない。デビューした生徒たちは、当初はアメリカWCWダーク・マッチなどに出場させていたが、1998年に1期生のCRAZY-MAXシーマ・ノブナガ(現:CIMA)、ジュードー・スワ(現:SUWA)、スモー・フジ(現:ドン・フジイ)をみちのくプロレス日本デビューさせ、本格逆上陸の足がかりとした。

1999年、日本国内で「逆上陸」自主興行を開催。WAR時代から親交のあった武輝道場岡村隆志望月成晃TARUらと合流し、興行会社「闘龍門JAPAN」を神戸市に設立、卒業生の受け皿とした。初期はマグナムTOKYO率いる正規軍とCRAZY-MAXと望月成晃率いるM2Kの三軍対抗戦がメインだった。

2000年闘龍門2000プロジェクトを始動させ、メキシコ式の複合関節技「ジャベ」をメインとした、ミル・マスカラス登場以前の古典メキシカンプロレスルチャリブレ・クラシカ」の復興をコンセプトに5期生〜8期生を養成した。T2Pの逆上陸興行では、特徴的な6角形のリングを採用し、従来のプロレスとの差別化をアピールした。スタイルの違いから闘龍門JAPANとの抗争となり、最終的には敗北して「T2P」は解散、主力選手は「JAPAN」に合流し、未熟な選手は後述の「X」に吸収された。

2002年闘龍門Xをスタートさせ、世界に通用する新たなスター選手の養成に乗り出した。所属選手の石森太二は、2003年1月に東京ドームで開催されたファンタジーファイトWRESTLE-1 IIに出場して国内デビューを果たし、その身体能力の高さが関係者に絶賛された。その後石森はウルティモ・ドラゴン校長に帯同して新日本プロレスに参戦。他にミニCRAZY-MAXミニCIMA(現:SUGI)、SUWAシート(現:KAGETORA)、スモール"ダンディ"フジ(現:ラッセ)とロス・サルセロス・ハポネセス南野たけし(現:南野タケシ)、パイナップル華井(現:Ken45°)、マンゴー福田(現:ベアー福田)と村上学(現:卍丸)、ムルシエラゴ(現:フェニックス)らがみちのくプロレスに参戦。2004年9月9日の自主興行を持って、「闘龍門X」は解散したが、所属していたレスラーの多くはみちのくプロレスに合流した。ただし、メキシコの道場は今もあり、「闘龍門MEXICO」として活動していて、コーチにMAZADAがいる。そして、2006年3月13日には、アドバイザーにTAJIRIが就任した。4月16日後楽園ホール大会「ULTIMO DRAGON WORLD WIDE UD:06」では、ウルティモ・ドラゴンが日本で約1年半ぶりに復活を果たし、闘龍門MEXICOの選手達は日本初上陸を果たした。

非常に顔立ちの整った選手が多く「空飛ぶホストクラブ」と言われたことがある。

初期の頃、選手間で同じ技を使用しないようにしていた。そのため、1度の興行で1000の技が出てくると言われていた。

タイトル[編集]

  • ヤングドラゴン杯 - 闘龍門MEXICOが開催する若手選手によるシングルマッチのリーグ戦。
  • EL NUMERO UNO - 闘龍門JAPANが開催するシングルマッチのリーグ戦。
  • REY DE PAREJAS - 闘龍門JAPANが開催するリーグ戦で、2003年はタッグマッチのリーグ戦、2004年は6人タッグマッチのリーグ戦が行われた。
  • UDG王座 - 闘龍門JAPANが管理していた王座。

闘龍門出身者[編集]

西暦はデビュー年。リングネームは闘龍門最終所属時。団体名は「闘龍門JAPAN」が「JAPAN」、「闘龍門MEXICO」が「MEXICO」、「闘龍門2000プロジェクト」が「T2P」、「闘龍門X」が「X」、「DRAGON GATE」が「DG」、「ドラゴンドア」が「DD」、「エルドラド」が「ED」と略して表記。

西暦 リングネーム 現在
1997年
1 黒木克昌→トーキョー・マグナム→マグナムTOKYO→黒木克昌 JAPAN→DG→ハッスル大道塾江東支部「黒木道場」(支部長)
1 大島伸彦→シーマ・ノブナガ→CIMA JAPAN→DG
1 藤井達樹→スモー・フジ→スモー"ダンディ"フジ→ビッグ・フジ→ドン・フジイ JAPAN→DG
1 諏訪高広→ジュードー・スワ→SUWA JAPAN→DG→フリー
1 ドラゴン・キッド JAPAN→DG
1 SAITOスペル・シーサー JAPAN→DG
1998年
2 新井健一郎 JAPAN→DG
2 堀口元気→堀口元気H.A.Gee.Mee!! JAPAN→DG
2 神田裕之→ジミー神田 JAPAN→DG
2 ストーカー市川→ストーカー市川Z→“ハリウッド”ストーカー市川 JAPAN→DG
3 望月享→横須賀享 JAPAN→DG
3 清水基嗣 T2P→ED→ソウルコネクション→フリー→プロレスリングSECRET BASE
1999年
4 斎藤了 JAPAN→DG
4 玉岡金太 JAPAN→DG(レフェリー)→解雇
- 斎藤誠→MAKOTO→ダークネス・ドラゴン→K-ness. みちのくプロレスレッスル夢ファクトリー→フリー→DG
2000年
5 森Ken太郎→アンソニー・W・森→森隆行 T2P→JAPAN→DG→引退、DG(スタッフ)
5 セカンド土井→土井成樹 T2P→JAPAN→DG
5 岩佐卓典→岩佐拓 T2P→JAPAN→DG(スタッフ)
5 三島来夢 T2P→JAPAN→DG→フリー→健介オフィス→引退
6 ミラノコレクションA.T. T2P→JAPAN→DG→フリー→新日本プロレス→引退
6 大柳二等兵→大柳錦也 T2P→ED→みちのくプロレス
6 フィリップ・J・福政 T2P→引退
6 TARUシート T2P→JAPAN→引退
6 村上拓也 T2P→引退
7 大鷲透 T2P→JAPAN→DG→フリー→ED→ソウルコネクション→フリー
7 YOSSINO→吉野正人 T2P→JAPAN→DG
7 "brother"YASSINI→"brother"YASSHI T2P→JAPAN→DG→フリー→ED→フリー
7 ペスカトーレ八木→ベーカリー八木→八木隆行 T2P→JAPAN→DG(レフェリー兼大会本部長)
7 シーサー・ボーイ→シーサーBOY→しゃちほこBOY 練習生→DG
7 大家健 練習生→DDTプロレスリングユニオンプロレスガンバレ☆プロレス
2001年
8 コンドッティ修司→ドッティ修司→近藤修司 T2P→JAPAN→DG→フリー→ED→全日本プロレス→フリー→WRESTLE-1
8 小川内潤 T2P→JAPAN→ED(リングアナウンサー)→ソウルコネクション→プロレスリングSECRET BASE→フリー
8 ベルリネッタ・ボクサー→高木省吾 T2P→X→JAPAN→DG→フリー→ED→フリー
8 菅原拓也 T2P→X→JAPAN→DG→フリー→ED→フリー
8 ムルシエラゴ→シャドーフェニックス X→フリー
2002年
9 石森太二 X→ED→プロレスリング・ノア
9 佐藤秀→バラモン・シュウ T2P→X→ED→ソウルコネクション→フリー
9 佐藤恵→バラモン・ケイ T2P→X→ED→ソウルコネクション→フリー
9 村上学→大間まぐ狼→卍丸 X→ED→フリー
9 新井小一郎→野橋真実→野橋太郎 X→MEXICO→みちのくプロレス
9 山本武志→南野たけし→南野タケシ X→フリー
9 華井健一→パイナップル華井 X→MEXICO→ED→ソウルコネクション→フリー
9 SUWAシート→景虎→KAGETORA X→フリー→ED→フリー
9 スモール"ダンディ"フジ→ジャンピングキッド沖本→ラッセ X→ED→ソウルコネクション→フリー
9 ランボ三浦→ダイナマイト東北 JAPAN→X→フリー
9 高梨将弘→マサ高梨 練習生→DDTプロレスリング
2002年
10 谷嵜直樹→谷嵜なおき→Mr.キューキュー"谷嵜なおき"豊中ドルフィン X→JAPAN→DG→フリー→ED→フリー
10 マンゴー福田→ベアー福田 X→MEXICO→ED→フリー→プロレスリングSECRET BASE
2003年
11 ミニCIMA→遮那王→義経→エル・ブレイザー→SUGI X→フリー→ED→フリー→AAA→フリー
11 サイト・マスダ X→引退
11 アミーゴ鈴木 X→MEXICO→フリー
11 パッション長谷川 X→MEXICO→フリー
12 青木洋介→スパーク青木 X→ED→ソウルコネクション→プロレスリングSECRET BASE→フリー
12 片上学 X→引退
12 KONDO&Co. X→引退
12 TARUシート X→引退
2004年
13 堀口ひろみ X→MEXICO→フリー
13 ミラニートコレクションa.t.→ツトム・オースギ X→ED→ソウルコネクション→フリー
13 松山勘十郎 X→MEXICO→大阪プロレス→フリー
13 千賀達人→バナナ千賀→ヘラクレス千賀 X→MEXICO→ED→ソウルコネクション→フリー
13 大原はじめ X→MEXICO→ハッスル→SMASHWNC→フリー
13 岡田かずちか→オカダ・カズチカ X→MEXICO→新日本プロレス
2007年
15 中島洋平→めんそ〜れ親父→中島洋平 練習生→DD(練習生)→ED(練習生)→沖縄プロレス→フリー→全日本プロレス
? 梶原慧 MEXICO→ダイヤモンド・リング→フリー
2008年
14 山田真弘 練習生→ED→フリー→プロレスリングSECRET BASE
その他
? ギジェルモ"チャンゴ"秋葉→CHANGO MEXICO→ED→フリー
? 花岡大輔 MEXICO→フリー
特待生 田島久丸 X→MEXICO→ドラディション→引退
武輝道場
岡村隆志 武輝道場→JAPAN(代表取締役社長)→DG(代表取締役社長)
望月成晃 武輝道場→フリー→DG
TARU 武輝道場→DG→フリー
河野圭一→チョコフレークK-ICHI 武輝道場→DG→引退
川畑憲昭 武輝道場→JAPAN→T2P→DD(代表取締役)→ED(代表取締役)→フリー→ダイアモンド・リング(広報)→全日本プロレス(広報)[1]

闘龍門JAPAN、DARGON GATE[編集]

DRAGON GATEは、1999年興行部門として闘龍門JAPAN武輝道場を吸収合併する形でスタート。代表取締役社長は岡村隆志。1999年1月31日後楽園ホールで旗揚げ戦を行った。その後、創立5周年記念大会を最後にDRAGON GATEと改称し、闘龍門から独立した。

ドラゴンドア、プロレスリング・エルドラド[編集]

ドラゴンドアプロレスリング・エルドラドは、川畑憲昭を代表取締役としてDRAGON GATEを解雇された悪冠一色のメンバーが合流し、2005年からライブドアスポンサードラゴンドアとして興行を開始していたがライブドアの不祥事が影響して2006年2月23日プロレスリング・エルドラドに名称変更することを発表、ウルティモ・ドラゴン校長のもとから離れることとなった。エルドラドも現在は解散しており、その後プロレスリングSECRET BASE紅白プロレス合戦に分かれて活動していた。

脚注[編集]

  1. ^ プロレス道場”. TVでた蔵 (2013年12月26日). 2015年9月22日閲覧。

関連項目[編集]