スコルピオ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコルピオ・ジュニア
プロフィール
リングネーム イマジェン
スコルピオ・ジュニア
レッド・スコルピオン
エル・バンディード
サダム
本名 ラファエル・ヌニェス・ホアン
ニックネーム 赤さそり二世
身長 174cm
体重 98kg
誕生日 1966年10月11日(47歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコメキシコシティー
所属 IWRG
トレーナー スコルピオ
ラファエル・サラマンカ
デビュー 1985年8月30日
テンプレートを表示

ラファエル・ヌニェス・ホアンRafael Núñez Juan1966年10月11日 - )は、メキシコメキシコシティー出身の男性プロレスラー

スコルピオン・ジュニアScorpio, Jr.)で知られる。

来歴[編集]

「赤さそり」ことスコルピオの3人兄弟の長男。大学では経済学を学び、その一方でアマチュアレスリング(フリースタイル44キロ級)、重量挙げなどを経験[1]、その後4年間のプロレス修行の末1985年8月30日イダルゴ州アレナ・アクトパンでデビュー。デビューしてまもなく現在のリングネームのマスクマンになる。

1992年6月15日に日本のユニバーサル・プロレスリングにてシュー・エル・ゲレーロと組んでUWA/UWFインターコンチネンタル・タッグ王座を奪取。1993年5月30日にシュー・エル・ゲレーロ、エル・エンヘンドロと組んでエル・シグノネグロ・ナバーロブラック・パワー2号組を破りUWA世界トリオ王座を奪取。1994年2月には新日本プロレスに来日、シングルでは獣神サンダー・ライガー大谷晋二郎高岩竜一エル・サムライ小島聡とシングルを行った。5月30日にも同じメンバーで同じ相手にUWA世界トリオ王座を再び奪取。1994年10月にも同ベルト奪取。1997年には新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにエントリー。1998年11月13日ベスティア・サルバヘと組んで出場したCMLL世界タッグチーム王者決定トーナメントの決勝でドクトル・ワグナー・ジュニアエル・サタニコを破りCMLL世界タッグチーム王座を奪取。1999年3月19日にベスティア・サルバヘと組んでマスカラ・コントラ・カベジェラマッチでネグロ・カサスエル・イホ・デル・サント組に破れ素顔になる。

2006年にはAAA2008年にはIWRG入りした。IWRGではインターヘビー、インタータッグ、インタートリオなどを奪取した。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

  • CMLL世界タッグチーム王座:2回(w/ ベスティア・サルバヘ)
  • FCWライブヘビー級王座
  • IWRGインターナショナルヘビー級王座:4回
  • IWRGインターナショナルタッグ王座(w/ リッキー・クルズ
  • IWRGインターナショナルトリオ王座(w/ セレブロ・ネグロエル・ベネノ
  • UWA/UWFインターコンチネンタル・タッグ王座(w/ シュー・エル・ゲレーロ)
  • UWA世界トリオ王座:3回(w/ シュー・エル・ゲレーロ、エル・エンヘンドロ(2回) w/ シュー・エル・ゲレーロ、ビジャノ5号

脚注[編集]

  1. ^ 『'93プロレスオールスターSUPERカタログ』P82(1993年、日本スポーツ出版社

外部リンク[編集]