東原亜希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひがしはら あき
東原 亜希
プロフィール
別名 井上 亜希(本名)
生年月日 1982年11月11日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県横須賀市
血液型 A型
民族 日本人
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
スリーサイズ 84 - 58 - 84 cm
カップサイズ D
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2002年
ジャンル タレント
他の活動 スポーツキャスター、グラビアファッションモデル
その他の記録
ベジタブル&フルーツマイスター
モデル: テンプレート - カテゴリ

東原 亜希(ひがしはら あき、1982年11月11日 - )は、日本タレント。所属事務所プラチナムプロダクション。本名“井上 亜希”(いのうえ あき、旧姓:東原)。

アサヒビールキャンペーンガール”としてデビューした2003年以後、モデル、タレント、ならびにキャスターとしてなど幅広く活動[1]。女性誌ファッションモデルからフジテレビの深夜格闘番組『SRS』の4代目格闘ビジュアルクィーンに抜擢されたことから注目を集め、バラエティ番組を中心に、司会者、スポーツキャスター、グラビアなど多彩な活動を見せている。

来歴

神奈川県横須賀市武山に生まれ、2000年、高校在学中に現事務所からスカウトを受けた、2002年11月、翌2003年度のアサヒビールキャンペーンガールに選ばれる。2003年を通してアサヒビールキャンペーンガールとして活動したほか、女性ファッション誌JJ』の専属モデルに就任。5月には長谷川京子の後を受け、フジテレビの深夜格闘番組『SRS』の4代目格闘ビジュアルクィーンを務める。

2006年5月、『SRS』卒業。引き続きフジテレビ『K-1ワールドグランプリ』のキャスター・レポーターに就任。藤原紀香西山茉希とともに実況を担った。2007年になるとフジテレビの競馬情報バラエティ番組『うまなで〜UMA to NADESHIKO〜』のメインパーソナリティーに安田美沙子今井りかとともに抜擢される。この頃よりバラエティ番組の出演が増加。

2008年1月、柔道家の井上康生と結婚。同年10月18日に結婚披露宴を行った際、妊娠していることを発表した。翌2009年1月より井上康生が日本オリンピック委員会海外コーチング研修(スポーツ海外研究員制度)を受けるため、スコットランドへ渡航することに伴い東原も同行しエディンバラに在住。同年5月8日に第一子となる女児をエディンバラで出産。

2010年6月23日、第二子を妊娠中であることを自身のブログで発表。同年9月8日にはブログで妊婦姿の写真を公表。同年11月26日、第2子となる男児を出産[2]

2011年には自身初となるスタイルブック『東原亜希のStyle Book』を発売[3]。2013年にはファッションブランド『クロックス・ジャパン』からのミューズ起用があり、同ブランド初の広報大使としてウェブサイトや直営店での広報やアイテムプロデュースなどの活動を展開する運びとなった[4]

人物

趣味は格闘技観戦、料理、ゴルフ、読書、長距離ドライブなど。好きな食べ物はバナナ明治スナック菓子たけのこの里[5]アニメ声優を務めるのが夢[6]。家族構成は、サラリーマンの父、母、4歳上の兄、2歳上の姉。祖母が精肉店を営んでいる[7]。幼少の頃から多くの習いごとを経験したが、唯一長く続いたのはピアノ。ピアノ歴は15年ほどで、中学校の卒業式では伴奏を担当した。視力が悪いためコンタクトレンズ眼鏡を使用していたが、視力回復のため2008年2月にレーシックの手術を受けた[8]

2004年11月に、井上康生との交際が報じられた。出会いは2003年、『SRS』の世界柔道特集でのインタビューであり、東原の一目惚れから交際がスタート。結婚願望が強く「28歳までには結婚したい」「将来は主婦タレントとして活動したい」[9]などと語っていたが、2008年1月15日午前、25歳で井上康生と結婚。二人で神奈川県秦野市役所に婚姻届を提出した後、井上の練習場である東海大学湘南校舎柔道場で記者会見を行った。以後、タレント活動をセーブし井上の北京オリンピック挑戦を支えていたが、北京代表選出はならず、井上は同年5月2日に引退を発表した。2009年2月から井上の留学先にあたるスコットランドに滞在。井上の留学期間が2年間のため「2年間帰国の予定はない」と断言していたが、同年8月に「娘のビザ取得のため」帰国し一か月ほど日本に滞在。その後、2010年1月から井上をスコットランドに残し娘と一時帰国しており、テレビ番組に数回出演している。

エピソード

デビュー以来男性誌でのグラビア活動はほとんどなかったが、2007年の写真集発売と前後して一部の男性誌で水着姿を披露している。初めて買ったCDは観月ありさの曲。観月とは2006年、日本テレビの連続ドラマ『CAとお呼びっ!』で初共演を果たし大変感激したとのこと。

お笑い好きと公言しており、『M-1グランプリ』のDVDは全巻所有し、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』や『リチャードホール』、『人志松本のすべらない話』のファンでもある。最もお気に入りの芸人はケンドーコバヤシ。自身のブログで公言し、バラエティ番組で共演した際、必ず「ファンです」、「かっこいい」と好意を伝え、ケンドーコバヤシが司会の『Shibuya Deep A[10]』にゲスト出演した際には「好きすぎて仕事にならない」と語った。

中学生の頃はとにかく学業に対しては真面目に取り組み、成績は五段階評価で4か5がほとんどだった[11]

競馬におけるエピソード

2007年4月から同年12月までサンケイスポーツ紙面に競馬コラムを連載していた。好きな馬はウオッカ。自身が馬券を買って初めて当たった馬である。『うまなで』の番組内企画でバランスボールゲームに勝った騎手の吉田隼人にモーニング・コールをすることになり、寝起きドッキリの末にモーニング・コールをかける場面が放送された。東原は「今度は食事でも」と言い、吉田はVTRで「早く起こされたけど嬉しかった」と答えていたが、番組キャラクターの「うまなでさん」から「実は吉田騎手は沢尻エリカが一番好み」と聞かされ、ショックを受けたと語っている。

DEATH NOTE伝説

「東原が本命予想で取り上げた馬は、たとえ1番人気馬であってもことごとく負けてしまう」という本人にとっては不名誉なジンクスがある。2007年春シーズンは21連敗を喫しており、さらに本命に挙げた馬が3頭骨折している。「本命キラー」と呼ばれ、東原が番組内で使用する予想フリップや競馬ノートは『DEATH NOTE(デスノート)』と揶揄される。

日本ダービー特集の放送でVTR取材に応じた騎手の武幸四郎は、その前のヴィクトリアマイルで1番人気だったカワカミプリンセスが敗北したことを引き合いに出して「亜希ちゃんが本命にしたから負けた」と発言し、それを見て怒った東原は日本ダービー予想の中に武幸四郎が騎乗するヒラボクロイヤルを急遽予想フリップに追加。この様子を番組マスコットの「うまなでさん」は「DEATH NOTEに書かれた」と表現し、「東原予想=DEATH NOTE」として広まる。結果は本命のフサイチホウオーともども敗北したことから、関係者の間でも話題となり、後に宝塚記念特集の放送では、武豊が「(自身の騎乗馬の)ポップロックには本命を打たないで欲しい」と発言。

2007年7月1日放送分『ジャンクSPORTS』に出演した際にこの東原予想が話題となったが、VTRで登場した後藤浩輝武幸四郎に「勘弁してください」と言われ、東原は「名前いっぱい書いてやりますから!」と発言。2か月後の同年9月9日、武幸四郎は札幌競馬場で施行された利尻特別で落馬。検査の結果、全身打撲、左肺挫傷、左肋骨骨折の重傷と判明した。なお、放送では、『うまなで』関係者と武幸四郎ら騎手連で行った飲み会でも東原は武幸四郎に無視されたと語っている。

宝塚記念まで20連敗を喫し、新聞のテレビ番組表には見出しに「東原20連敗」と掲載された。連敗伝説が評判を呼び、2007年10月25日発売の『Sports Graphic Number』(文藝春秋)の競馬特集では「連敗女、東原亜希の秋予想」というページまで設けられた。25歳の誕生日であった2007年11月11日に施行された「第32回エリザベス女王杯」において、本命にあげたダイワスカーレットが一着となった。この結果、番組開始以来の連敗記録を38でストップ。『うまなで』は1年で終了。さらには9月から出演していた『SUPER KEIBA』も2007年いっぱいで終了したが、個人的には今後も競馬ファンは続ける旨を明かしている[12]


出演

映画

  • チェンジ! (2006年、旭正嗣監督、マニュスクリプト)
  • 怨喰 (2006年、東映ビデオ

ドラマ

バラエティ 情報番組

  • SRS(フジテレビ)レギュラーMC 4代目格闘ビジュアルクイーン
  • K-1 GRANDPRIX(フジテレビ)
  • うまなで〜UMA to NADESHIKO〜(2007年1月 - 2007年12月、フジテレビ)
  • 今田ハウジング(2007年3月 - 2008年3月、日本テレビ)
  • トシガイ(2007年4月 - 2008年6月、日本テレビ)
  • ラジかるッ(2007年3月6日、2007年4月13日 - 2007年9月21日、2008年11月14日、日本テレビ)
  • スーパー競馬(2007年9月 - 2007年12月、フジテレビ)
  • キラ☆キラ Girly mama (2012年10月5日 - 、テレビ朝日)

他多数

ラジオ

CM

企業広告・イメージガール

雑誌

作品

書籍

  • ひがしはらですが?(2008年2月27日発売、ワニブックスブログ
  • 東原亜希のハートフルウエディング(2008年10月17日発売、ワニブックス)※結婚披露宴の引出物として出された。
  • 東原亜希のHAPPY BOX(2011年4月21日発売、KKベストセラーズ)
  • 東原亜希のStyle Book(2011年11月26日発売、ワニブックス)
  • DVD付き 東原亜希の骨盤やせ美脚ダイエット(2012年8月8日発売、セブン&アイ出版)
  • 東原亜希のHAPPY LIFE(2013年6月12日、宝島社)

写真集

  • easy to easy (2007年5月26日発売、ワニブックス)

カレンダー

  • 東原亜希 2006年度 カレンダー (2005年9月24日発売)
  • 東原亜希 2007年度 カレンダー (2006年9月30日発売)

DVD

  • SRS格闘ビジュアルクィーン 東原亜希(2004年8月4日発売)
  • AKI SUNFLOWER (2004年8月、ポニーキャニオン
  • 東原亜希 Daring (2005年10月20日発売、ラインコミュニケーションズ
  • 隣之怪 (2006年10月21日発売)
  • 廣戸聡一のReashストレッチ 〜締まる くびれる 細くなる! 女度UPストレッチ〜 (2006年11月15日発売)
  • HIGASHIHARA IN HAWAII (2007年6月27日発売、ワニブックス)
  • 鳥人間コンテスト 2007 全機録 (2007年11月21日発売、ジェネオンエンタテインメント

トレーディングカード

  • プラチナム オフィシャル カードコレクション (2007年10月13日)

著述

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 『東原亜希、人気ブランド初のアンバサダーに就任』 2013年1月16日 モデルプレス
  2. ^ 井上康生氏、東原亜希夫妻に第2子長男誕生 - スポーツ報知 2010年11月27日
  3. ^ 『東原亜希、初のスタイルブック発表 産後ダイエットの全貌も公開』 2011年11月8日 モデルプレス
  4. ^ 『クロックス・ジャパン、初のアンバサダーにママタレント東原亜希を起用』 2013年1月16日 Fashionsnap.com
  5. ^ いってきま。 - 東原亜希ブログ 2007年9月8日
  6. ^ 「フレッシュスター名鑑2007」より。[要ページ番号]
  7. ^ 2007年8月放送『浜ちゃんと!』より。[要高次出典]
  8. ^ ブログ記事の「ざぶんぐる」と2007年10月16日付「スポーツ報知」で手術を受けることを発表した。それ以前にも視力が悪かったという証拠は自身のブログに多数出ている。術後の様子はブログ記事の「少しぼやけてます」と「レーシック途中経過興味のある方だけどうぞ」に綴られている。
  9. ^ 『Rod and Reel』2007年10月号より。[要ページ番号]
  10. ^ 2007年7月13日放送。[要高次出典]
  11. ^ 2007年7月23日放送分『三丁目のポスト』で中学生の頃の通知表が公開された。[要高次出典]
  12. ^ 公式ブログで本人が発言。[要高次出典]

外部リンク

先代:
長谷川京子
SRS格闘ビジュアルクイーン
4代目
次代:
西山茉希