たけのこの里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たけのこの里

たけのこの里(たけのこのさと)は、株式会社明治が製造・販売しているチョコレートスナック菓子。期間限定商品も発売される。1979年昭和54年)より当時の明治製菓から発売された。きのこの山の姉妹品だが、売り上げはたけのこの里の方が多いとのこと[1]

特徴[編集]

中身はクッキー。外側にチョコレートのコーティングがかかっており、このチョコレートはミルクチョコレートとビターチョコレートの二層になっている。きのこの山と比べ、内容量は若干少ない。 きのこの山に比べ、一粒のチョコレートの量は若干少ない。

パッケージ[編集]

  • 箱の外側には竹やぶのある農村風景が描かれている。

その他[編集]

  • 柏レイソル所属のサッカー選手、太田圭輔[1]、雑誌『Hana*chu』の読者モデル・田口ひとみ、漫才コンビトータルテンボス大村朋宏、男子水泳銅メダリスト・立石諒の大好物である。
  • きのこの山と同様、アメリカでは名称とパッケージデザインを変えて販売しており、たけのこの里は『CHOCOCONES(チョココーンズ)』という名前で販売されている。パッケージデザインは日本版に比べ大人向けのデザインとなっている。(同社のアーモンドチョコレートに似たパッケージ)。日本国内で製造したものの輸出品である[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]