ヨープレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨープレイ (フランス語: Yoplait)は、乳製品を製造・販売するフランスの企業、またヨーグルトのブランド名である。ヨーグルトの販売では世界シェア2位[1]。過去にヨープレイトというブランド名で販売されていた。

概要[編集]

1964年、フランスの6つの地方酪農組合が全国販路開拓のため合弁しソディマ(Sodima)を結成、翌1965年にブランド名を「Yoplait」に統合[2]。1971年、北米に進出、1977年にはアメリカ合衆国の食品大手ゼネラル・ミルズen:General Mills)と提携、翌1978年には南米に進出した。ヨーロッパ各地で販路を広げつつ1981年には日本アフリカ、翌年にはオーストラリアニュージーランド、翌1983年には韓国、1997年には中東にも進出。1990年、農業協同組合ソディアル(fr:Sodiaal)が結成されその一部門となり、2002年には仏投資会社PAIパートナーズ(en:PAI Partners)がヨープレイト事業に出資し共同経営となる[3]。2010年、カナダのヨーグルト会社リベルテ(en:Liberté Natural Foods)を買収。2011年5月、ゼネラル・ミルズとソディアル、PAIが合意、ゼネラル・ミルズがヨープレイトの株式51%を取得し、ソディアル(49%)との共同経営となる[4]。ヨーグルトメーカーとしては2011年時点で世界2位[4]

日本では、日本ミルクコミュニティ(現:雪印メグミルク、設立前はJA全農)がフランチャイジーであるフランスのソディマ社からライセンスを受けて販売していた。しかし、2007年3月31日を以て契約満了したのに伴い、ソディマとは提携を解消した事で、「ヨープレイト」ブランドの製品はしばらく販売されていなかった。2009年11月18日に明治乳業(現:明治)がヨープレイ社と提携し、2010年春をめどに「ヨープレイ」ブランドの製品を発売することが発表された[2][1]

マークの由来[編集]

ヨープレイは1968年から6弁の花をデザインしたロゴを使用していた[2]。これは、同ブランドがフランスで6つの協同組合によって設立されたことに由来している[5]。2005年から5弁のデザインに変更された。

CMソング[編集]

  • 「ありのままに咲く花、ヨープレイト…」のCMソングで知られる(1981年頃放送のもの)。そのCMでは「フランスからやってきたヨープレイトヨーグルト、新発売」というナレーションがあり、日本で発売開始されたのはその頃と思われる。CMソングはアルゼンチン人歌手・オスカルが歌っていた。曲名は「異国」(東芝EMIから発売したアルバム「異国」に収録されている。作詞/ミセス・タダ、作曲/オスカル)。ヨープレイトの詞はCMソング用に書き下ろされ、「ヨープレイト」の部分は実際は「異国の旅人」となっている。
  • 1983年、C-C-B(当時はCoconutBoys名義)のデビュー曲『Candy』がCM曲に起用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 明治乳業 (2009年11月18日). “明治乳業 フランスYoplait(ヨープレイ)グループ 業務提携によるヨーグルト新ブランド「meiji Yoplait」(メイジ ヨープレイ)商品発売のお知らせ”. 2009年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c History”. Yoplait. 2014年7月30日閲覧。
  3. ^ History”. Sodiaal. 2014年7月30日閲覧。
  4. ^ a b 古江敦子 (2011年5月19日). “米ゼネラル・ミルズ、仏ヨープレイト株式の51%取得”. http://www.nikkei.com/article/DGXNASGN19001_Z10C11A5000000/ 2014年7月29日閲覧。 
  5. ^ Lucien Fa (2009年12月11日). “Pourquoi la petite fleur ne se fane jamais?”. Bravo la petite fleur!. 2014年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]