ボーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボーデン


ボーデン (Borden) は、乳製品を中心とする食品のブランド、および、それをかつて所有していたアメリカ合衆国の企業であるボーデン社 (Borden Inc.)。現在はヘキシオン・スペシャルティー・ケミカルズ (Hexion Specialty Chemicals、現モメンティブ・スペシャルティー・ケミカルズ(Momentive Specialty Chemicals)) がブランドを所有している。

現在、アメリカではボーデン・ミルク・プロダクツ (Borden Milk Products L.P.) がボーデンを、日本ではロッテが派生ブランドのレディーボーデンライセンス生産している。

ボーデン社[編集]

1857年、ゲイル・ボーデン・ジュニア (Gail Borden, Jr.) がゲール・ボーデン・ジュニア社 (Gail Borden, Jr., and Company) を設立しコンデンスミルクの製造を始めたのがルーツ。1858年にはニューヨーク・コンデンスミルク社 (New York Condensed Milk Company)、1899年にボーデン・コンデンスミルク社 (Borden Condensed Milk Company)、1919年にボーデン社 (Borden Company) と、社名変更した。

1929年持株会社となる。1950年代から、ポリ塩化ビニルの生産など、事業の多角化をはじめた。1964年にはクラッカー・ジャックを買収。

1991年から業績が悪化。1995年コールバーグ・クラヴィス・ロバーツ (Kohlberg Kravis Roberts; KKR) に買収された。グループは解体され、主要事業は2005年にヘキシオンに吸収された。ボーデンの名はブランドといくつかの子会社に残っている。

かつての本社はオハイオ州コロンバスにあった。

ボーデン・ミルク・プロダクツ[編集]

現在アメリカでボーデン・ブランドの乳製品や飲料を製造しているボーデン・ミルク・プロダクツは、旧ボーデン社とは直接の関係はない。ボーデングループ崩壊後の2000年に設立された企業で、ヘキシオンからライセンスを得てライセンス生産をしている。

日本での商品展開[編集]

ボーデン社はかつて、明治乳業(現:株式会社明治)と提携してアイスクリームマーガリンなどを販売していた。

1971年、ボーデン社と明治乳業はアイスクリームの新ブランド「レディーボーデン」を共同で発売したが、明治乳業が独自ブランド「Aya」を立ち上げたことにより関係悪化。提携は解消され、ボーデン社は日本法人ボーデンジャパンを設立した。その後、ボーデンは一度日本市場から撤退した。

1994年、ロッテ(子会社のロッテアイスが担当)がライセンス生産契約により、レディーボーデンの販売が再開した。

一方、化成品事業の日本での商品展開もあった。1968年岩崎工業[1]がボーデン社と提携し、「ラストロウェア(Lustroware)」と呼ばれる食品用プラスチック容器を販売した。ボーデン社が化成品事業から撤退した後もラストロウェアは岩崎工業によって販売され、現在に至る。

また、日立化成工業が、ボーデン社と合弁で「日立ボーデン株式会社」を1973年に設立し、家庭用ラップフィルムの「ボーデンラップ」を販売したが、現在は社名を「日立化成フィルテック[2][リンク切れ]」と改め、「ボーデンラップ」は2004年に「家庭用ヒタチラップ」と改名されている。

なお、ボーデンジャパンは、ボーデングループ崩壊後も現在まで存続している。