日東電工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日東電工株式会社
NITTO DENKO CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6988 1962年8月27日上場
大証1部(廃止) 6988 1962年8月27日 - 2013年7月12日
略称 日東電
本社所在地 日本の旗 日本
530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪タワーA
本店所在地 567-8680
大阪府茨木市下穂積一丁目1番2号
設立 1918年(大正7年)10月25日
(日東電気工業株式会社)
業種 化学
事業内容 化学品、医薬品、他
代表者 髙﨑 秀雄(取締役社長)
資本金 267億83百万円
発行済株式総数 1億7375万8428株
売上高 連結:6756億14百万円
単独:4751億53百万円
(2013年3月期)
営業利益 連結:673億72百万円
単独:462億円
(2013年3月期)
純利益 連結:438億40百万円
単独:326億12百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:4916億28百万円
単独:3343億44百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:7414億73百万円
単独:5566億27百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:30,382名
単独:6,163名
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 JPモルガン・チェース・バンク380055 2.53%
ステート・ストリート・バンク&トラスト505225 2.19%
OD05・オムニバスチャイナトリーティ808150 1.87%
(2010年3月31日現在)
主要子会社 日昌(株) 100%
(株)ニトムズ 100%
外部リンク http://www.nitto.com/jp/ja/
テンプレートを表示
日東電工本社があるグランフロント大阪タワーA (大阪市北区)

日東電工株式会社(にっとうでんこう、: Nitto Denko Corporation)は、大阪市に本社を置く、粘着テープなどの包装材料・半導体関連材料・光学フィルムなどを製造する株式会社である。三和グループみどり会に加盟。

概要[編集]

前身は日東電気工業で、戦後に日立製作所が系列下におさめた。その後、同じく日立系列の中央商事(当時。現、日立アーバンインベストメント)が筆頭株主となるが、2003年に日立系資本から独立。

現在のロゴは、2004年7月から使用していたが、2013年10月に再変更されている。

なお、関連会社にニトムズなどがある。日立マクセルは日東電気工業のカセット・乾電池事業を1961年に分離独立させたマクセル電気工業を前身としているが、1964年に日立製作所の子会社となったため現在は関係ない。

2005年から「大阪国際女子マラソン」の冠スポンサーになっており、同マラソンのテレビ中継を行う関西テレビ放送の中継番組内で同社の従業員、役員などが登場するCMが放送される。

事業内容[編集]

ある特定の素材を扱うのではなく、社会で利用される製品の中間材料を、電子素材、自動車製品、工業製品など幅広く手がける。「グローバルニッチ」を標榜し、その製品でトップシェアを目標におく方針をおく。液晶テレビ等に使用される液晶偏光板、液晶用位相差板、また、熱はく離シートや、ぜんそく治療薬などでは、世界最大のシェアである。また、水の浄化・海水淡水化に使用される逆浸透膜なども、世界的に大きな市場シェアを占める。

事業所[編集]

  • 本社:大阪
  • 支店:東北(仙台)、北関東(高崎)、東京、名古屋、豊田、大阪、広島、九州(福岡)
  • 営業所:宇都宮、神奈川(厚木)、静岡、浜松、北陸(金沢)
  • 生産・研究拠点:東北(大崎)、関東(深谷)、豊橋、亀山、滋賀(草津)、茨木、尾道

沿革[編集]

  • 1918年 電気絶縁材料の国産化を目標として日東電気工業株式会社を創業(東京大崎)
  • 1924年 電気絶縁用ワニスの販売開始
  • 1941年 茨木工場(現・茨木事業所)操業
  • 1945年 大崎本社空襲で全焼
  • 1946年 本社を大阪府茨木市(現・茨木事業所)に移転。ブラックテープの量産開始
  • 1949年 大阪、東京支店開設。防食テープ製品化
  • 1951年 ビニルテープの製造開始
  • 1957年 電気絶縁用注・成型製品の製造開始
  • 1959年 吹田工場操業
  • 1961年
    • 海外進出、ニューヨーク駐在所開設
    • フッ素樹脂製品の製造開始(ニトフロン)
    • 表面保護用ビニルシートの製造開始(SPV)
  • 1962年
    • 株式を東証、大証二部に上場。豊橋事業所操業
    • 紙粘着テープの製造開始
    • テープ応用機器の開発(ニトマチック)
  • 1964年 電気絶縁用FRP製品、両面接着テープの製造開始
  • 1966年 半導体封止材料の製造開始
  • 1967年 株式を東証、大証一部に上場。関東事業所操業
  • 1968年 医療用粘着シートの製造開始
  • 1969年
    • 日東電工アメリカ設立。亀山事業所操業
    • 台湾に工場設立、初の海外生産
  • 1973年 フレキシブル回路基板の製造開始(ニトフレックス)
  • 1974年
    • 日東ベルギー(現・日東ヨーロッパ)を設立
    • シーリング材分野に進出(エプトシーラー)
  • 1975年
  • 1976年 高分子分離膜の分野に進出(逆浸透膜、限外ろ過膜)
  • 1977年 東北事業所操業
  • 1981年 スポーツテーピング用テープの製造開始(ニトリート)
  • 1982年
    • 九州日東電工(現 日東エレクトロニクス九州)操業
    • 紙おむつファスニングテープの製造開始(ニトナップ)
  • 1983年 経皮 吸収型テープ製剤の製造開始
  • 1985年 補強制振材の製造開始(ニトハード)
  • 1986年
    • 滋賀事業所操業
    • ドーム用屋根恒久膜材料の製造開始(シィヤフィル)
  • 1987年 米国・ハイドロノーティクス社買収
  • 1988年
    • 創立70周年、社名を日東電工株式会社に変更
    • 米国・パーマセル社買収
    • 液晶表示用位相差フィルムの開発
    • フェロモンテープ製剤の製品化
  • 1989年
    • マレーシアに工場設立
    • 植物組織培養技術の確立(培養おたね人参)
    • 米国・グラフィックテクノロジー社買収
  • 1990年 株式会社ジンセック設立
  • 1992年
    • 自動車保護用フィルムの開発
    • 日東ユーテック株式会社設立
  • 1993年
    • 創立75周年、東京・大阪で新技術・新製品発表会「テクノ・メッセージ」を開催
    • 耐熱バーコードラベリングシステムの開発(デュラシステム)
  • 1994年 中国・深川に加工拠点設立。中国・上海(浦東)に販売・加工拠点設立
  • 1995年 中国・上海(松江)に工場設立
  • 1996年
    • 尾道事業所操業開始
    • 日東メディカル株式会社設立
    • 日東ライフテック株式会社・日東マシナリー株式会社設立
    • マイルズ賞受賞
  • 1997年
    • 国内全生産拠点(7事業所)でISO 9000シリーズ取得
    • 電気材料事業部と新興化学工業株式会社を一体化し、日東シンコー設立
    • 日東電工マテリアルタイランド設立
    • 日東電工マテリアルズインドネシア設立
  • 1998年 豊橋事業所内に、全社的なR&D機能を集中配置した粘着テープ研究所を新設
  • 1999年
    • 日東電工包装システム株式会社設立
    • 国内全生産拠点(7事業所)でISO 14000シリーズ取得
    • 日東電工ベトナム設立
    • 韓国日東オプティカル設立
    • LCD用輝度向上フィルムの開発(NIPOCS)
  • 2000年
    • 地域統括会社 日東アメリカス設立
    • 韓国日東電工設立
    • 三重日東電工設立
    • 日東電工ひまわり設立(障害者特例子会社)設立
    • 日東電工マテックス設立
    • 日東電工テクニカル設立
  • 2001年
    • 日東電工テープマテリアルズベトナム設立
    • 日東電工フィリピン設立
    • 日東電工蘇州設立
    • 日東テクノス設立
  • 2002年
    • 日東エレクトロニクス九州設立
    • 愛知日東電工設立
    • ジンセックを日東メディカルに統合
    • アコスタシール社買収、パーマセルオートモーティブに改名
  • 2003年
    • 米国・エラントランスダーマルテクノロジー社買収、アヴィーバドラッグデリバリーシステムズに改名
    • 台湾日東光学設立
  • 2004年
    • キノベートライフサイエンス設立
    • 日東電工包装システムを日東電工CSシステム株式会社に改名
    • 日東精密回路技術(深川)設立
    • ロゴマークを一新
  • 2005年 オプトメイト、日東電工天津、上海日東光学設立
  • 2006年 本社を大阪市に移転。旧大阪本店を茨木事業所と改名。
  • 2008年
    • 海水淡水化用逆浸透膜「SWC5」が2007年日経優秀製品・サービス賞 受賞
    • シンガポールに日東電工アジアテクニカルセンター設立
  • 2009年 日東電工インド設立
  • 2011年 アビシアバイオテクノロジー社買収
  • 2013年 創業95周年を機にロゴマークを再変更(「Nitto」のマークとなる)

国内グループ会社[編集]

  • 日東シンコー株式会社
  • 日東電工CSシステム株式会社
  • 株式会社ニトムズ
  • 日昌株式会社
  • 日東ビジネスエキスパート株式会社
  • 株式会社日東分析センター
  • 日東エレクトロニクス九州株式会社
  • 日東ライフテック株式会社
  • 日東精機株式会社
  • 株式会社エル日昌
  • 日東メディカル株式会社
  • 日東ロジコム株式会社

提供番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]