辰馬本家酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辰馬本家酒造株式会社
Tatsuuma-Honke Brewing Co., Ltd.
Hakushika (factory).jpg
辰馬本家酒造本社工場
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
兵庫県西宮市建石町2-10
設立 1662年創業(会社設立は1917年
業種 食料品
事業内容 日本酒を中心とした各種酒類の製造・販売
代表者 辰馬健仁(代表取締役社長)
売上高 単体:101億円(2005年3月期)
関係する人物 辰馬章夫(代表取締役会長)
外部リンク www.hakushika.co.jp/
テンプレートを表示

辰馬本家酒造株式会社(たつうまほんけしゅぞう、Tatsuuma-Honke Brewing Co., Ltd.)は、灘五郷兵庫県西宮市清酒大手メーカーである。

概要[編集]

酒の銘柄は『白鹿』であり、全国的な日本酒の銘柄として知られている。代々社長・会長は辰馬家から輩出され、辰馬家により同族経営が行われている。辰馬家はの嘉納家(嘉納財閥)や山邑家(山邑財閥)などとともに、酒蔵でも指折りの名門である。戦前は土地開発や金融業、海運業などさまざまな事業を手がけ辰馬財閥を形成していた。また本町辰馬家出身の山県勝見(元国務大臣・興亜火災海上保険元会長)が辰馬財閥の大番頭として活躍したことでも知られている。他の阪神財閥とともに、阪神間文化(阪神間モダニズム)にも少なからず影響を与えた。代表的な商品としては『黒松白鹿』が有名である。

また、白鹿グループの中には関西の有名進学校である、甲陽学院中学校・高等学校があり、の嘉納治郎右衛門(菊正宗酒造)、嘉納治兵衛(白鶴酒造)、山邑太左衛門(櫻正宗)によって設立された灘中学校・高等学校と並び、酒造メーカーが設立した学校としても著名である。

キャッチコピーは「うまい酒しか。」である。なお、同社が出す超特選黒松白鹿六光年純米大吟醸(V-1000)は定価10万円と非常に高額であり、市販されている日本酒では最高額が付いている。

『白鹿』は中国では古来から縁起のよい霊獣のことをさし、の時代の「宣春苑中之白鹿」という故事や、その故事を基にした詩、「長生自得千年寿」が酒銘の由来であるとされる。また、「白鹿」には神仙思想を反映し、同社の酒づくりの精神ともなっている。

茨城県石岡市にある石岡酒造でも『白鹿』の銘柄で日本酒を製造・販売しているが、石岡酒造との資本・業務提携関係は無い。(辰馬本家酒造の白鹿は縦書き、石岡酒造の白鹿は横書きで区別されている)

歴史[編集]

  • 1662年 創業者である辰屋吉左衛門が初代辰屋(当時の屋号)で創業。酒造をはじめる。その後、海漕業・金融業などに拡大。
  • 1892年 日本一の醸造高
    酒造のほか、汽船会社(海運業)や海上火災保険業・教育業などへ事業を拡大。財閥を形成する。
  • 1920年 学校法人辰馬育英会を創設し、甲陽学院中・高等学校、松秀幼稚園が発足

過去の提供番組[編集]

CM出演者[編集]

白鹿グループ[編集]

関係企業(同根)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]