太陽生命保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽生命保険株式会社のデータ
英文社名 TAIYO LIFE INSURANCE COMPANY
種類 株式会社
略称 太陽生命
本社所在地 105-0022
東京都港区海岸一丁目2番3号
本社所在地2 108-0075
東京都港区港南二丁目16番2号
創業 1893年5月
設立 1948年2月
代表者 田中勝英(代表取締役社長)
資本金・基金 375億円(資本金)
SM比率 1,045.2%(2005年度末)
格付け A+(R&I)
A+(JCR)
A(S&P)
主要株主 T&Dホールディングス(100%)
外部リンク http://www.taiyo-seimei.co.jp/
テンプレートを表示
品川グランドコモンズにある太陽生命品川ビル(東京都港区・本社のひとつ)

太陽生命保険株式会社(たいようせいめいほけん)は、日本保険会社で、株式会社T&Dホールディングスの子会社である。

2007年2009年の3年間は小学生クラス対抗30人31脚全国大会の特別協賛スポンサーを担当した。

沿革[編集]

  • 1893年(明治26年)5月:名古屋生命保険として創設
  • 1908年(明治41年)7月:太陽生命へ改称
  • 1948年(昭和23年)2月:太陽生命保険相互会社を設立。
  • 1967年(昭和42年):日本相互銀行(後の太陽銀行)、太陽火災海上保険と業務提携。
  • 1999年(平成11年)1月:大同生命保険相互会社との全面的な業務提携を発表し、T&D保険グループを設立。
  • 2000年(平成12年)4月:当社・大同生命保険相互会社並びに株式会社三和銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)、東洋信託銀行株式会社(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)、つばさ証券株式会社(現・三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)、興亜火災海上保険株式会社、日本火災海上保険株式会社(興亜火災海上保険、日本火災海上保険の2社は合併し、現在は日本興亜損害保険株式会社)の7社が共同で日本型プライベートバンク事業「Financial One(フィナンシャルワン)」の展開を開始する。(2001年3月には三菱東京UFJ銀行の前身の一つである株式会社東海銀行と株式会社ミリオンカード・サービス(現・三菱UFJニコス株式会社)が参画)
  • 2001年(平成13年)8月:日本興亜損害保険株式会社と損害保険分野で業務提携。
  • 2002年(平成14年)4月:当社グループの損害保険会社太陽火災海上保険株式会社が日本興亜損害保険株式会社に吸収合併される。
  • 2003年(平成15年)4月:株式会社に組織変更し、東京証券取引所市場第一部に上場(後述のT&Dホールディングス設立に伴い、2004年3月に上場廃止)。
  • 2004年(平成16年)4月:大同生命保険株式会社、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社との株式移転により、共同持株会社株式会社T&Dホールディングスを設立。同社の完全子会社となる。
  • 2005年(平成17年)7月:本社機能の一部を東京都港区海岸一丁目2番3号に移転(大同生命保険の東京本社並びにT&Dホールディングス・T&Dフィナンシャル生命保険・T&Dアセットマネジメントの本社機能も同住所に移転・集約)。
  • 2009年(平成21年)12月:子会社の太陽生命キャリアスタッフ株式会社を解散。

主要子会社[編集]

  • 東陽保険代行株式会社 - 保険代行業
  • 太陽信用保証株式会社 - 信用保証業務

関連項目[編集]

外部リンク[編集]