阪急阪神ホテルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社阪急阪神ホテルズ
Hankyu Hanshin Hotels Company, Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
530-8310
大阪府大阪市北区芝田一丁目1番35号
本店所在地 大阪府大阪市北区芝田一丁目16番1号
設立 1958年3月3日(大阪航空株式会社)
業種 サービス業
事業内容 ホテル事業
代表者 代表取締役社長 藤本和秀
代表取締役副社長執行役員 森俊宏
取締役会長 野崎光男
資本金 1億円
発行済株式総数 3万3,500株
売上高 442億2,000万円(2010年3月期)
従業員数 2,012名(2011年12月現在)
決算期 3月
主要株主 阪急阪神ホールディングス 100%
主要子会社 第一ホテルサービス株式会社 100%
宝塚ホテルサービス株式会社 100%
株式会社阪急阪神レストランズ 100%
など
関係する人物 小林一三
外部リンク http://www.hankyu-hotel.com/
テンプレートを表示

株式会社阪急阪神ホテルズ(はんきゅうはんしんホテルズ、英称:Hankyu Hanshin Hotels Company, Limited)は、阪急阪神ホールディングス連結子会社ホテルの運営を行う会社である。阪急阪神東宝グループに属し、グループ名は阪急阪神第一ホテルグループである。

2014年2月1日現在、直営ホテル17、フランチャイズ並びにリファーラル契約等31、合計48施設を有する。

概要[編集]

阪急ホテルズと新阪急ホテルズの運営企業に、第一ホテルホテル阪神が合併された企業である。

阪急ホテルズ[編集]

年表[編集]

第一ホテル[編集]

阪急阪神ホテルズ前身のひとつである株式会社第一ホテルは、阪急東宝グループ総帥小林一三1937年に設立し、旗艦店の新橋他、「東京第一ホテル」ブランドの中規模なシティホテルや「第一イン東京」ブランドのビジネスホテルをチェーン展開していた。

バブル期の過剰な投資や平成不況による売上低下から経営破綻し、2000年5月に会社更生法を申請して倒産した。小林一三ゆかりの阪急東宝グループが再建支援し、2002年4月に旧第一ホテルの経営を統合した。

年表[編集]

  • 2000年(平成12年)5月26日 1937年(昭和12年)創業の株式会社第一ホテル、会社更生法適用を申請して倒産
  • 2000年(平成12年)6月 子会社である第一ホテルエンタープライズが特別清算を申請
  • 2000年(平成12年)7月27日 第一ホテル大分オアシスタワーの運営から撤退(現大分オアシスタワーホテル)
  • 2000年(平成12年)10月30日 第一イン高松が「ロイヤルパークホテル高松アネックス」に改称(現チサンイン高松)
  • 2001年(平成13年)3月26日 高松国際ホテルが負債27億円で民事再生法適用申請
  • 2001年(平成13年)4月1日 名古屋第一ホテルをロイヤルパークイン名古屋に変更(ロイヤルパークホテルチェーン)
  • 2001年(平成13年)11月1日第一ホテルが100%減資、阪急電鉄が10億円出資して完全子会社
  • 2001年(平成13年)11月1日 土浦第一ホテルがホテルロイヤルレイク土浦に改称
  • 2001年(平成13年)11月21日 第一ホテルの更生手続終結
  • 2001年(平成13年)12月1日 海老名第一ホテルをオークラフロンティアホテル海老名へ変更(ホテルオークラが運営受託)
  • 2002年(平成14年)4月1日 第一ホテル東京ベイホテルオークラ東京ベイに変更(ホテルオークラが運営受託)
  • 2002年(平成14年)4月1日 阪急ホテルズと第一ホテルが合併、第一阪急ホテルズとなる
  • 2002年(平成14年)4月30日 銀座第一ホテル営業終了
  • 2004年(平成16年)4月 第一ホテル光が丘がホテルカデンツァ光が丘へ変更
  • 2005年(平成17年)4月1日 第一阪急ホテルズと新阪急ホテルグループが経営統合し阪急第一ホテルグループとなる、阪急ホテルマネジメント、第一阪急ホテルズ、新阪急ホテル、京都新阪急ホテル、東京新阪急ホテル及び神戸三田新阪急ホテルの6社が合併し、商号を阪急ホテルマネジメントに変更
  • 2005年(平成17年)9月1日 グアム第一ホテルがフィエスタリゾートグアムへ変更
  • 2005年(平成17年)10月1日 東京第一ホテル仙台がホテルリッチフィールド青葉通りへ変更
  • 2005年(平成17年)12月1日 第一ホテルサイパンビーチがフィエスタリゾート&スパサイパンへ変更
  • 2006年(平成18年)2月10日 ホテルグランメールを買収、東京第一ホテルオキナワグランメールリゾートへ変更
  • 2007年(平成19年)6月30日 東京第一ホテル魚津がホテルグランミラージュへ変更(日本海シーライン開発)
  • 2007年(平成19年)7月5日 東京第一ホテル小倉がホテルクラウンパレス小倉へ変更(ホテルマネジメントインターナショナル)
  • 2007年(平成19年)10月1日 東京第一イン八戸(旧八戸センチュリーホテル)、東京第一イン八戸アネックス(旧第2八戸センチュリーホテル)が開業
  • 2007年(平成19年)11月30日 東京第一ホテル福岡営業終了し、IP HOTEL Fukuoka へ変更
  • 2011年(平成23年)4月1日 モンタナリゾート営業再開
  • 2011年(平成23年)10月12日 大分第一ホテルの2012年10月までの撤退を表明
  • 2012年(平成24年)7月5日: 沖縄ワシントンホテルが東京第一ホテル沖縄シティリゾートに改名し、本グループに加盟。
  • 2012年(平成24年)7月6日: 同日正午をもって大分第一ホテル閉館。


ホテル阪神[編集]

レム (remm)[編集]

  • 2007年11月、「もっと、いい眠りを。」をコンセプトとして、レム日比谷をシアタークリエビルに、2008年4月、レム秋葉原をアキバ・トリムに開業する。日本ベッド製造と共同開発したオリジナルベッドやマッサージチェアの全室完備などを特徴とする。レム (remm) はレム睡眠とノンレム睡眠のレムを語源とした造語。

沿革[編集]

  • 1926年(大正15年) - 宝塚ホテルが創業[7]する。
  • 1938年(昭和13年) - 第一ホテルが新橋に創業する。
  • 1958年(昭和33年)3月3日 - 大阪航空株式会社を設立する。
  • 1999年(平成11年)12月20日 - 株式会社阪急ホテルズへ商号変更する。
  • 2000年(平成12年)
    • 5月26日 - 株式会社第一ホテルが会社更生法の適用を申請し倒産する。
    • 10月1日 - 株式会社阪急シグマコーポレーションがホテル営業権を事業譲渡し、阪急電鉄ホテルグループの経営統括会社になる。
  • 2001年(平成13年)
    • 11月1日 - 阪急電鉄、2000年5月に倒産した株式会社第一ホテルを完全子会社化する。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 阪急ホテルズ、株式会社第一ホテルを合併して株式会社第一阪急ホテルズへ商号変更する。阪急ホテルズの子会社であった株式会社ホテル阪急インターナショナル、株式会社千里阪急ホテル、株式会社宝塚阪急ホテルの3社も新会社である第一阪急ホテルズへ事業譲渡により事業統合し、「阪急第一ホテルグループ」として事業を開始する。
  • 2004年(平成16年)
株式交換前の新阪急ホテルの主要株主は、阪急電鉄株式会社50.15%、阪急不動産株式会社3.37%、日本生命保険相互会社1.58%、株式会社阪急百貨店[9]1.05%である。
    • 6月1日 - ホテル経営統括会社である(旧)株式会社阪急ホテルマネジメントを、株式会社新阪急ホテルと共同で株式移転により阪急電鉄の完全子会社として設立し、株式会社第一阪急ホテルズと株式会社新阪急ホテルの経営戦略及び管理機能部門を移管して統合する。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - (旧)株式会社阪急ホテルマネジメント、株式会社第一阪急ホテルズ、新阪急ホテルグループ4社[10]の計6社が合併し、存続会社の株式会社第一阪急ホテルズは、株式会社阪急ホテルマネジメントへ商号変更する。阪急電鉄グループの再編により、同日付けで親会社の阪急電鉄株式会社が商号変更して阪急ホールディングス株式会社になる。
  • 2006年(平成18年)
    • 9月29日 - 阪神電気鉄道が保有するホテル阪神の株式を譲受し、ホテル阪神を完全子会社化する。
    • 10月1日 - 阪急ホールディングス株式会社が商号変更して阪急阪神ホールディングス株式会社となる阪急・阪神経営統合に合わせ、旧・阪神電気鉄道グループのホテル阪神と六甲オリエンタルホテルが阪急第一ホテルグループに加わり、グループ名称を阪急阪神第一ホテルグループへ改称する。
  • 2007年(平成19年)11月7日 - 良質な眠りに重点を置く新しいホテルブランド「レム(remm)」第一弾の「レム日比谷」を開業する。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 完全子会社の株式会社ホテル阪神およびホテル阪神レストラン・システムズ株式会社を合併し、商号を株式会社阪急阪神ホテルズへ変更する。

グループホテル[編集]

ホテル阪急インターナショナル
千里阪急ホテル
ホテル阪急エキスポパーク
宝塚ホテル
六甲山ホテル
大阪 新阪急ホテル
京都 新阪急ホテル
吉祥寺第一ホテル
ホテル阪神
レム日比谷
アワーズイン阪急
呉阪急ホテル
レム秋葉原

本州を中心に広域にビジネスホテル展開をしていた第一ホテルがブランド内では拠点数が多くなっている。 ★は阪急阪神ホテルズ直営、■はフランチャイズ及びリファーラル契約等(2013年2月1日現在)である。

旧阪急ホテルズグループ[編集]

旧新阪急ホテルグループ[編集]

  • 大阪 新阪急ホテル(大阪市北区)★
  • 新阪急ホテルアネックス(大阪市北区)★
  • 京都 新阪急ホテル(下京区)★
  • 銀座クレストン(中央区)■2013年2月1日より改称、ホテルマネージメントインターナショナル運営、2013年1月31日まで旧東京新阪急ホテル築地
  • ザ クラウンパレス新阪急高知(高知市)■2013年1月1日に改称、ホテルマネージメントインターナショナル運営、旧高知新阪急ホテル

旧第一ホテルグループ[編集]

旧阪神電気鉄道グループ[編集]

レム[編集]

その他[編集]

ザ・リッツ・カールトン大阪阪神電鉄ハービス大阪内)は、阪神電気鉄道の子会社(阪急阪神HDから見れば孫会社)である阪神ホテルシステムズ(阪急阪神ホテルズとの間に直接の関係はない)が経営するため、当ホテルグループには含まれない。

今後開業・加入予定のホテル[編集]

過去に営業・加盟していたホテル[編集]

旧阪急ホテルズグループ[編集]

  • 大阪エアポートホテル - 2006年9月3日 老朽化と客減少により閉鎖。2010年3月25日より大阪空港ホテルとしてオープン。

旧新阪急ホテルグループ[編集]

旧第一ホテルグループ[編集]

  • 東京第一ホテル仙台 - 現在はホテルリッチフィールド青葉通りである。
  • 東京第一ホテル光が丘■ - 前田建設工業系列で、2004年にFC契約を解除[20]し、現在はホテルカデンツァ光が丘である。
  • 東京第一ホテル魚津★ - 2007年にグループを離れ、現在はホテルグランミラージュである。
  • 第一イン富山■ - 2001年にFC契約を解除し、現在は富山地鉄ホテルである。
  • 東京第一ホテル福岡■ - 2007年に買収され、現在はアイピーホテル福岡である。
  • 第一イン高松■ - 2002年にFC契約を解除し、ロイヤルパークホテル高松アネックス[21]を経て、現在はチサンイン高松である。
  • 第一ホテル東京ベイ■ - 2002年にFC契約を解除し、現在はホテルオークラ東京ベイである。
  • 東京第一ホテル小倉■(小倉北区) - 現在はホテルクラウンパレス小倉である。名称変更後も2010年7月4日契約終了までD-Line+(オンライン予約サービス)に対応していた。同ホテル地下1階の映画館「小倉シネシティ有楽」は2003年8月31日に閉館。
  • 東京第一ホテル大森■ - 1984年10月15日に第一イン大森として開業し、FC契約元である澤田屋の破綻により1998年6月に廃業。建物解体後、跡地はマンションになっている。
  • 名古屋第一ホテル - 運営委託契約満了後ロイヤルパークイン名古屋になり、隣接する大名古屋ビルヂングとの一体的再開発に伴い、2011年2月末で営業終了。跡地は大名古屋ビルヂングの一部となる。ホテル自体は近接地に移転の上、「ロイヤルパークホテル ザ 名古屋」と名称変更して2013年11月に再オープン。
  • 大分第一ホテル■(大分市) - 大分パルコ撤退後、入居ビルの営業断念に伴い2012年10月撤退を表明[22]したが、その後閉館日を前倒しして2012年7月6日正午に閉館。

旧阪神電気鉄道グループ[編集]

リファーラル契約[編集]

関連会社[編集]

  • オーエス - 映画館・OSホテルの運営
  • 第一ホテル九州 - 大分第一ホテルと呉阪急ホテルの運営
  • 株式会社高知新阪急ホテル(97.8%出資)
  • アワーズイン阪急
  • 株式会社天橋立ホテル(90%出資)
  • 有馬ビューホテル
  • 真庭リゾート開発 - 真庭カンツリークラブと真庭リバーサイドホテルの運営
  • 第一ホテルサービス株式会社(100%出資)
  • 宝塚ホテルサービス株式会社(100%出資)
  • 京浜サービス株式会社(100%出資)
  • 株式会社阪急阪神レストランズ(100%出資)
  • 株式会社レムホテルズ西日本(100%出資)

不祥事[編集]

従業員の健康保険等未加入問題[編集]

同社の運営する『第一ホテル東京』で、一日契約の配膳人ウェイターウェイトレス)として働いていた140人の臨時従業員のうち、約50人が、正社員と同様に常勤だったのにもかかわらず、厚生年金健康保険に加入させていなかったことが、大阪社会保険事務局の指摘で発覚した。一日契約の臨時従業員であっても、1ヵ月間で正社員の所定労働時間の4分の3以上勤務していれば、常勤と見做され、雇用主はこれらの保険への加入義務を負うことになっているが、同社は、これを守っていなかったことになる。同社は、指摘を受け、改善を検討しているという[25]

メニュー虚偽表示問題[編集]

2013年10月22日、同社は運営する8ホテル1事業部の23店舗47品目においてメニュー表示と異なった食材を使用した料理を提供していたと発表した。当該商品の利用客へは返金するとしている[26]。虚偽表示は2006年3月から2013年10月中旬まで行われ、のべ7万8775人に該当するという[27]

問題となった食材は、仕入れ値が1キロ2000円の「九条ネギ」と表示していたメニューを実際には800円の「青ネギ」などを使用したケースの他、仕入れ値が1キロ2500円の「芝海老」のかわりに1400円の「バナメイ海老」を使用したケース、1人前105円の「信州そば」のかわりに中国産を含むブレンド麺(1人前68円)を使っていたケースなど仕入れ値が半値以下か半値に近いものも複数あった[28]

10月24日に出崎弘社長は記者会見を開き、「会社の管理体制や審査体制が不十分だった」と謝罪するも、「意図を持って誤った表示をしたことはない。偽装ではないと認識している」と偽装との見方を否定した[29]

その後10月28日夜にも出崎弘社長は記者会見を開き、「辞任する意思を固めました。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。メニュー表示と異なる食材が使われていた6品についての再調査結果を発表し、「客に偽装と思われても仕方がない」と話し、「グループ全体の信用失墜も大きい」と引責辞任することを発表した。それを受け、10月29日朝に同社は臨時取締役会を開き、後継の社長人事について審議を進めた[30]

また、消費者担当大臣森雅子は10月29日の閣議後の記者会見にて、今回の事態に関して景品表示法違反の可能性もあるとして消費者庁が阪急阪神ホテルズ側から事情聴取を行ったことを明らかにした[31]

11月1日に新社長人事を発表。旧取締役常務執行役員だった藤本和秀が社長に就き、また社長直轄の適正表示と品質管理徹底の諸施策策定及び意志決定を行う品質管理委員会を設置。事業統括本部総務人事部内にも品質管理委員会の意志決定に基づいて各事業所の点検や従業員の教育等を行う品質管理を設けた[32]

尚、2013年秋の褒章にて黄綬褒章を授与されることとなっていた阪急阪神ホテルズ中国料理総料理長が、「今回の不祥事で世間をお騒がせした責任を取りたい」として褒章受章を辞退している[33]

長時間労働による従業員過労死問題[編集]

2014年3月12日、西野田労働基準監督署は阪神ホテル勤務の男性調理人に違法な長時間残業をさせたとして、運営会社の阪急阪神ホテルズとホテルの総支配人を労働基準法違反容疑で大阪地検に書類送検した。被害男性は2013年8月上旬に勤務中に倒れ、脳出血で死亡しており、7月に労使間協定で定めた月最大60時間を超える100時間前後の残業をさせていたことが判明している。[34]

脚注[編集]

  1. ^ 客室922室。
  2. ^ 客室302室。
  3. ^ 客室302室。
  4. ^ 客室1100室。
  5. ^ 高知新阪急ホテル株式譲渡のお知らせ
  6. ^ 東京新阪急ホテル築地株式譲渡のお知らせ
  7. ^ 阪急電鉄による取得は後年である。
  8. ^ 現在は阪急阪神ホールディングスである。
  9. ^ 現在はエイチ・ツー・オー リテイリングである。
  10. ^ 株式会社新阪急ホテル、株式会社京都新阪急ホテル、株式会社東京新阪急ホテル、株式会社神戸三田新阪急ホテル
  11. ^ 旧第一ホテルが再開発事業体の一社として参画する。
  12. ^ 現在は穴吹興産の影響力が大きい。
  13. ^ 新コンセプトホテルremm(レム) 2012年秋、新大阪に誕生します(PDF)
  14. ^ 「快眠」をコンセプトにした新ホテルレム新大阪(「新大阪駅」直結)を 2012年9月21日(金)オープンいたします
  15. ^ 快眠をコンセプトに『レム』3号店 2011年10月、鹿児島にオープン(PDF)
  16. ^ コンセプトホテル「レム」3号店、ホテル名称が決定。「レム鹿児島」10月15日 天文館にオープン(PDF)
  17. ^ 4月1日(金)より、阪急阪神第一ホテルグループに新たに「ホテルクレメント徳島」が加盟いたします。
  18. ^ 東京第一ホテル那覇シティリゾート(沖縄ワシントンホテルより改称)が阪急阪神第一ホテルグループに加盟いたします(PDF)
  19. ^ タカクラホテル福岡 9月1日より、阪急阪神第一ホテルグループに加盟いたします
  20. ^ ホテルカデンツァ光が丘 - 東京都電力協会 会員企業紹介
  21. ^ ロイヤルパークホテルズとは無関係である。
  22. ^ 第一ホテルも撤退 パルコ跡地(大分合同新聞)
  23. ^ 「阪神電気鉄道百年史」P.257 阪神電気鉄道 2005年
  24. ^ 「阪神電気鉄道百年史」P.355 阪神電気鉄道 2005年
  25. ^ 阪急系ホテル、従業員の年金・保険未加入 朝日新聞
  26. ^ “メニュー表示と異なった食材を使用していたことに関するお詫びとお知らせ” (プレスリリース), (2013年10月22日), http://www.hankyu-hotel.com/hhd-group/hankyu/upimg/news/corp/20131022-122.pdf 2013年10月25日閲覧。 
  27. ^ “阪急阪神ホテルズ、食材に誤表示=7万8000人利用”. 毎日新聞. (2013年10月22日). http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013102200447 2013年10月25日閲覧。 
  28. ^ “仕入れ値が半値の食材も 阪急阪神ホテルズ”. 日テレNEWS24. (2013年10月23日). http://news24.jp/articles/2013/10/23/07238853.html 2013年10月25日閲覧。 
  29. ^ “「偽装でなく誤表示」 阪急阪神ホテルズ、一部再調査へ”. 朝日新聞. (2013年10月24日). http://www.asahi.com/articles/OSK201310240062.html 2013年10月25日閲覧。 
  30. ^ 阪急阪神ホテルズ社長、引責辞任を表明 日テレNEWS24 2013年10月29日閲覧
  31. ^ 阪急阪神ホテルズ側から聴取=メニュー虚偽表示-消費者庁 時事通信 2013年10月29日閲覧
  32. ^ 会長及び社長人事について (PDF) 株式会社阪急阪神ホテルズ NewsRelease 2013年11月1日
  33. ^ 秋の褒章 阪急阪神ホテルズ総料理長が受章辞退 産経新聞 2013年11月2日閲覧
  34. ^ 調理人に残業100時間超させた疑い ホテル書類送検 朝日新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]