北神急行電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北神急行電鉄株式会社
Hokushinkyuko Railway Company, Limited
Hokushinkyuko-logo.svg
Hokushinkyuko 7000et.jpg
7000系電車
種類 株式会社
略称 北神急行、北神、北急(ほくきゅう)
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:651-1243
兵庫県神戸市北区山田町下谷上字大橋27番地
本店所在地 兵庫県神戸市北区谷上東町1番1号(谷上駅
設立 1979年(昭和54年)10月29日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業(第2種鉄道事業者)、賃貸事業
代表者 代表取締役社長 山内義夫
資本金 32億円(2012年3月31日現在)
発行済株式総数 640万株
売上高 21億8,300万円(2012年3月期)
営業利益 4億2,400万円(2012年3月期)
純利益 3億300万円(2012年3月期)
純資産 △258億1,800万円(2012年3月期)
総資産 169億600万円(2012年3月期)
従業員数 62人(2011年7月1日現在)
決算期 毎年3月
主要株主 阪急電鉄株式会社 27.500%
神戸電鉄株式会社 19.875%
株式会社神鉄エンタープライズ 7.625%
株式会社三井住友銀行 5.000%
株式会社三菱東京UFJ銀行 5.000%
東京海上日動火災保険株式会社 4.000%
日本生命保険相互会社 4.000%
関西電力株式会社 4.000%
(2013年3月31日現在)
外部リンク http://www.hokushinkyuko.co.jp/
テンプレートを表示

北神急行電鉄株式会社(ほくしんきゅうこうでんてつ)は、兵庫県神戸市北神線を運営している鉄道会社である。設立当時から、純民間出資であり、第三セクターではない。略称は北神急行北神のほか、北大阪急行電鉄と同じく北急(ただし読みは「ほくきゅう」)である。

神戸電鉄阪急電鉄などの出資で設立され、現在は阪急阪神ホールディングス連結子会社であり、阪急阪神東宝グループの一つでもある。本社事務所は谷上駅西側の自社専用車両基地敷地内にある。

債務負担の増加から2002年に北神線の線路などの施設を神戸高速鉄道へ売却し、列車の運行業務のみを行う第2種鉄道事業者となった。ただし現在も谷上駅など一部施設を保有している[1]

歴史[編集]

路線[編集]

路線図(茶色の区間が北神線)

車両基地[編集]

車両[編集]

運賃[編集]

  • 大人普通旅客運賃:全線360円均一(小児は半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日現在[3]
    • 谷上駅 - 神戸市営地下鉄各駅(新神戸駅経由)は30円引き(小児は20円引き)。
    • 鈴蘭台駅以東の神戸電鉄各駅 - 神戸市営地下鉄の各駅(谷上駅、新神戸駅経由)を乗り継ぐ場合は30円引き(小児は大人割引運賃の半額)。
    • 鈴蘭台駅以東の神戸電鉄各駅 - 新神戸駅(谷上駅経由)を乗り継ぐ場合は10円引き。箕谷駅、花山駅発着の場合は20円引き(小児は大人割引運賃の半額)。

かつては430円だったが兵庫県および神戸市から交付される補助金により1999年4月1日に350円に値下げされた。2014年4月1日に消費税の税率引き上げに伴い360円に値上げされた。

交通系ICカードは2013年3月23日現在PiTaPaとICOCAのみが利用でき、これ以外の全国相互利用対応カードは利用できない。

経営状態[編集]

北神部と三宮をわずか10分で結ぶ路線ではあるが、建設費回収のための加算運賃で割高となっており、さらに神戸電鉄から市営地下鉄経由で三宮へ行く乗客には神戸電鉄・北神急行・地下鉄の料金がそれぞれ徴収されるため、時間が掛かっても安い神戸電鉄・神戸高速鉄道ルートを利用する乗客もいて、利用客が少ないのが現状である。また箕谷駅から三宮駅までは、710円に対して、神戸市交通局の市バスが440円で頻繁に運行しているため(それぞれの運賃額は2014年4月1日現在)、非常に多くの乗客数をバスに奪われてしまっている。ただし、谷上 - 三宮であれば北神急行・神戸市営地下鉄経由の方が安くなる。

近年は運賃引き下げなどにより少しずつ乗客数は増加傾向にある。過去10年間の経営状態は次のとおりである。

年度 純利益 累積欠損金 出典
2011年度 30300/3億300万円 2918400/291億8400万円 [4]
2010年度 26600/2億6600万円 2948800/294億8800万円 [5]
2009年度 17500/1億7500万円 2975400/297億5400万円 [6]
2008年度 08800/8800万円 2992900/299億2900万円 [7]
2007年度 16300/1億6300万円 3001700/300億1700万円 [8]
2006年度 18900/1億8900万円 3018100/301億8100万円 [9]
2005年度 24900/2億4900万円 3037100/303億7100万円 [10]
2004年度 14600/1億4600万円 306210/306億2100万円 [11]
2003年度 16400/1億6400万円 3076700/307億6700万円 [12]
2002年度 17100/1億7100万円 3093200/309億3200万円 [13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 固定資産の譲渡に関するお知らせ (PDF) 、神戸電鉄株式会社ウェブサイト、2013年1月16日閲覧。
  2. ^ 北神急行電鉄 安全報告書2012 北神急行電鉄の鉄道施設の概要 (PDF) より
  3. ^ 運賃 - 北神急行電鉄、2014年4月4日閲覧
  4. ^ 33期決算公告 (PDF) 、北神急行電鉄ウェブサイト、2013年1月16日閲覧。
  5. ^ 32期決算公告 (PDF) 、北神急行電鉄ウェブサイト、2013年1月16日閲覧。
  6. ^ 31期決算公告 (PDF) 、北神急行電鉄ウェブサイト、2013年1月16日閲覧。
  7. ^ 30期決算公告 (PDF) 、北神急行電鉄ウェブサイト、2013年1月16日閲覧。
  8. ^ 29期決算公告 (PDF) 、北神急行電鉄ウェブサイト、2013年1月16日閲覧。
  9. ^ 28期決算公告 (PDF) 、北神急行電鉄ウェブサイト、2013年1月16日閲覧。
  10. ^ 27期決算公告 (PDF) (インターネットアーカイブ)、2013年1月16日閲覧。
  11. ^ 26期決算広告 (PDF) (インターネットアーカイブ)、2013年1月16日閲覧。
  12. ^ 25期決算公告 (PDF) (インターネットアーカイブ)、2013年1月16日閲覧。
  13. ^ 24期決算公告 (PDF) (インターネットアーカイブ)、2013年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]