ラガールカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
磁気面の変遷
左から1992年・1995年・2006年発行分

ラガールカードは、阪急電鉄が発売しているプリペイドカード。カード名はフランス語la gare(駅)に由来する。

発売当初[編集]

  • 1989年に、阪急電鉄の自動改札に直接投入できるストアードフェアシステム対応(予定)カードとして発売を開始した。しかし、当初は自動改札が未対応だったため、券売機・精算機での金券カードとしての利用しか出来なかった。
  • 1992年4月1日、自動改札機での利用が阪急全駅で一斉に開始(ラガールスルー)。日本の私鉄初の自動改札対応カードとなった。
  • 当初、カード磁気面は鏡の様な銀色(券売機発行の場合、カードによっては赤・橙・ベージュ・緑・青・紫などの色がかかっており、管区によって色が決まっていた)の破壊感熱式であった。発売駅・金額・駅名等が印刷発行され、21回分の印字スペースがある。
  • 1994年4月1日、能勢電鉄が「パストラルスルー」として同じシステムを採用。同社のパストラルカードと共通利用が可能となった。
  • 1994年に発売開始した京浜急行電鉄の(初代)ルトランカードは関東で唯一、ラガールカードのシステムを参考とした(全く同じではない。関東の他社局はJR東日本のイオカードのシステムを元にしている)。ちなみに、ルトランカードの名称もフランス語(le train)由来である。

スルッとKANSAI開始以降[編集]

  • このシステムによるラガールスルー・パストラルスルーでの成果を元に、阪神電気鉄道大阪市交通局北大阪急行電鉄を加えた5社局で1996年3月20日に「スルッとKANSAI」が開始された。
  • それまで、残額が初乗り運賃以下となったカードで入場することは出来なかったが、スルッとKANSAI開始に合わせてこの制限がなくなった。
  • システムが一部修正されたため、スルッとKANSAI開始前に発売されたラガールカードとパストラルカードは、スルッとKANSAI開始後にはそのまま使用することはできない。これらのカードは、スルッとKANSAI導入後数年間は、阪急あるいは能勢電で一度利用すると、その際に磁気データの書換えが行われて他社局でも使えるようになっていたが、2006年現在この取扱いは終了しており窓口での交換となっている。
  • スルッとKANSAI開始直後は他社と違って鏡の様な銀色の磁気面だったが、後に他社と同様の灰色の磁気面(感熱発色式)となり、磁気面右下に偽造防止のための23個のかすかな突起が入るようになった。
  • スルッとKANSAIカードの偽造発覚後に発売されているラガールカードには、表面の上下端に券面金額・Lagareロゴ、投入矢印の印字面上、余白面の一部にスルッとKANSAIロゴのパールインク処理が施されている。

関連項目[編集]