オリエンタルホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海岸通に在った当時のオリエンタルホテル建物(3代目、明治40年頃)

オリエンタルホテルThe Oriental Hotel)は兵庫県神戸市旧居留地にあるホテル。初代は1870年明治3年)に開業した日本最古級の西洋式ホテルであった。4代目が阪神淡路大震災で被災・解体されたが、2010年3月3日、同地に再オープンを果たした[1]

旧オリエンタルホテル(1870-1995)[編集]

明治15年頃のオリエンタルホテル
オリエンタルホテル前を行く神戸臨港線B50形蒸気機関車(昭和7年)

1870年(明治3年)にオランダ人のG・ファン・デア・フリース(G. van der Vlies)により神戸外国人居留地79番地にて開業した(ただし、明治3年初頭に発行された宣伝広告が発見されたため、明治3年以前に開業していた可能性が高い)。1887年(明治20年)に122番地のフランス料理店「レストラン・フランセーズ」(Restaurant Francaise、1886年開業)のオーナーであったフランス人のルイ・べギュー(Louis Begeux)の所有となって、81番地に移転した。

1897年(明治30年)、アーサー・ヘスケス・グルーム(Arthur Hasketh Groom)およびエドワード・ハズレット・ハンター(Edward Hazlett Hunter)らの所有(後に有限会社に移行)となり、1907年(明治40年)に6番地に移転した。このときの、神戸港メリケン波止場近くの海岸通に面するという立地を得て、風見鶏の館を手がけた建築家ゲオルグ・デ・ラランデヤン・レッツェルが共同設計した3代目となる建物は、当時日本最高のホテルの一つと称された。素晴らしい食事を提供するホテルとして知られ、とりわけ神戸ビーフの名声を世界に広めた施設の一つとされている。

1917年大正6年)には東洋汽船の所有となり、1926年にオリエンタルホテル株式会社が発足した。ホテル事業は大成功を収めたが、3代目の建物は1945年(昭和20年)6月5日の神戸大空襲で被弾して半壊し、復旧できずに取り壊された。

1948年(昭和23年)6月、グリルと宴会場のみで営業を再開し、1964年(昭和39年)に25-26番地に移転し、モダンな外観で世界初となる灯台を設置したホテル建物(4代目)を新築して営業を再開した[2]

運営法人は一時坪内寿夫率いる来島どっくグループに属していたが、来島どっくの経営難により1987年に当時絶頂期にあったダイエーに売却される。ダイエー傘下入り後は、ダイエーの資本によって新神戸オリエンタルホテル神戸メリケンパークオリエンタルホテルという姉妹ホテルが建設された。本家である当ホテルは、1995年平成7年)の阪神淡路大震災で倒壊はしなかったものの建物が大きな被害を受け、ホテルとしての営業が困難になったことから、暫く休業した後に廃業した。その後建物は取り壊され、125年の長き歴史に幕を閉じた。なお、併設されていた灯台は、神戸メリケンパークオリエンタルホテルの開業とともにそちらへ移転している[3]

主な宿泊者等[編集]

ORIENTAL HOTEL(2010-)[編集]

神戸旧居留地25番館に再オープンしたオリエンタルホテル

旧オリエンタルホテルの閉鎖とダイエーの売却による系列ホテルの分裂から暫く時間が経過した2008年に入り、旧オリエンタルホテルがあった25-26番地(神戸市立博物館の隣)に三井不動産が事業主として着工した複合商業ビル「神戸旧居留地25番館」内において、Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)社が「ORIENTAL HOTEL(オリエンタルホテル)」の名称でホテルを新規開業すると表明し、2010年3月に開業した[1]。旧オリエンタルホテルの跡地(神戸旧留地25番館の所在地)は2006年にダイエーが三井不動産の特別目的会社へ売却していた。

プラン・ドゥ・シー社は、ホテル内装やレストランメニューなども再現してかつて日本有数の名門ホテルを再現を目指すという。神戸新聞

開業に当たってはオリエンタルホテルの商標権を持つダイエーと名称の利用契約を締結しているが[5]、現存している旧系列のオリエンタルホテルとは提携していない。

沿革[編集]

  • 1987年 オリエンタルホテルがダイエーに買収され、ダイエーグループに入る。
  • 1988年 新神戸オリエンタルホテル開業
  • 1993年6月 西神オリエンタルホテル開業
  • 1995年1月17日 オリエンタルホテル(4代目)が阪神淡路大震災で大きな被害を受け、ホテルとしての再建を断念、その後閉鎖。
  • 1995年7月1日 新浦安オリエンタルホテル開業
  • 1995年7月15日 神戸メリケンパークオリエンタルホテル開業
  • 1996年3月28日 なんばオリエンタルホテル開業
  • 2003年2月 ダイエーが新浦安オリエンタルホテル、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、なんばオリエンタルホテルをゴールドマン・サックス証券へ売却。
  • 2004年2月 ダイエーが新神戸オリエンタルホテルをモルガン・スタンレー証券へ売却。
  • 2005年11月 ダイエーが西神オリエンタルホテルをヒューザーへ売却すると発表。
  • 2005年12月 ヒューザーの構造計算書偽造問題発覚により、西神オリエンタルホテルの売却契約を解約。
  • 2006年2月15日 ダイエーはオリエンタルホテルを再建しない為、ホテルの経営会社を、ダイエーの不動産子会社ディーホールドと合併し、解散した[6]。オリエンタルホテル商標権はダイエーが所有し、旧系列ホテルは、オリエンタルホテルという名称のみ引き続き使用する。
  • 2006年2月27日 ダイエーは、不動産子会社ディーホールドが保有するオリエンタルホテル跡地を、三井不動産が設立する特別目的会社(SPC)のエム・エフ・神戸に売却[7]。三井不動産は、既に取得済みの隣接地と合わせ、商業施設の開発に着手。
  • 2006年6月 ダイエーが西神オリエンタルホテルを株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズが設立・運営する特別目的会社(SPC)の有限会社ジェイ・ピー・ティーへ売却。
  • 2006年4月1日 広島ワシントンホテルプラザをゴールドマン・サックス証券が取得し、同年10月にオリエンタルホテル広島に名称変更。
  • 2006年12月15日 新神戸オリエンタルホテルがクラウンプラザ神戸に名称変更。
  • 2007年4月1日 新浦安オリエンタルホテルがオリエンタルホテル東京ベイに名称変更。
  • 2007年6月 六甲オリエンタルホテルが阪急・阪神経営統合の一環により、閉館。
  • 2009年2月17日 オリエンタルホテル跡地で三井不動産が建設する複合商業施設内に、プラン・ドゥ・シーが「オリエンタルホテル」を再建すると公表。
  • 2010年1月20日 クラウンプラザ神戸がANAクラウンプラザホテル神戸に名称変更。
  • 2010年1月26日 オリエンタルホテルの開業日を2010年3月3日と発表。
  • 2010年3月3日 阪神淡路大震災より15年を経て、同地に開業した神戸旧居留地25番館(25番館自体のオープンは2月27日)内にオリエンタルホテルが再オープン[1]

交通アクセス[編集]

同ブランドの施設(旧系列ホテル)[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 140年の時を超え、美しく、エレガントに、伝説のホテルが蘇りました!”. 雑誌フィガロジャポン (2011年4月1日). 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ 灯台記念日企画 日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」を一般公開”. 神戸メリケンパークオリエンタルホテル. 2014年1月2日閲覧。
  3. ^ 簡易標識・許可標識について”. 海上保安庁 神戸海上保安部 (2011年11月3日). 2014年1月2日閲覧。
  4. ^ 1910年代の神戸 • オリエンタルホテル(ヘレンケラー宿泊について出典情報あり)”. Old Phos of Japan (2008年8月30日). 2014年1月2日閲覧。
  5. ^ 旧「オリエンタルホテル」跡地のホテル・商業複合ビル「神戸旧居留地25番館」「ORIENTAL HOTEL」、「バーニーズ ニューヨーク」、「ルイ・ヴィトン」などが平成22年2月27日(土)より順次オープン”. 三井不動産 (2010年1月13日). 2014年1月2日閲覧。
  6. ^ 被災のオリエンタルホテル 経営会社がきょう合併(神戸新聞 2006年2月15日)(リンク切れ)
  7. ^ 三井不動産に売却 神戸・オリエンタルホテル跡地(神戸新聞 2006年2月25日)(リンク切れ)

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分16.5秒 東経135度11分34.6秒