九条葱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

九条葱(くじょうねぎ、九条ねぎ九条ネギとも)は、日本の青ネギ(葉ネギ)の一種。もともとは難波に自生していたネギが原種と言われ、後に京都に伝わって、古くから品種改良が施され、伝統的に生産され続けている京野菜のひとつである。

京都市南区九条地区が主産地であったことからその名がついたが、現在の主な産地は九条の南、十条となっている。

関西で「ネギ」と言うと、九条ネギを含め青ネギを指す事が多い。

特徴[編集]

葉鞘部が比較的太く濃緑色の九条太葱、葉鞘部が細く葉色が薄い(浅黄色)浅黄系九条葱(さんぎけいくじょうねぎ)がある。

分けつが多い。

九条葱にまつわる伝承[編集]

弘法大師(空海)が大ヘビに追いかけられたとき、ネギ畑に隠れて難を逃れたという逸話が残っている。そのため、東寺周辺の農家の人々は東寺の縁日御影供)にあたる21日はネギ畑に入らないようになり、その日にネギを食べると一家に不幸が起こるという言い伝えがあったという。