三菱グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三菱グループ
Mitsubishi logo.svg
創業者とされる人物 岩崎家
標章 スリーダイヤ
URL 三菱グループ会社検索

三菱グループ(みつびしグループ)は、かつての三菱財閥の流れを汲む企業を中心とする企業グループである。

概要[編集]

創業は土佐藩大阪(現在の土佐稲荷神社付近)で経営していた「九十九商会」。それを土佐藩士であった岩崎弥太郎が買い受け個人企業とした。そして九十九商会を「三菱商会」(現在の日本郵船の前身)と改称し、海運と商事を中心に事業を展開した。

マークは赤いスリーダイヤ(三菱マーク:創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱のマークが、現在のスリーダイヤ・マークの原型。土佐藩郷士出の岩崎家家紋「三階菱」と、土佐藩主の山内家家紋「三ツ柏」の組合せに由来。後に社名を三菱と定める機縁)。特に三菱グループの中核とされる三菱東京UFJ銀行[1]三菱商事三菱重工業の3社を「三菱グループ御三家」と呼ぶ。

グループの主要企業ながら、社名に「三菱」が付かない企業(日本郵船JXホールディングス明治安田生命保険東京海上日動火災保険旭硝子ニコンキリンホールディングス(旧・麒麟麦酒)など)もある。これら三菱の名前の付かない企業はスリーダイヤマークを使わない[2]。→#「三菱」「スリーダイヤ」の商標について

財閥系企業グループの中で、比較的結束が強いと言われ、一般に「組織の三菱」と称される。一例としては下記のことがあげられる。

など、現在でも継続されている習慣も多い。

財閥時代から「三菱は岩崎家一個のものではなく、国家社会のための三菱である」とする考えがある。この言葉は戦後にも引き継がれ、「三菱は国家なり」として三菱グループが国家との結びつきが強いことでも知られている。

また、ビジネス以外の福利厚生面や広報については、施設を共有していたり、三菱系企業社員等が集まってスポーツ大会・レガッタ・コーラス等をするなど交流を行っている。

また、ライブドアによるニッポン放送株の買収に際して、三菱電機フジサンケイグループの支援を表明するなど、財閥・金融系以外の企業グループにもかかわりを持つようになっている。一方では、三菱自動車工業の再建をめぐって、東京三菱銀行、三菱商事、三菱重工業の間で意志の相違が生じ、また、旧・明治生命保険や旧・東京海上火災保険が、同業他会社との経営統合(前者は安田生命保険と合併し「明治安田生命保険」に、後者は日動火災海上保険と合併し「東京海上日動火災保険」に社名変更)で、グループから自立の動きを見せている。

三菱金曜会[編集]

1954年に始まった金曜会は、毎月第2金曜日、グループ企業の会長・社長を集めて行う懇談昼食会を、活動の中心としている。

この外、歴史的建造物である岩崎弥之助本邸の維持・管理、およびグループの迎賓館・社交クラブとしての運営に当たる三菱開東閣委員会が、グループ30社によって組織されている。

主要会社[編集]

ここでは、三菱金曜会の会員(28社)、および三菱広報委員会の会員(39社)を挙げる(なお、三菱金曜会の会員は、すべてが三菱広報委員会の会員である。)。その他の会社は、下記の会社を中心とするグループのいずれかに属する形となる。

社名 三菱金曜会 三菱広報委員会
三菱アルミニウム
三菱化学
三菱化工機
三菱ガス化学
三菱地所
三菱自動車工業
三菱重工業
三菱樹脂
三菱商事
三菱製鋼
三菱製紙
三菱倉庫
三菱総合研究所
三菱電機
三菱東京UFJ銀行
三菱ふそうトラック・バス
三菱マテリアル
三菱UFJ証券ホールディングス
三菱UFJ信託銀行
三菱レイヨン
旭硝子
キリンホールディングス
JXホールディングス
東京海上日動火災保険
ニコン
日本郵船
ピーエス三菱
明治安田生命保険
三菱オートリース -
三菱原子燃料 -
三菱鉱石輸送 -
三菱スペース・ソフトウエア -
三菱プレシジョン -
三菱UFJニコス -
三菱UFJリース -
アイ・ティ・フロンティア -
アストモスエネルギー -
大日本塗料 -
三菱食品 -

2006年10月1日に旧三菱液化ガスが出光興産LPG部門と統合。

「三菱」「スリーダイヤ」の商標について[編集]

鉛筆製造の三菱鉛筆、熊本県の弘乳舎が販売する三菱サイダーは、「三菱」の名前とスリーダイヤモンドの商標を使用しているが、両社とも三菱グループとは、一切の資本・人的関係がない。これは、三菱グループが商標登録するよりも早くからこの商標を用いており、三菱グループにはその使用を差し止める事が出来ないためである。他にも香川県高松市の三菱クリーンサービス、文房具卸売業の三菱文具など、グループ外で「三菱」を名乗る企業も一部存在する(いずれも、スリーダイヤは使用していない)。なお、2010年8月には大阪府門真市の「三菱タクシー」が未来都タクシーに改称した。

三菱グループで「三菱」が社名につく会社の一覧も参照のこと。この一覧表はグループ内で「三菱」がつく会社を、子会社・孫会社等・海外合弁会社にいたるまで漏れなく表示している。つまり、この表にない「三菱」がつく企業はグループ外である。

一方、三菱グループの中には「スリーダイヤ」マークを使用しない企業がある。三菱東京UFJ銀行[1]やJXグループ[2]のような非三菱グループと合併した企業や、日本郵船麒麟麦酒、明治安田生命、東京海上日動火災保険[4]などのように、古くから「三菱」「スリーダイヤ」とは異なる商標を用いてきた企業がそれに当たる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 三菱銀行時代は「スリーダイヤ」マークを使用していたが、旧・東京銀行との合併による旧・東京三菱銀行発足以後は「スリーダイヤ」マークを使用していない。
  2. ^ a b 三菱石油時代は「スリーダイヤ」マークを使用していたが、旧・日本石油との合併により発足した旧・日石三菱が新ブランド「ENEOS」を導入して以後は「スリーダイヤ」マークを使用していない。
  3. ^ ただし、三菱商事FC東京(運営会社の役員も出している)の、三菱電機大宮アルディージャセレッソ大阪(2012-)のスポンサーとなっているように、三菱グループながら他のクラブのスポンサーとなっている企業もある。
  4. ^ 保険両社は、合併前(明治生命、東京海上時代)から「スリーダイヤ」を使用していない。

外部リンク[編集]