三菱重工業長崎造船所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三菱重工業 > 三菱重工業長崎造船所
長崎造船所本館(右上の白い建物)

三菱重工業長崎造船所(みつびしじゅうこうぎょう ながさきぞうせんじょ)とは、長崎県長崎市と諫早市にある三菱重工業造船所工場である。正式名称は、三菱重工業株式会社長崎造船所。略称は、長船(ながせん)。

概要[編集]

明治時代の長崎三菱造船所(第二ドック)
手彩色絵葉書

長崎県長崎市にある本工場(長崎造船所)、香焼工場、幸町工場と、諫早市の諫早工場からなる。 大型客船や大型タンカー、LPG船等の船舶のほか、発電プラント、環境保全設備、海水淡水化プラント等、多岐にわたる製品を製造している。

本工場(長崎造船所)は、1857年(安政4年)に日本初の艦船修理工場「長崎鎔鉄所」として誕生し、江戸幕府から明治政府に管理が移った後、1887年(明治20年)三菱に払い下げ、以後民営の造船所として多数の艦船を建造した。戦艦武蔵」を建造したことでも有名である。 戦後、三菱重工は3社に分割されるなど親会社は紆余曲折したが長崎造船所は存続し、現在は民間船舶の他海上自衛隊自衛艦も多数建造している。1950年代には後甲板の傾斜に特徴的な設計を持つ護衛艦を多く建造し、護衛艦における「オランダ坂」の名前の由来となった。

沿革[編集]

ハンマーヘッドクレーン(明治時代)
ハンマーヘッドクレーン(現在)
  • 1857年(安政4年) 江戸幕府直営「長崎鎔鉄所」の建設着手。
  • 1860年(万延元年) 「長崎製鉄所」と改称。
  • 1861年(文久元年) 完成。
  • 1868年(明治元年) 官営「長崎製鉄所」となる。
  • 1871年(明治4年) 工部省所管「長崎造船局」と改称。
  • 1879年(明治12年) 立神第一ドック完成
  • 1884年(明治17年) 三菱経営となる。「長崎造船所」と改称。
  • 1887年(明治20年) 設備の払い下げを受ける。
  • 1893年(明治26年) 「三菱合資会社三菱造船所」と改称。
  • 1896年(明治29年) 第二ドック完成。
  • 1903年(明治36年) 第二、第三船台完成。
  • 1909年(明治42年) 150トンハンマーヘッドクレーンをイギリスより購入。現在も稼働中[1]
  • 1912年(大正元年) 第一船台にガントリ-クレ-ン完成。
  • 1915年(大正4年) 戦艦「霧島」竣工。(戦艦「榛名」と共に民間造船所初の戦艦建造)
  • 1917年(大正6年) 「三菱造船株式会社長崎造船所」と改称。
  • 1934年(昭和9年) 「三菱重工業株式会社長崎造船所」と改称。
  • 1936年(昭和11年) 第二船台ガントリークレーン完成。(戦艦「武蔵」建造場所)
  • 1942年(昭和17年) 戦艦「武蔵」竣工。
  • 1945年(昭和20年) 長崎市への原子爆弾投下により工員や動員学徒に多数の死傷者を出す。
  • 1950年(昭和25年) 三菱重工は3社に分割「西日本重工業株式会社」長崎造船所となる。
  • 1952年(昭和27年) 社名変更「三菱造船株式会社」長崎造船所となる。
  • 1964年(昭和39年) 三菱重工グループの三社合併「三菱重工業株式会社」長崎造船所となる。
  • 1972年 (昭和47年) 香焼町(当時)に三菱重工で最大規模となる香焼工場が完成する。
  • 1997年(平成9年) 資料館に展示されている工作機械「竪削盤」(1856年オランダ製)が国の重要文化財に指定される[2]
  • 2003年(平成15年) ハンマーヘッドクレーンが国の登録有形文化財に登録される[3]

戦前建造された主な艦艇[編集]

戦前建造された主な客船[編集]

建造された護衛艦[編集]


戦後建造された主な船舶[編集]

住所[編集]

香焼工場
  • 本工場(長崎造船所)
    • 長崎市飽の浦町1-1(地図
  • 香焼工場
    • 長崎市香焼町180(地図
  • 幸町工場
    • 長崎市幸町6-12(地図
  • 諫早工場
    • 諫早市津久葉町6-53(地図

参考資料[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度44分31.9秒 東経129度51分30.7秒