半沢直樹シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

半沢直樹シリーズ(はんざわなおきシリーズ)[1][2]は、池井戸潤による企業エンターテインメント小説シリーズ。「オレバブシリーズ」と呼ばれていたが[3][4]2013年TBS系列『日曜劇場』枠でのテレビドラマ化を機にシリーズ名を変更した[2]

概要[編集]

バブル末期に大手都市銀行に入行した半沢直樹が、銀行内外の人間や組織による数々の圧力や逆境と戦う姿を描くシリーズ小説。

池井戸自身も「バブル入行組」の銀行員であったが、自身の経験はあまり書かれてはいない。自分がわからない人物だと書けないと思うようになったことから、池井戸に一番近い年代の主人公にしたという[5]

従来の企業小説では銀行の悲惨さや陰惨さを暴露的に訴えるような暗い作品が多かったが、それらをひっくり返して「銀行の中で人が生き生き動く活劇」を作る過程で出来上がったのが、ズバズバ物を言うが小狡い一面も持つ「清濁併せ飲むヒーロー・半沢直樹」であり、「サラリーマンチャンバラ劇」[6]の趣となっていると池井戸は語っている[5]。第1作を単行本化するに際して、読者にはエンターテインメントとして読んでほしいという思いから、企業小説風のネーミングではなく敢えて『オレたちバブル入行組』という物語風のタイトルをつけた[5]

第1作『オレたちバブル入行組』、第2作『オレたち花のバブル組』は、『別冊文藝春秋』での連載を経て、文藝春秋より単行本化、その後、文春文庫にて文庫化された。第3作『ロスジェネの逆襲』は、『週刊ダイヤモンド』2010年8月7日号から2011年10月1日号にかけて連載され、2012年6月にダイヤモンド社より単行本化された。第4作『銀翼のイカロス』は、『週刊ダイヤモンド』にて2013年5月18日号より連載中。

2013年7月から9月にかけて、『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』を原作とするテレビドラマが、『半沢直樹』(はんざわなおき)のタイトルで放映された。

シリーズ一覧[編集]

登場人物[編集]

主人公[編集]

半沢 直樹(はんざわ なおき)
東京中央銀行大阪西支店融資課長→東京本店営業第二部次長→「東京セントラル証券」営業企画部部長→東京本店営業第二部次長。
慶應義塾大学を卒業し、 バブル期の1989年に入行。「基本は性善説。やられたらやり返す、倍返しだ。」が自分の流儀だと公言する。
家族構成は、妻・花、息子・隆博の3人である。

主人公の同期[編集]

渡真利 忍(とまり しのぶ)
東京中央銀行融資部企画グループ調査役
近藤 直弼(こんどう なおすけ)
東京中央銀行大阪事務所システム部分室調査役→「タミヤ電機」総務部長→東京本店広報部調査役→東京本店広報室次長。
苅田 光一(かりた こういち)
東京中央銀行関西法務室調査役→東京本店法務部次長。原作のみ登場。
時枝 隆弘
伊勢島ホテル担当

東京中央銀行[編集]

中野渡 兼 (なかのわたり けん)
頭取
大和田 暁 (おおわだ あきら)
常務
岸川 慎吾 (きしかわ しんご)
取締役兼業務統括部長
内藤 博 (ないとう ひろし)
営業第二部部長
福山 啓次郎 (ふくやま けいじろう)
融資部次長

京橋支店[編集]

貝瀬 郁夫 (かいせ いくお)
京橋支店長
古里 則夫 (こざと のりお)
タミヤ電気融資担当

タミヤ電気[編集]

田宮基紀 (たみや もとき)
タミヤ電気社長
野田英幸 (のだ ひでゆき)
タミヤ電気経理課長

テレビドラマ[編集]

TBS『日曜劇場』枠で2013年7月7日から2013年9月22日まで放送された。主演は堺雅人

キャッチコピーは「クソ上司め、覚えていやがれ!

脚注[編集]

  1. ^ 原作 日曜劇場『半沢直樹』”. TBSテレビ (2013年). 2013年6月8日閲覧。
  2. ^ a b officeikeidoのツイート (334190859744579584)
  3. ^ オレバブシリーズ第三弾、『ロスジェネの逆襲』今日から”. 池井戸潤の”仕事場だより”. 池井戸潤 (2010年7月7日). 2013年6月8日閲覧。
  4. ^ 池井戸潤インタビュー”. honto. 2013年6月8日閲覧。
  5. ^ a b c 半沢直樹と歩んだ十年 『オレたちバブル入行組』 『オレたち花のバブル組』(池井戸潤 著)”. 文藝春秋 (2013年7月26日). 2013年7月27日閲覧。
  6. ^ 情報7daysニュースキャスター』(TBSテレビ、2013年7月27日放映)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]